最新更新日:2024/04/19
本日:count up87
昨日:79
総数:357301
教育理念「子どもの幸せの追求」合い言葉は『Challenge』

2月5日(月)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 ***2月5日(月)の給食***
   ・ごはん
   ・いわしのかば焼き
   ・キャベツの赤じそあえ
   ・かきたま汁
   ・煎り大豆
   ・牛乳

 行事食「節分」・・・2月3日は節分です。節分には、豆まきをしますね。昔の人は、病気や火事、地震などの災いは、鬼がもってくると信じていました「鬼は外、福は内」のかけ声で豆をまいて、鬼が家の中に入ってこないように追い払い、福が来るように祈りました。また、ひいらぎの枝に焼いたいわしの頭をさして玄関にかざし、鬼を追い払う風習もあります。給食にも、いわしと大豆を取り入れています。また、今日は地場産物の日です。かきたま汁に使われている卵とねぎは、広島県で多く生産されています。

長なわ大会の様子

 天候にも恵まれ、長なわ大会を行いました。低学年は、体育委員がなわをまわす手伝いをします。みんな一生懸命です。自然になわを跳んだ回数を数える声も大きくなります。
 最後に、それぞれの学級の記録が発表されると、自然に拍手が沸き起こります。思った記録に届かなくても、頑張ったことを称え合います。悔しさも勉強です。
 これまでの学級の記録を更新できた学級もいくつかありました。最高記録は6年生の519回。さすがですね。児童の熱気に包まれた長なわ大会となりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2月2日(金)の給食

画像1 画像1
 ***2月2日(金)の給食***
   ・ごはん
   ・キムチ豆腐
   ・わけぎの炒め物
   ・牛乳

 今日は地場産物の日です。広島県はわけぎの生産量が全国一位で、尾道市・三原市で多く栽培されています。わけぎは、見た目がねぎとよく似ていますが、根元の部分が少しふくらんでいるのが特徴です。また、ねぎは種を植えて育てるのに対して、わけぎは球根を植えて育てます。その球根の株が分かれて増えるため、わけぎと呼ばれています。今日は、わけぎを使って炒め物にしています。また、もやしとえのきたけも広島県で多く栽培されています。

2月1日(木)の給食

画像1 画像1
 ***2月1日(木)の給食***
   ・小型バターパン
   ・スパゲッティイタリアン
   ・カルちゃんサラダ
   ・牛乳

 カルちゃんサラダ・・・カルちゃんサラダには、どうして「カルちゃん」という名前がついているか分かりますか?カルちゃんという名前は、骨や歯をじょうぶにするのに必要な栄養素「カルシウム」にちなんでつけられました。今日は、ちりめんいりこ・ひじき・こまつななどのカルシウムを多く含む食べ物をマヨネーズ風調味料などであえています。カルシウムは、成長期のみなさんにしっかりとってもらいたい栄養素です。

3年 こころの参観日

画像1 画像1
 こころの参観日として、佛圓弘修先生をお招きしました。「「自分を大切にする心を育てる〜新井貴浩物語」と題したお話をしていただきました。カープの新井監督を小学校時代に担任したエピソードを交えて、自尊感情の大切さについてお話くださいました。自尊感情の土台である子供の安心感を育むことが大人の役割であると強調されました。
 
 
画像2 画像2

1月31日(火)の給食

画像1 画像1
 ***1月31日(火)の給食***
   ・ごはん
   ・吉野煮
   ・おかかあえ
   ・りんご
   ・牛乳

 大根・・・吉野煮に入っている大根は、一年のうちで今が一番おいしい季節です。白い根の部分には、病気から体を守ってくれるビタミンCが多く含まれ、葉の部分には、体の中でビタミンAにかわるカロテンが多く含まれています。葉をつけたままにしておくと、鮮度が落ちることから、お店で売られている大根は葉が切り取られています。畑でとれた、葉つきの新鮮な大根を食べる機会があるときは、葉も味わってみましょう。

1月30日(火)の給食

画像1 画像1
 ***1月30日(火)の給食***
   ・ごはん
   ・さわらの天ぷら
   ・キャベツの赤じそあえ
   ・かきたま汁
   ・牛乳

 卵・・・卵には、からだの中で血や肉になるたんぱく質や貧血を防ぐ鉄、病気から体を守り、目やのど、皮ふを丈夫にするビタミンAが含まれています。いろいろな料理に使われている卵が今のように家庭で多く食べられるようになったのは昭和30年以降のことです。この時代は、日本人の食生活に対する意識が高まったこともあり、栄養価の高い卵が特に注目を浴びました。また、今日は地場産物の日です。キャベツ・えのきたけ・ねぎは広島県で多く作られています。

小学校の見学(まこと学園)

画像1 画像1
 まこと学園の年長さんが、小学校の見学に来ました。とても礼儀正しく可愛い園児さんたちです。小学校のいろいろな場所や様子を見て、入学を楽しみする気持ちにつながればと思います。
画像2 画像2

1月29日(月)の給食

画像1 画像1
 ***1月29日(月)の給食***
   ・ハヤシライス
   ・スイートポテトサラダ
   ・牛乳

 スイートポテトサラダ・・・さつまいものことを英語でスイートポテトといいます。さつまいもには、エネルギーになる炭水化物や病気から体を守ってくれるビタミンCの他、おなかの調子を整え、生活習慣病を防ぐ働きがある食物せんいもたくさん含まれています。今日は、さつまいもの他にじゃがいも・ロースハム・きゅうり・にんじん・たまねぎをマヨネーズ風調味料であえています。

こころ学級 おもてなしレストラン

 こころ学級では、広島菜を畑で育ててきました。大きく立派に育った広島菜は、広島菜漬けとして漬け込み、今日は、出来上がったものを披露するレストランを開きました。
 昼休憩にこころ学級に行くと、エプロンを着たこころ学級の児童が、レストランの店員さんのように、礼儀正しくおもてなしをしてくれました。広島菜漬けはとても美味しくできており、しゃきしゃきとした食感と味は、お店で売っているものと変わらないほどです。食べ終わると、担当の児童が、丁寧に教室の外まで見送ってくれました。接客の仕方をしっかり練習していて、とても上手にできていました。
こころ学級のみなさん、ありがとうございます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月26日(金)の給食

画像1 画像1
 ***1月26日(金)の給食***
   ・ごはん
   ・レバーのから揚げ
   ・もやしの中華あえ
   ・中華スープ
   ・ぶどうゼリー
   ・牛乳

 ごま油・・・ごま油はごまあえなどに使われる「ごま」をしぼって、油をとったものです。ほのかな甘みと独特の香りがあり、中華料理によく使われたり、天ぷらの油にまぜて使ったりします。ごま油は血の流れをよくするビタミンEをたくさん含んでいます。また、中国では薬として、漢方薬や塗り薬にも取り入れられているそうです。今日は、もやしの中華あえと中華スープに使っています。

保健室前のおみくじ

 保健室前には、楽しいおみくじがあり、児童が集まっていました。「おみくじが大吉だった。」と喜んでいる児童もいます。くじをよく見ると、「大吉」などどともに、平仮名が一文字書かれています。あけましておめでとうの一文字のようです。
 「け」をめくってみると、けがをしないように気をつけよう、と書いてあります。「あ」をひいた児童は、「あいさつはみんなを笑顔にするよ」という言葉を見て「ほんとにそうだね。」と納得した様子です。おみくじとともに、気持ちよく安全に過ごすことを見直すことができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月25日(木)の給食

画像1 画像1
 ***1月25日(木)の給食***
   ・パン
   ・いちごジャム
   ・冬野菜のクリーム煮
   ・三色ソテー
   ・牛乳

 冬野菜のクリーム煮・・・今日のクリーム煮には、冬が旬のかぶとカリフラワーが入っています。病気から体を守る働きのあるビタミンCをたくさん含んでいるので、かぜをひきやすい冬に、しっかり食べるとよい野菜です。他にも、じゃがいも・たまねぎ・にんじん・パセリなどの野菜もたっぷり使われています。野菜をしっかり食べて、寒い冬を元気に過ごしましょう。また、今日は地場産物の日です。冬野菜のクリーム煮に入っている、ぶなしめじとパセリは、広島県で多く栽培されています。

雪の中の登校

画像1 画像1
 雪が降っている中の登校となりました。シニアクラブの方が見守りをしてくださる中、雪で大きな玉を作って登校している児童が多くいました。雪は児童にとって、心躍るものですね。
 今日も見守りボランティアの方に、自分からワンストップ挨拶ができる児童がたくさんいました。気持ちがよい朝の始まりです。
画像2 画像2

雪の日の対策

 昨日は、雪が降り積もる中の登校でした。廊下に雪が吹き込み滑りやすくなっている所には、児童が怪我をしないように、マットや雑巾を置く安全対策をしました。
 また、道路の滑りやすい危険箇所は、シニアクラブの皆様や教頭先生が融雪剤を朝早くからまいてくださいました。おかげで、雪が解け、安全に登校することができました。ありがとうございます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1月24日(水)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
 ***1月24日(水)の給食***
   ・ごはん
   ・さけの塩焼き
   ・広島菜漬
   ・みそすいとん
   ・牛乳

 行事食「全国学校給食週間」・・・1月24日から30日は全国学校給食週間です。「毎日、おいしく給食が食べられることに感謝し、給食や食べ物の大切さについて考えてみよう」という週間です。今日は、日本で給食が始まった明治22年に出されていた、さけの塩焼きと漬物の組み合わせを取り入れています。また、みそすいとんは昭和30年ごろによく食べられていた料理です。食べ物が少なかった時代、ごはんが無くてもおなかが一杯になるよう、小麦粉で作った団子を汁物に入れて食べていたそうです。給食では、食べやすいように小麦粉に米粉を混ぜて団子を作っています。

1月23日(火)の給食

画像1 画像1
 ***1月23日(火)の給食***
   ・玄米ごはん
   ・高野豆腐の五目煮
   ・はりはり漬
   ・牛乳

 米・・・米という漢字をよく見ると、「八」と「十」と「八」という漢字が組み合わさったように見えます。これは、米が実るまでに、88回もの手間がかかるという意味で、この字になったと言われています。今は便利な機械もあるので、昔と比べると米作りも楽になったと言われますが、それでも田んぼの準備から始まり、稲を育てて米を収穫するまでは、たくさんの手間がかかります。今日は玄米ごはんです。大切に手をかけて育てられた米を大事に食べたいですね。

1月22日(月)の給食

画像1 画像1
 ***1月22日(月)の給食***
   ・減量ごはん
   ・肉うどん
   ・かき揚げ
   ・牛乳

 かき揚げ・・・かき揚げは、小さく切ったえびやいかなどの魚介類や野菜を、小麦粉を溶いた衣でまとめ、油で揚げた天ぷらの一つです。丼飯の上にのせたり、温かいそばやうどんにのせたり、ざるそばにそえたりします。今日のかき揚げには、いか・高野豆腐・ひじき・たまねぎ・にんじんが入っています。サクサクしておいしいですね。

2年 掃除の振り返りの様子

 2年生は、掃除の振り返りをしていました。学級ごとに振り返りの仕方は違いますが、手順通りきちんとできたかを確認したり、掃除で頑張った友達を紹介したりしていました。良くできたことを互いに認め合うのは素敵ですね。教室だけでなく、心もすっきりします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1年 掃除の様子

画像1 画像1
画像2 画像2
 掃除の終わり頃に教室をのぞいてみました。雑巾を上手にしぼっています。1年生にとって雑巾を絞るのは難しく、手首をひねらず握るだけのこともよくあります。でも、写真のように、とても上手にバケツの中で水をしぼっています。
 また、洗った雑巾もきれいに整頓してかけています。担任の先生が言わなくてもできるそうです。当たり前のことが当たり前にできることが素晴らしいですね。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

おしらせ

学校だより

学校行事

シラバス

食育

学校経営方針

広島市立伴南小学校
住所:広島県広島市安佐南区伴南一丁目29-1
TEL:082-848-9971