最新更新日:2024/07/12
本日:count up5
昨日:42
総数:364213
教育理念「子どもの幸せの追求」合い言葉は『Challenge』

昼休憩のたて割り班活動

 暑さが厳しく熱中指数が高くなり、昼休憩はグラウンドで遊べないこともあります。そのため、今年度は、昼休憩に体育館を開放し、たて割り班で順番に遊べるようにしています。どのような遊ぶかは、6年生が考えます。 
 大谷選手からプレゼントされたグローブを使ってキャッチボールをしたり、鬼ごっこや大なわ跳びをしたりと、楽しそうです。
 汗をかくので、体育着に着替えて遊んでいます。学年をこえて遊べるとてもよい機会となっています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

7月12日(金)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
 ***7月12日(金)の給食***
   ・夏野菜カレーライス
   ・フルーツポンチ
   ・牛乳

 教科関連献立「2年生生活科」…2年生は生活科でいろいろな野菜について学習をします。野菜には「旬」と呼ばれる、たくさんとれて、よりおいしくなる季節があります。今はビニールハウスで栽培したり、収穫した後、冷凍したりして、ほとんどの野菜を一年中食べることができますが、旬の野菜は他の時期よりも味がよく、栄養価も高いです。今日は、夏が旬のかぼちゃ・なす・トマトを使った夏野菜カレーライスを取り入れています。また、今日は地場産物の日です。じゃがいも・トマトは、この時期に広島県で多くとれる地場産物です。

7月11日(木)の給食

画像1 画像1
 ***7月11日(木)の給食***
   ・パン
   ・いちごジャム
   ・ホキのから揚げ
   ・粉ふきいも
   ・野菜スープ
   ・牛乳

 いちごジャム・・・ジャムは果物に砂糖を加えて煮つめたものです。砂糖には、食べ物を腐りにくくする働きがあるため、ジャムは長い期間保存することができます。給食では、いちごジャムやりんごジャムがよく登場しますが、ブルーベリーやあんず、オレンジなどいろいろな種類の果物で作ることができます。じょうずにパンにつけて食べましょう。

7月10日(水)の給食

画像1 画像1
 ***7月10日(水)の給食***
   ・ふわふわ丼
   ・小いわしのから揚げ
   ・きゅうりのさっぱり煮
   ・牛乳

 郷土(広島県)に伝わる料理・・・小いわしのから揚げは、小いわしに小麦粉をふって油で揚げ、塩で味付けをした料理です。小いわしは、「七度洗うと鯛の味」と言われ、新鮮なものは、さしみにして食べられます。から揚げにすると、骨まで食べられるので、骨や歯をじょうぶにするカルシウムを取ることができます。よくかんで食べましょう。また、きゅうりのさっぱり煮は、給食で初めて登場する料理で、材料を酢・さとう・しょうゆ・塩でさっと煮ています。さっぱりしていて、暑い夏にピッタリですね。

7月9日(火)の給食

画像1 画像1
 ***7月9日(火)の給食***
   ・ごはん
   ・うま煮
   ・小松菜の炒め物
   ・フライドポテト
   ・牛乳

 うずら卵・・・今日のうま煮に入っている卵は、うずら卵です。うずら卵は、その名のとおり「うずら」という鳥の卵です。鶏の卵と比べると、とても小さく、殻に黒っぽい模様があるのが特徴です。小さくても、鶏の卵と同じように体の中で血や肉になるたんぱく質、貧血を予防する鉄、ビタミンB12などが多く含まれています。また、今日は地場産物の日です。小松菜・もやしは広島県で多く栽培されています。

7月8日(月)の給食

画像1 画像1
 ***7月8日(月)の給食***
   ・減量ごはん
   ・沖縄そば
   ・ゴーヤチャンプルー
   ・牛乳

 ゴーヤチャンプルー・・・ゴーヤチャンプルーは、沖縄県でよく食べられている料理です。「ゴーヤ」とは「にがうり」のことで、その名前の通り、独特の苦みがあります。また「チャンプルー」は、沖縄で「ごちゃまぜにする」という意味があり、いろいろな食材を炒め合わせた料理のことです。給食では、ゴーヤを切った後、塩もみをして、さっとゆでて苦みをやわらげるように工夫しています。

7月5日(金)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
 ***7月5日(金)の給食***
   ・ごはん
   ・鶏肉のレモン揚げ
   ・ひじきの炒め煮
   ・そうめん汁
   ・牛乳

 行事食「七夕」・・・7月7日は七夕です。今日は七夕に、ちなんでそうめん汁を取り入れています。細いそうめんを夏の夜空にきらめく天の川に見立てています。他には、ちくわ・油揚げ・たまねぎ・にんじん・乾燥しいたけ・ねぎが入っていて、だしはかつお節と昆布でとっています。七夕の夜は、晴れて星が見えるといいですね。

7月4日(木)の給食

画像1 画像1
 ***7月4日(木)の給食***
   ・パン
   ・赤魚のガーリック揚げ
   ・野菜ソテー
   ・クリームスープ
   ・ミニトマト
   ・牛乳

 ミニトマト・・・ミニトマトとは、実の重さが10グラムから30グラム程度の小さなトマトのことで、チェリートマトとも呼ばれます。ミニトマトの赤い色は「リコピン」という成分で、がんなどの病気を予防してくれる働きがあります。ヨーロッパでは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど、健康によい野菜です。

7月3日(水)の給食

画像1 画像1
 ***7月3日(水)の給食***
   ・豚キムチ丼
   ・三糸湯(サンスータン)
   ・牛乳

 今月のテーマは、「夏バテ予防の食事について知ろう」です。今日は、夏バテを予防する食べ物として、たんぱく質が多く含まれている豚肉や卵、食欲を増す効果のある唐辛子を使ったキムチを取り入れています。また、豚肉には体の疲れをとってくれるビタミンB1も多く含まれています。しっかり食べて、暑い夏を乗りきりましょう。また、今日は地場産物の日です。卵とねぎは広島県で多く生産されています。

6月27日(木)の給食

画像1 画像1
 ***6月27日(木)の給食***
   ・小型バターパン
   ・ミートビーンズスパゲッティ
   ・グリーンサラダ
   ・牛乳

 レンズ豆…ミートビーンズスパゲッティの中に入っている平たく小さい豆は、レンズ豆です。平たい形から、「ひら豆」とも呼ばれています。レンズ豆は、鉄・ビタミンB1・たんぱく質・食物せんいなどの栄養素がたくさん含まれています。給食では、スパゲッティ以外にも、カレーなど様々な料理に使われています。

6月26日(水)の給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
 ***6月26日(水)の給食***
   ・もぶりごはん
   ・八寸
   ・酢の物
   ・おはぎ
   ・牛乳

 今日の給食は、沼田地区の郷土食「さんばいさん」です。昔、沼田地区にはたくさんの田んぼがあり、田の神様を「さんばいさん」といってまつっていました。昔は機械がなかったので、田植えは本当に大変な仕事で、近所の人たちが協力しながら行っていました。そこで、田植えが終わったら、近所で集まり、「さんばいさん」といって食事会をしていました。その時に食べられていた料理が今日の給食です。今日は、沼田地区でとれた野菜をたくさん使っています。野菜を育ててくださった地域の方や調理をしてくださった給食調理員の先生方に感謝していただきましょう。

6月25日(火)の給食

画像1 画像1
 ***6月25日(火)の給食***
   ・ごはん
   ・揚げ豆腐のそぼろあんかけ
   ・みそ汁
   ・牛乳

 にんじん…にんじんは一年中お店で見かける野菜です。にんじんは英語で「キャロット」と言いますが、ドイツ語では「カロッテ」、イタリア語では「カロータ」など、国によって呼び方が違います。にんじんに含まれるカロテンは、体の中に入ってビタミンAに変わります。ビタミンAは目によい栄養素です。今日は、揚げ豆腐のそぼろあんかけと、みそ汁に入っています。

6月24日(月)の給食

画像1 画像1
 ***6月24日(月)の給食***
   ・ごはん
   ・含め煮
   ・野菜炒め
   ・牛乳

 含め煮…給食の煮物には、うま煮・五目煮・おでんなどいろいろな種類があります。今日の含め煮は、大きな釜でゆっくり煮込んで作りました。鶏肉・うずら卵・凍り豆腐・じゃがいも・こんにゃく・にんじんを一緒に煮込んでいるので、肉のうまみが他の材料にしみこみ、おいしくできあがりました。お味はいかがですか。

6月21日(金)の給食

画像1 画像1
 ***6月21日(金)の給食***
   ・ごはん
   ・チンジャオロースー
   ・春雨スープ
   ・牛乳

 チンジャオロースー…チンジャオロースーという料理を知っていますか。チンジャオロースーは中華料理の一つで、「チンジャオ」とはピーマン、「ロー」は肉、「スー」は細切りという意味です。細く切ったピーマン・たけのこと牛肉を 炒め、しょうゆ・さとう・酒・オイスターソースで味をつけています。夏が旬のピーマンと牛肉の味が、ごはんによく合いますね。

6月20日(木)の給食

画像1 画像1
 ***6月20日(木)の給食***
   ・シナモンパン
   ・ジャーマンポテト
   ・鶏肉と野菜のスープ煮
   ・牛乳

 シナモンパン…今日の揚げパンはシナモンパンです。給食室でパンを油で揚げ、シナモンとグラニュー糖をまぶして作ります。シナモンは、「にっけい」という木の皮を乾燥させて作ります。やわらかな辛みと甘みがあり、独特なよい香りがします。クッキーなどのお菓子や、紅茶の香りづけなどに使われます。こぼさないように上手に食べましょう。

6月19日(水)の給食

画像1 画像1
 ***6月19日(水)の給食***
   ・ごはん
   ・ホキの天ぷら
   ・きゅうりの塩もみ
   ・金時豆の甘煮
   ・ひろしまっこ汁
   ・牛乳

 毎年6月は食育月間です。そして、今月のテーマは「日本型食生活について知ろう」です。日本型食生活は、ごはんを主食とし、汁物と主菜、副菜からなる食事の形を基本としたものです。また、今日は食育の日でもあります。日本型食生活の食事の基本となる、ごはんに汁物と3種類のおかずがそろった一汁三菜の献立を取り入れています。魚や肉・野菜・海そう・豆類などいろいろな食品を組み合わせることで、栄養素をバランスよくとることができます。

6月18日(火)の給食

画像1 画像1
 ***6月18日(火)の給食***
   ・ごはん
   ・生揚げの中華煮
   ・春雨と野菜のオイスターソース炒め
   ・牛乳

 オイスターソース…今日はオイスターソースを使った、春雨と野菜のオイスターソース炒めです。オイスターというのは海にいる「かき」のことです。オイスターソースは、このかきを塩漬けにしたものを発酵させて作る、中国で生まれた調味料です。かきのうま味がたくさんつまっているので、料理をよりおいしくしてくれます。

6月17日(月)の給食

画像1 画像1
 ***6月17日(月)の給食***
   ・せんちゃんそぼろごはん
   ・かきたま汁
   ・牛乳

 ちりめんいりこ…カタクチイワシの子どもを「しらす」と言います。しらすを釜でゆでて、乾燥させたものが「しらすぼし」で、これをさらに乾燥させたものを「ちりめんいりこ」と呼びます。ちりめんいりこには、骨や歯をじょうぶにするカルシウムが多く含まれています。今日は、せんちゃんそぼろごはんに入っています。

6月14日(金)の給食

画像1 画像1
 ***6月14日(金)の給食***
   ・ごはん
   ・さばの梅煮
   ・おかかあえ
   ・豆腐汁
   ・牛乳

 おかかあえ…おかかあえの「おかか」とは、何か知っていますか? おかかとはかつお節のことです。かつお節は、かつおをいぶし、半年間かけて乾燥させて作ります。かつお節は、あえるだけでなく、お好み焼きにかけたり、おにぎりの具にしたり、汁もののだしをとったり、いろいろな料理に使われます。今日はほうれんそう・キャベツとあえて、おかかあえにしました。また、今日は地場産物の日です。ほうれんそう・たまねぎ・えのきたけ・ねぎは、広島県で多く作られています。

6月13日(木)の給食

画像1 画像1
 ***6月13日(木)の給食***
   ・パン
   ・コーンシチュー
   ・レバーのから揚げ
   ・温野菜
   ・牛乳

 パン…パンは、今から6千年くらい前に、エジプトで作られたのが最初と言われています。そのころのパンは、うすいせんべいのようなものだったそうです。日本には、今から480年くらい前に伝わりましたが、多くの人が、パンを食べるようになったのは、80年ほど前からだと言われています。パンは、ごはんや麺と同じように主にエネルギーのもとになる食べ物です。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おしらせ

学校だより

シラバス

食育

学校経営方針

いじめ防止等のための基本方針

広島市立伴南小学校
住所:広島県広島市安佐南区伴南一丁目29-1
TEL:082-848-9971