最新更新日:2020/09/25
本日:count up24
昨日:339
総数:58229
体育祭の練習が始まっています。コロナ感染症だけでなく、熱中症に注意して水分の多めに準備してください。

校長メッセージ “みんなの手で感動の一日を創りましょう!”

 9月後半を迎え、日中はまだ暑さがありますが、朝晩は秋を感じるようになってきました。校内でも上着を着て過ごしている生徒が徐々に増えてきているように思えます。また、一雨ごとに涼しくなってきているようで、このような時は、体調を崩しがちです。自分は大丈夫だと思っている人も、今年は新型コロナウィルスという新たな敵がいることから、これまで以上に体調面については気を配って生活して欲しいと思います。明日からの4連休も規則正しい生活をして、来週23日水曜には、元気に登校して来てください。

 さて、来週金曜日25日は、当初の計画を延期し、内容を縮小・変更して実施する体育祭が予定されています。年度初めから、先生方は皆さんのことを第一に考え、体育祭中止ということではなく、感染防止対策を徹底した上で実施するという熱い思いを持ち、これまで協議を重ね、準備してきました。予行を行った際、わかった改善点や工夫すべき点に対応し、当日を迎えたいと考えています。開・閉会式が放送となったり、大きな声を出しての声援ではなく拍手による応援になったりと若干やりにくいことがあるかもしれませんが、先日の予行の姿を見ていると、素晴らしい仲間とともに精一杯競技する皆さんの姿は良かったと思います。25日当日は学級、ブロックそして福木中学校全体の力が集結して、素晴らしい一日となることを心から願っています。練習期間が十分に確保できなかったかもしれませんが、今の自分たちの力を最大限発揮する体育祭になるよう、残りわずかな時間を有効に活用してください。と同時に、最初にもいいましたが、ベストな状態で体育祭に参加できるよう、体調管理には十分気をつけて過ごしてください。
 天候が微妙だった予行の日の朝、多くの3年生から「今日、予行やらないのですか。」「予行、やりますよね。」といった沢山の声を聞きました。私はやる気満々でしたので、もちろんやるよと伝えたら、生徒から「やったー。」「校長先生、ありがとう。」という反応があり、この日にかけてきた心意気を感じ、少しでも生徒のためになっているなと感じたところです。
 私は、学校としてできること、やるべきことは何かということを改めて実感できました。
 学校行事はただ単にその行事をすることが目的ではなく、生徒の皆さんにつけて欲しい力をその行事を通して育むこと、これが重要だと考え、学校では取り組んでいます。
 1年生にとっては中学生として初めての体育祭から何かを学んで欲しいし、2年生にとっては中堅学年としてこの福木中の柱となれる学年としての一体感そして成長の姿を見せて欲しいし、3年生にとっては中学校生活最後の体育祭で、仲間の友情や学級、学年の輪を感じ、福木中学校の最上級生としてさすが3年生と感じさせる姿を見せ、中学校生活の思い出の1ページを創って欲しいと思います。今は気になる週間天気予報がでていますが、福木中学校のみんなの心を一つにして、素晴らしい日となれるよう、祈りたいと思います。

 保護者の皆様、来週金曜に開催予定の体育祭では、いろいろな点でご不便等をおかけすることとなりますが、何卒、ご理解くださいますようよろしくお願いします。生徒は精一杯頑張ると思いますし、その生徒たちを最大限サポートできるよう、教職員一同取り組んで参ります。
 素晴らしい一日を共に過ごしたいと願っています。どうぞよろしくお願いいたします。

令和2年9月18日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “終わったことは変えられない。これからは変えられる。”

 台風10号の影響で月曜が臨時休校となり、昨日から今週がスタートしました。昨日から体育祭に向けての学年練習がスタートし、グラウンドに学年全体の生徒が集まり、共に活動することは今年度初めてのことだったと思いますが、どの学年もみんな集中して練習に取り組んでいました。また、色別練習ではさすが3年生という姿を見せてくれていました。本当に素晴らしかったです。今年は、水分補給だけでなく、活動前・途中・後の消毒など、これまでとは異なる行動が必要でしたが、一人一人が自覚して行動できるようになっており、さすが福木中生だなと感じました。2週間という短い練習期間となりますが、各クラス、各学年とも力を合わせて全力で自分たちの力が発揮できるように準備してください。

ところで、先週行われた今年度最初の大きな試験(前期期末試験)の結果はどうでしたか。
 「去年より点数とれたよ。」、「頑張った成果がでてよかった。」、「もっとちゃんと勉強しとけば良かった。」、「もう家に帰れん。怒られる〜。」、「わかってたのに、解答書くのを間違えた。」、「今からやればできたのに悔しい。」など、いろいろな声を聞きました。誰もがいい点数をとりたいという気持ちはあっても、結果はそれぞれの努力の差が影響していると思います。勉強しなければならないとわかっていてもどうやっていいかわからなかった人、勉強したつもりだった人、計画通りに完璧に勉強した人、全く何もできなかった(しなかった)人など、様々だと思いますが、今回手にした結果を見て、今、どう感じているかがとても重要であり、分かれ道かもしれません。
先日、阪神タイガースの矢野監督がミスで負けた試合後の談話の中に、「ミスで負けたことは痛い。しかし、日頃から選手たちに『終わったことは変えられない。これからは変えられる。』と言っているので」と言ってそのミスを責めることはしませんでした。また、「これからどのような姿で試合に臨むのかが大切になるし、それが私たちの課題です。」と言われていました。
 私はこの矢野監督の言葉がとても心に響きました。私だけでなく、福木中学校の先生方はみんな同じ気持ちです。生徒の皆さんが日頃学習していることが理解でき、できるようになって欲しいと心から願っています。授業で使う学習プリントや宿題プリント、いつもは多いな大変だなと感じるかもしれませんが、先生方はみんな、すべての生徒ができるようになって欲しいと思いながら、プリントを作成したり、授業を考えたりしているんです。今回の試験で間違えたところは、そこがなぜ間違ったのか、どうすれば良かったのかをまずは自分でしっかり考えてみてください。そして、自分でできることを精一杯取り組み、時には先生方を頼ってみてください。先生方は皆さんのことを本気で考え、サポートしてくれる素晴らしい人たちです。恥ずかしがらずに、どんなことでも相談して、勉強に自ら向き合う力を高めてください。
 私もできることは応援しますから、、、。

「終わったことは変えられない。これからは変えられる。」
 このことを実行できる人である福木中学校の生徒の皆さん、試験が終わった今こそ、気持ちを新たに行動にうつしましょう。私は一緒に頑張れる時間を過ごせることがとても幸せです。


令和2年9月9日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “定期試験の苦い思い出”

 今日から9月です。とはいっても日中は体温と同じ36度という厳しい暑さとなっています。また、最近は夕立というか局地的な雷雨が発生するなど、夏の終わりも感じられるようになっています。明日からはもしかすると台風9号の影響が出るかもしれません。天気予報を少し気にしながら生活することも大切ですね。

 さて、いよいよ明日から今年度最初の大きな試験(前期期末試験)が3日間で行われます。放課後は教室で絆学習会に参加し総復習をしたり、自宅や塾等で勉強してきたりしたと思います。試験ではこれまで一生懸命頑張って勉強してきたすべてが発揮できるように祈っています。

 試験を受験するに当たって、皆さんに注意してほしいことを2点お伝えします。
 1つめは、解答用紙の組、番号、名前を最初にきちんと書くことです。ギリギリまで勉強していて少しでも早く解答を記入したいという気持ちから、つい書き忘れてしまうことがあります。先生からも注意があるかもしれませんが、はじめにすることはこれら必要事項を最初に書き、落ち着いてから問題に向かうことが大切です。
 2つめは、解答用紙の記入欄を間違えないことです。いくら正しい答えを書いたとしても記入すべき場所を間違ってしまったら、すべて×になります。問題の番号をよく見て、解答用紙の適切な場所に記入してください。
 これら2つのことは、私の中学生時代に失敗して0点になったり、50点以上減点されたりという苦い思い出です。私の通っていた中学校はとても厳しく、日頃から提出物などに名前を書いていないと採点してもらえませんでした。事前に先生から、きちんと名前を書くこと、問題をよく読んで回答することは指導されていましたが、まさか自分が失敗するなんて考えてもいませんでしたから、当時は「あーあ、何やってんだ」と悔やんでとても落ち込んだ記憶があります。
 生徒の皆さんは大丈夫だよ、私はしないよと言うかもしれませんが、試験の時間になると緊張したり、焦ったりして、いつも通りのことができなくなったりします。はじめにすることを決めておいて、落ち着いて問題に取り組むことを忘れないでほしいと思います。
 また、字は丁寧に書くことを心がけてください。文字は、どれだけ丁寧に書いたかということがすべてだと思います。一生懸命、考え、そして、丁寧に書くことを忘れずに、最後の最後まで粘り強く、わからないからといって諦めることがないように頑張ってほしいと思います。
 
生徒の皆さん、これまで頑張ってきた自分を信じて、ベストを尽くしてくださいね。
今日一日、残された時間を大切に使って、明日からの試験を迎えましょう。


令和2年9月1日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “ 継続し続けることの大切さを実感しています ”

8月も残り一週間を切りました。来週水曜からは今年度初めての試験である前期期末試験が3日間行われます。なかなか勉強のリズムが整わなかった前期ですが、示されている範囲を計画的に学習し直し、悔いのないように取り組んでください。

先日、朝の挨拶時に正門に立っていたところ、地域の方から、「校長先生、ホームページのメッセージ、読ませてもらってるよ。先生の考えがよく伝わってくる内容だね。ホームページからも生徒の姿がよく伝わってきていいね。今後もがんばってや。」という温かい言葉をいただきました。これまでも保護者や地域の方々から同じようなご意見は伺っていましたが、繰り返し取り組んできたことへの評価をいただいたことは大変嬉しい限りです。
また、昨日は、1年生2名が「何でも相談室」の掲示用ポスターを届けてくれました。気持ちのこもったものであり、とても感動しました。これまでずっと生徒の皆さんに呼びかけてきてよかったなと思っています。
さらに、授業中、教室を回っているときや休憩中、放課後などで、数学に関する質問をするために、積極的に呼んでくれる生徒が本当に多くなり、生徒の皆さんの気持ちの中に「もっとわかりたい、できるようになりたい」という思いが高まっていることも強く感じています。
小さなことそして当たり前のことかもしれないことでも継続することで、もしかするとまわりに変化を生んだのでは、と感じています。それは、教師として大きな喜びの一つです。
生徒の皆さん、私もこれまで以上に頑張りますので、一緒に取り組んでいきましょう。

1年生の皆さんへ
 来週には中学校生活で最初の定期試験がありますが、計画的な学習を行い、1つでも正解となるように頑張ってください。
2年生の皆さんへ
 いろいろな意味で学校の中心としての動きが求められてきます。自分自身をしっかり見つめ直し、福木中の中核として恥ずかしくないように成長していきましょう。
3年生の皆さんへ
 進路につながる試験、本当に悔いが残らないように準備し、全力で臨んでください。皆さんの頑張りは必ず発揮できると信じています。私はいつでも応援していますからね。

保護者の皆様、本当に暑い中ですが、生徒たちは全員頑張っています。コロナ禍の中でも、9月の体育祭、10月の文化祭、11月の2年生修学旅行などの行事を通して、生徒にとって素晴らしい中学校生活の思い出の1ページとなるよう、学校全体をあげて取り組んで参ります。そのためにも健康管理にこれまで同様に重点を置き、元気で登校できるようにご理解とご協力をいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

生徒の皆さん、保護者及び地域の方々、先生方そして福木中学校に関係するすべての方々の心を一つにして、コロナに負けずにこれからも元気に頑張っていきましょう。

令和2年8月25日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “素晴らしい前期後半のスタートの一日です!”

9日間という短い特別な夏休みが終わり、今日から前期後半がスタートしました。朝から生徒の皆さんの元気な姿を見ることができ、安心したというのが正直な気持ちです。今日も真夏日となるほどの暑さの中、重たい荷物を持って登校し、授業に真剣に取組んでいる姿には感動しました。生徒の皆さんの笑顔には、新型コロナウィルスや暑さに負けずに頑張っていこうという思いを強くしてくれるすごい力があると実感しています。これからの日々も新型コロナウィルス感染症、熱中症に向き合いながら過ごしていかなければなりませんが、各自が予防対策をしっかりすることで誰一人として倒れることがないようにしていきましょう。

保護者の皆様、本日から前期後半を開始するという本校の教育方針にご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございます。ほとんどのお子様が元気に登校しており、中には、真っ赤に日焼けしている顔を見ますと、短い夏休みが充実した時間だったんだなと感じているところです。これからも暑さは当分続きますし、本日のように校舎外(体育館を含む)での部活動中止といった予定変更もあろうかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 前期後半の素晴らしいスタートが切れた今日、決意を新たにしたいと思います。

 新型コロナウィルスや暑さに負けず、一歩一歩進んでいく素晴らしい集団になるために、生徒の皆さん、保護者及び地域の方々、先生方そして福木中学校に関係するすべての方々の心を一つにして、元気に頑張っていきましょう。


令和2年8月17日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “ 立秋を過ぎて始まる短い特別な夏休み ”

4月7日からスタートした今年度ですが、今日8月7日で夏休み前の授業がすべて終了しました。1ヶ月以上に渡る臨時休業期間がありましたが、生徒の皆さんは今日まで本当によく頑張ってきたと思います。今年は、これまでの学校生活だけでなく、新型コロナウィルス感染防止対策そして熱中症対策といった新しい生活様式で過ごした学校生活でした。皆さんにはいろいろなことをお願いしてきましたが、1つ1つ先生方とともに確実に実行し、今では学校での新しい生活様式が定着しており、安心して皆さんと過ごすことができています。明日から16日㈰までの9日間ですが、いよいよ夏休みに入ります。本当に短い夏休みとなり、申し訳ないのですが、これまで同様、新型コロナウィルス感染防止対策と熱中症対策を忘れず、規則正しい生活を過ごし、免疫力を高めるなど、健康管理に注意してください。
そして、17日㈪に元気な姿で登校してきてくれることを信じています。

保護者の皆様、明日から短期間ですが夏休みとなります。これまで本校の教育活動にご理解とご協力をいただき、本当にありがとうございました。家庭での生活となりますが、課題等に取り組む家庭学習とともに、感染防止・熱中症対策を忘れず、健康で過ごす期間となりますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

私は、この福木中学校での生活がスタートした4月から今日まで、生徒たちの笑顔や元気な声、保護者や地域の皆様の温かさに本当に支えられてきました。中でも、毎日のように出会う生徒の姿は、私の心の支えであり、パワーの源であったことは事実です。最近では、「校長先生〜」と休憩中や放課後に呼んでくれたり、授業中はわからない問題を質問してくれたりする機会が多くなっており、ごく普通になって来ていることが本当に嬉しいです。今日も4名の生徒が校長室を訪問し、共に学習しました。本当に頑張る姿には感動しました。

今後も新型コロナウィルスとの共存生活が続きますが、皆さんが元気で日々の生活を過ごすことができるよう、感染防止対策を徹底してください。みんなで力を合わせてこの大変な時を乗り越えていきたいと強く願っています。

福木中学校の生徒の皆さん、多くの課題があるかもしれませんが、計画的に取り組み、元気な姿で8月17日㈪の朝、登校して来てください。先生たちは皆さんを待っています。

最後に
時間がもしあれば、『校長室のなんでも相談室』の表示を作ってほしいなと思っています。


令和2年8月7日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “ 大切にしたい言葉『ありがとう』 ”

ようやく昨日、梅雨が明け、今朝の空は真夏を感じさせる青空でした。明日からもう8月。今年はなかなか季節感を感じることができない日々を過ごしているように感じます。夏休みまで来週の一週間、暑さにそしてコロナに負けずに頑張っていきましょう。

今週の月曜日、初めて保護者の方3名が「何でも相談室」に来校されました。現在の、そしてこれからのコロナ禍の中での学校生活について、いろいろな話をさせていただきました。夕方ということもあり、時間を気にしていただきながらのひとときでしたので、十分なことがお伝えできなかったかなと思いましたが、翌日、ご丁寧なお手紙をいただきました。
私はごく当たり前のことだと思って行動していることに対し、ありがとうございましたという感謝のお気持ちが書かれており、大変恐縮しています。
学校は、生徒がいてはじめて学校だと私はずっと思っています。その生徒のために、先生方や保護者・地域の方々とともにできることをしたい、しなければならないという私の気持ちは、教員になったときからずっと変わっていません。少しでも生徒のためになることがあれば取り組んでいきたいと思っています。今回いただいた保護者の方からの感謝のお気持ちに応える意味でも、生徒の皆さんとともに成長し続ける福木中学校でありたいと決意を新たにしました。本当にありがとうございました。
「何でも相談室」はこれからも開室していますので、ご自由に、そしてお気軽にお越しいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

あと一週間となった夏休み前の学校生活、体調を崩さないように、十分気をつけて過ごしてください。例年とは異なる生活で大変なこともたくさんあって、投げ出したくなることもあるとは思いますが、皆さんは一人ではありません。周りの友だち、家族、地域の方々、先生方など、多くの方々とともに生きています。みんなで力を合わせて、支え合いながら、この苦しい時を乗り越えていきましょう。

最後に女子バレー部の皆さんへ
いよいよ明日は福木中学校バレー部にとって、最後の大会というとても大切な大会ですね。皆さんのコート内での全力プレーを見られるのも今回が最後だと考えるととても複雑な気持ちになりますが、これまで多くの先輩方がつないできた福木中バレー部の歴史を誇りとして、最後まで、粘り強く、みんなで拾ってつないでほしいと願っています。皆さんが着るユニホームには多くの汗と涙がしみこんでおり、先輩たちの思いとともにコートに立ってください。人数は少なくてもたくさんの応援団が皆さんの後ろにいます。諦めてはだめです。最後の最後まで全力でプレーしてください。みなさんの健闘を祈ります。

令和2年7月31日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “今は一丸となって乗り越える時”

先週23日に、Twitterにある動画の投稿がありました。それは、中学2年女子生徒が吉村洋文大阪府知事に送った手紙に対する知事からの『コロナ差別を絶対にやめてください』という呼びかけでした。女子生徒の父がコロナ対応の病院で働く医者であったために、学校で周囲から「お父さんがコロナの病院で働いてるんやろ。学校に来るな。」などと言われたり、メールやLINEを送られたりして困っていることを受け、知事は、「お医者さんだけじゃなくて保育士さん、介護士さん、スーパーで働く人、清掃の人、そういった皆さんのおかげで生活が成り立っています。そういった皆さんへの差別であったり、あるいはその仲間を仲間はずれにするとか、そういうことは皆さん絶対にやめてください。コロナウイルスは増えてきてますが、ぜひ皆さん、差別をやめて、そしてみんなでコロナウイルスを抑えていきましょう」と語られていました。

私は今回の吉村知事のメッセージがとても心に響き、本校から、いやどこからもこの女子生徒のように感じる人を誰一人として出してはいけないと強く思いました。今は誰もがコロナウイルスと戦っているときであり、みんなが仲間です。その仲間を助け合い、支え合うことが一番大切なことであり、不当な差別や偏見、いじめなどなんて絶対にあってはならないことです。
完璧な人間はいません。一人一人がその人にしかない素晴らしさを持っています。互いに認め合い、支え合えるのが『人』です。日常の学校生活においても、同級生や先輩後輩など、それぞれの立場を尊重しながら過ごす心の温かさを忘れないで行動していきましょう。

広島市においては先週、南区内の広島市立学校の児童生徒(10歳代)が新型コロナウイルスに感染したことが発表されました。また、全国での感染拡大と共に、市内全体でも7月に入り、再び感染者が増加しています。この先、コロナウイルスとの戦いは長期戦になると言われています。だからこそ、コロナウイルスに一人一人がそれぞれの立場で精一杯できることを確実に実行し、みんなが一丸となってこの状況を乗り越えていかなければなりません。

生徒の皆さん、現在の学校生活は休校中の生活と比べるととても充実していると思いませんか。3年生にとって最後の部活動の大会(市総合体育大会)はもうすぐです。そのために暑い中、必死に汗をかきながら頑張っている姿は本当に素晴らしいです。また、日頃の授業や放課後学習会などで「わかった、できた」と感じて確実な学力をつけてほしいし、体育祭や文化祭などの行事を通して、皆さんの中学校生活のアルバムの1ページに素晴らしい思い出を刻めるようにしたいと先生たちは思っています。
油断は禁物です。しかし、皆さんにはこの苦しい状況を乗り越えるだけの力があります。私はそう信じています。
生徒の皆さん、保護者の方及び地域の方々とともに心を一つにして頑張っていきましょう。

令和2年7月27日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “ノートって誰のもの?”

明日の海の日、スポーツの日、土日と続く4連休、皆さんはどのように過ごしますか。当初の予定では東京オリンピックが開会し、日本国中が盛り上がっているはずだったのですが、、、、、。とにかく今は、新型コロナウイルスとの共存生活の中で、感染防止対策と熱中症対策を確実に実行し、出された課題にコツコツと取り組んでいきましょう。
ところで、毎日、授業中皆さんの頑張っている様子を見るために教室を回っていますが、私は数学科の教員でしたので、特に数学の授業ではどの学年・学級も、生徒の皆さんが理解できているのかが気になって仕方ありません。例題に取り組んだあとに取り組む練習問題の解答が書かれているノートやワークブック、練習プリントなどを見たとき、「これでいいのかなぁ?」とか「これでは○にならないかも」とつぶやくことがあります。その時、多くの生徒はすぐに消しゴムで消すんです。私はせっかくできあがった作品を振り出しに戻すその動作がとても残念で、「消さないでいいから、横に書こうよ。」と伝えます。これは今も昔も変わりません。私が教えてきた生徒(47歳〜32歳)も同じで、「ノートには×を書きたくないから間違いを直すために消すんです」とか、「×があると解けていないとノート提出の時に先生に思われるから」とか「きれいじゃないと嫌だから」という生徒ばかりでした。確かにノートにはすべて○で×がない方がいいのかもしれませんが、「誰のためのノートなのかということを考えてみてよ」といつも伝えていました。
皆さん、復習するときやテスト勉強するときのことを思い浮かべてください。すべて○で、どのような問題も確実に理解していて、できる・わかるという自信があったとしても、もう一度見直しはするはずです。×が書かれていれば、どこを間違えたのかが一目瞭然だし、その問題を確実にできるように重点的に復習することで、自分の弱点を克服することができます。すなわち、間違いというものが効率よく勉強するツールとなって本当に役立つということです。ノートは提出先の先生のためでなく、自分のためなのです。×があっていいんです。×がないようにきれいにするではなく、丁寧に書くことを心がけていれば大丈夫です。
自分が繰り返し勉強しなければいけないところを教えてくれる素敵なノートを一人でも多くの人が完成することを祈っています。
もちろん、きちんと理解し、×がないようにすることを目指しましょう。

今週月曜日の放課後、3年生2人がその日に学習した内容についてもう一度教えてほしいと校長室を訪ねてきました。17時までという短い時間でしたが、1つ1つの不明点を一緒に考えると、下校時に「わかりました。そう考えればいいんですね。」と言ってくれました。また、火曜日の2年生の授業では、私に質問した生徒が自信を持って前で発表してくれたり、授業後「今日の授業はよくわかりました。また、次も来てください。」と笑顔と共に言ってくれたことは、本当にうれしかったです。
私は、これからも一人でも多くの生徒が「なるほど。わかった」と感じられるように、学習に関して生徒の皆さんを精一杯サポートしたいと思っています。一緒に頑張りましょうね。

令和2年7月22日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “ 今一度、確認しよう。新しい生活様式を! ”

7月後半となり間もなく梅雨明けとなりそうですね。例年であれば、来週から夏休みということですが今年はあと3週間通常登校が続きます。思い起こせば、新年度がスタートしてすぐの4月15日から5月31日まで臨時休業となりました。6月1日から午前中授業の一週間の後、通常登校に戻りましたが、まだ6週間しかたっていません。ものすごく時間が経過したように感じても、今年度はいつも通りではありません。お盆休み開始の8月7日まで学校生活は続きます。蒸し暑さが増す日々となりますが、頑張って過ごしましょうね。

私は、年度当初から生徒の皆さんには感染防止対策をお願いしてきました。校内での活動においては意識して行動している姿が見られ、安心しています。また、学校以外の日々の生活においても、手洗いやアルコール消毒、3密を防ぐなど自然に行動していると思われます。しかしながら、ここ数日、首都圏や関西、私たちが住んでいる広島市をはじめ全国各地で新型コロナウィルスの感染者がまた急増しています。誰も気を緩めたわけではないとは思いますが、このような状況となっていることは現実です。私たちの誰一人としてうつらない、そして誰にもうつさないようにしなければならないと再確認するときが来たと感じています。

学校生活は完全ではありませんが以前のような姿が戻ってきています。来月8月には3年生の部活動の最後の大会となる市総合体育大会が予定されており開催に向け準備が進んでいます。本校においては9月の体育祭、10月の文化祭に向け、少しずつ取組が始まっています。
このような学校生活が送れるのは、皆さんが健康で元気だからできるのです。梅雨明けと共に本格的な夏がやってくるでしょう。暑さ対策、感染症対策の両方を意識して生活することは大変かもしれません。しかし、今、ここで気を緩めると何もできない学校生活に逆戻りとなります。私はそのような生活に戻ることは絶対にしたくありません。毎日、校内で出会う皆さんの笑顔と触れあうことができる現在の生活が充実しておりとても幸せです。

皆さんにあらためてお願いします。
ほぼ定着しつつある新しい生活様式を今一度、確認してください。皆さん一人一人の意識と行動により、今の学校生活を続けていくことができるのです。学校の主人公である生徒の皆さんの笑顔であふれる学校生活がこれからもずっと続けられるように、みんなで力を合わせていきましょう。


令和2年7月18日
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “待っています、皆さんの笑顔を!”

生徒の皆さん、元気に過ごしていますか。今はあの雨が嘘のように晴れ間が見られます。皆さんの家や周りなど被害が出ていませんか。避難所で過ごした人もいると思いますが、命を守る行動を落ち着いてとることがこのようなときには本当に大切です。他人事と考えず、自分のこととしてどう行動すれば良いかについて日頃から考えておきましょう。

さて、月曜日(授業打ち切り)から今日まで約3日間の休校となり、ようやく定着しつつあった皆さんの学校生活リズムが崩れていないか心配しています。明日の時間割はメール連絡があったと思いますが、授業再開に向け、今日は学習ポイントを活用して復習したり、宿題を再度確認したり、自主学習ノートに取り組むなど、有意義な時間を過ごしてください。
夏休み(8/7〜16)までちょうど一ヶ月です。これから気候的にも暑くなり、なかなか集中しづらい環境ですが、私はそのようなときでも、皆さんは何事にも前向きにかつ真剣に取り組んでくれると信じています。学習だけでなく、学級や学年、生徒会活動や部活動などそれぞれの場面で一生懸命活動している姿は本当に素晴らしいと感じています。今、このメッセージを作成していても校内から生徒の皆さんの声が全く聞こえない、また皆さんの姿を見ることができないのはとても寂しいなと思っています。学校の主人公は、やはり皆さん、生徒だということを強く感じています。
そのような存在である皆さんにお願いがあります。夏休みまでの1ヶ月間にこれだけはできるようになる、やり遂げるということを1つ作ってください。デイリーライフに記入したり、自分の机の前に紙に書いて貼ったりするなど、目に見えるようにしておきましょう。そして、8月7日にどうだったか確認してみてください。
何事も目に見えるようにしておくことは、自然と意識が高まるし、自ら行動するようになります。是非、取り組んでみてください。

保護者の皆様、今回の大雨による被害はなかったでしょうか。何かございましたらご連絡ください。今回の臨時休校により、今後の行事計画において若干の変更となる見込みです。詳しいことが決まりましたら改めてご連絡いたしますので、ご理解くださいますようお願いいたします。

生徒の皆さん、今週は残り2日間です。これまで同様、熱中症対策や感染症対策とともに、1時間1時間の授業を大切にし、少しでも成長した新たな自分の姿で帰宅できるように充実した学校生活を過ごしてほしいと願っています。『今』というこの瞬間は二度とありません。私は皆さんと過ごせる時間はとても大切なものであり、その時となる明日を楽しみに待っています。
元気に登校して来てください。


令和2年7月8日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “ 夢は叶えるためにある ”

今日は7月6日。ちょうど2年前、西日本豪雨による災害が発生した日です。先週末は九州地方で甚大な災害が発生するなど、自然の力の凄さに圧倒させられるばかりです。梅雨の終わりには以前からまとまった雨が降っていましたが、最近の雨の降り方は尋常でなく、様々な災害を発生させるほどの力となりとても危険です。今日も天候の回復が見込めず、生徒の皆さん、ご家庭の方々が無事に過ごせるようにという思いから、授業を打ち切り、早々に下校という措置をとりました。保護者の皆様には、学校へのお迎えなどいろいろとお手数やご不便をおかけしたと思いますが、ご理解とご協力をいただき本当にありがとうございました。今後も明日にかけて同様の天候が予想されていますので、十分お気をつけてお過ごしください。また、何かございましたら学校までご連絡をいただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

1年生の皆さんへ
 勉強に、生徒会活動に、部活動にと中学生らしい姿が見られるようになっています。4月当初とは全然違うくらい成長していると感じています。夏休みに入るまでの1ヶ月間で自分自身を振り返り、より伸ばすところと改善すべきところを明確にし、少しでも成長できるように行動してください。私も福木中1年生として皆さんに負けないよう頑張りますね。
2年生の皆さんへ
 中学2年という学年そして14歳という年はいろいろと困難に出会ったり、悩んだりする年ですが、誰もがそれを乗り越えて立派に成長していきます。苦しいとき、つらいときなどは、家族や友だちそして先生を支えに頑張ってほしいです。その時、私で良ければ力になります。いつでも相談してください。皆さんは必ずクリアできると私は信じています。
3年生の皆さんへ
 自己PR時をはじめ、様々な時間に皆さんと会話をすることができるようになり、とても嬉しい限りです。勉強面でも気軽に質問してくれる生徒が増えてきました。どんなことでも力になることができればなと毎日考えています。私は皆さんが志望校通りに進路決定することを願いながら、日々接していきます。厳しいことを言うかもしれませんが、一緒に頑張っていきましょう。

明日は七夕の日です。3年1組の前に飾られている七夕飾りには、友人との良好な関係がずっと続きますように、志望校に合格しますようになどが書かれた多くの短冊が吊り下げられています。一つ一つの短冊に書かれた皆さんの願いが叶うことを信じたいと思っています。
今年は東京オリンピックが開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染症により1年延期となりました。そして、今なお感染症が治まることなく、再び感染者が増加傾向にあり、気を緩めることができないなど、新型コロナウイルスとの共存生活が続きます。このような状況の中だからこそ、私は次のことをお願いしました。
『みんな元気で、笑顔と幸せに満ちあふれた生活が送れますように』 と。

令和2年7月6日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ “宿題はやりたくないことをやれるようになる訓練”

昨年3月に引退したイチローさんがあるテレビ番組の中で、「宿題がある意味」について語った「おしえて!イチロー先生」の一場面が先日放送されました。
ある女子生徒の「宿題がある意味はなんですか? 学校で勉強しているのに家でやる必要があるんですか?」という質問に対して、イチロー先生は「宿題はやりたくないよね。中には勉強大好きでクリアしていくのが気持ちよいって人もいると思うけど、基本は嫌でしょ。できればやりたくないけどね。でも、大人になるとやりたくないことをやらなきゃいけなくなるんだよ。だから、その訓練と捉えることはできると思う。」と回答しました。そして、「本当にやりたくないことをやらないってなると、社会で生きていけないからそのための訓練という捉え方は、僕は好きだね。やっぱり好きなことばっかりやってると、世の中ではなかなか、社会人になると難しくなると思う。」と締めくくっていました。
 私は、イチロー先生の答えにとても共感しました。学校では、勉強して力をつけようね、わからなくなるからちゃんとしようねと先生から聞くことが多いと思いますが、それは当然のこととして、イチロー先生は、やりたくないことでもやれるようにしておかないと社会で困るという自分の経験から、生徒の皆さんが将来生きていく世界、つまり社会の中で活躍できる、つまり通用できる人になるための準備だと言っているのです。
 私のマイブームの言葉“公の場で通用する人”を伝えましたが、1年生の自主学習ノートの中に、この言葉の意味をいろいろな角度から調べて整理してくれていました。私はとてもうれしかったですし、福木中学校のすべての生徒がそのような人になってほしいという気持ちが一層強まりました。
 先日の生徒総会の終わりに話しましたように、見えないところで多くの生徒の皆さんが必死に行動していたからこそ、放送による生徒総会が無事終了したのです。福木中学校の生徒はボランティアに積極的に参加したり、清掃活動にも丁寧に取り組んだりしています。そのような姿は本当に自慢できることだと私は思っています。できる生徒の皆さんだからこそ、頑張ってほしいと心から願っています。

 今日で6月が終わります。この半年はコロナ対策に追われた日々でしたが、これからも新型コロナウイルスとの共存生活は続きます。令和2年の残り6ヶ月、社会に出るための準備期間である一日一日を大切にし、今の自分自身に満足することなく、それぞれの目標に向かって成長し続けましょう。
生徒の皆さんが“公の場で通用する人”となることを私は信じています。

令和2年6月30日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀


〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

校長メッセージ 約2ヶ月遅れの参観・懇談会

夏至を過ぎ、これからは昼間の時間が徐々に短くなっていきますが、日中の暑さは逆に強まる一方で、体調管理に十分気をつけなければならない毎日です。
今日は今年度初めての参観そして学級懇談会となりましたが、多くの保護者の方々にお越しいただきました。本当にありがとうございます。また、感染症予防対策にもご理解とご協力をいただき、昨年度までとは異なる新しい生活様式の中での行事となり、いろいろとご不便をおかけしたかと思いますが、初めて経験する環境で精一杯学校生活を送っている素晴らしい生徒の姿を是非ご覧いただきたく本日開催いたしました。
お子様の姿、いかがでしたでしょうか。中学生らしくなった1年生、先輩となった2年生、最上級生という福木中の顔となった3年生ですが、4月当初とはそれぞれ顔つきが変わってきたと思っています。私は学校が再開となってから毎日、教室を回りながら生徒の姿を見ていますが、本当に成長していると実感しています。時には、失敗して注意されている姿を見ることもありますが、成長過程ではとても重要なことですので、二度と失敗を繰り返さないようになってほしいと願っています。ご家庭におかれましてもお声がけをいただきますようお願いします。
本日の授業参観、学級懇談会に参加され、お気づきの点がありましたら、遠慮なく学校までご連絡ください。
なお、今後も生徒の様子につきましては、ホームページ等で積極的に発信して参りますが、参観日の設定の有無にかかわらず、いつでもご都合の良いときに学校へ直接お越しくださってもかまいませんので、どうぞよろしくお願いいたします。

生徒の皆さん、今年度初めての参観日、どうでしたか。普段通りの授業スタイルで参加できましたか。一生懸命、授業に参加していることはわかっていますが、初めての参観日で緊張した人も多かったのではないでしょうか。一日一日を大切に過ごし、少しずつでも成長するようにこれからも努力し続けましょう。
また、この週末の学習の振り返りには、ホームページに掲載している「今週の学習のポイント」を活用してください。一度に多くのことに取り組むのは、誰も嫌なことです。コツコツと取り組むことが成功への近道ですので、皆さんの頑張りを期待していますね。

この週末も蒸し暑い予報となっていますので体調に留意しながら、新型コロナウィルス感染防止・熱中症対策を忘れず、自分の時間を有意義に過ごして、来週30日火曜日に元気に登校して来てください。

令和2年6月27日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀


〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜


何でも相談室

校長室を何でも相談室として開いています。
1年生が、その掲示用看板を作ってくれました。
これがあるときは、「どうぞ」という意味です。

遠慮なく、何でも相談に来てください。
画像1 画像1

校長メッセージ “公の場で通用する人”になろう

夏至の日の昨日21日(日)の夕方、昨年の12月26日以来、約半年ぶりの部分日食でしたが、皆さんは観測できましたか。自然の偉大さを実感できる時間でした。見逃した人は10年後の2030年6月1日、是非とも観測してください。

6月も残すところ一週間余りとなり、令和2年(2020年)も折り返しを迎えます。本来なら東京オリンピックまであと1ヶ月で国内全体が盛り上がり、オリンピック一色になっていたはずですが、今年はずっと新型コロナウィルス感染症予防・対策に真剣に取り組んできた日々になっています。このような状況においても3年生の皆さんにとっては、義務教育最終学年の学校生活であり、次の進路を本気で考える大切な時となっています。今月から始めた3年生の自己PRにおいて、自らの進路をはっきりと説明してくれる人、その実現に向けて真剣に取り組んでいこうという決意を伝えてくれる人などがいて、頼もしい限りです。必ず現実のものとなるように、最後まで努力し続けてほしいし、私にできることがあれば精一杯応援したいと思っています。

私はちょうど一年前、ある言葉に出会い、それ以来、マイブームにしています。
それは、“公の場で通用する人”です。
この言葉は言い換えると『TPOをわきまえることができる人』つまり、場面に合わせて服装や言葉遣い、マナーを使い分けて行動することができる人と言ってもいいと思います。
生徒の皆さんは、いずれは社会へ旅立ちます。その時、このような人となって活躍できるように成長させることが私たち教師の役割だと考え、毎日、皆さんと一緒に学校生活を過ごしています。
失敗してもいいんです。「失敗は成功のもと」と言われるくらい、失敗から学ぶことは大変多いです。勉強においては間違いを大切にすることで同じ間違いをしないようになります。
この週末、学習ポイントの振り返りはしましたか。小さな努力かもしれませんが、コツコツと繰り返し、継続することこそ、成功への道へとつながっています。私は、皆さんが実行する人となり、学習面で自信を持ち、最終的には、福木中312名の生徒全員が“公の場で通用する人”となることができるよう、時に優しく、時に厳しく一人一人のことをいつも想い、先生たちと共に指導していきたいと考えています。一緒に頑張りましょう。

今週は土曜までの登校が予定されており、長い一週間になります。蒸し暑い気候の時ですが、体調に留意しながら、これまで同様に本校の生徒らしく何事にも真剣に取り組んでいきましょう。困ったときには、「なんでも相談室」を利用してくださいね。
それでは、新型コロナウィルス感染防止・熱中症対策を忘れず、元気に過ごしましょう。

令和2年6月22日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀


〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜


校長メッセージ “なんでも相談室”へどうぞ

梅雨に入り、一時的には心配になるほどの大雨が降った週末でした。皆さんはどのように過ごしたでしょうか。週末お願いした学習ポイントを活用した学習の振り返りはできたでしょうか。わからないことがあれば、早めに先生に質問してくださいね。
土曜日には今年初めての漢字検定に23人がチャレンジしました。自分自身が設定した壁を乗り越えていくという姿勢はとても素晴らしいことであり、漢検をはじめ、英検、数検などに今後も多くの人に挑戦してほしいと思っています。

学校生活は感染防止対策をとりながらも以前のような雰囲気に戻りつつあります。私は、学校の主役は生徒だと思っています。皆さんが活躍できるような状況を真剣に考えている先生たちとともに、毎日一生懸命頑張っている皆さんの姿を見ると、嬉しく、そして頼もしく感じられ立派だなと思うことばかりですが、もしかしたら新たな学習や様々な活動などで戸惑うことがあるのかもしれないと感じています。
そこで、今年度、皆さんの福木中学校をもっと生徒が主役の学校にするために生徒の皆さんや保護者の方々が日頃から思われていることや考えていることなどについて、気軽に相談できる場所として、校長室を「なんでも相談室」として解放することとしました。
先週から3年生が自己PRに来室していますが、1・2年生の皆さんもまた、保護者の方々もどうぞ来室してください。来客対応や出張等で対応が難しいときがあるかもしれませんので、事前に連絡をしていただければ調整いたします。「なんでも相談室」へ遠慮なくお越しください。

 生徒の皆さん、今週は6時間授業の一週間です。暑さに負けないように体調に留意しながら、自らの成長を目指して、何事にも全力で取り組むことができる福木中生徒の力を発揮してください。もちろん、感染防止対策そして熱中症対策は忘れないでください。
元気に過ごしましょう。

令和2年6月15日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀


〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

画像1 画像1

校長メッセージ “生徒の素晴らしい力に感動!”

 6月も2週間が終わります。昼食をとり、6時間授業そして部活動と本来の学校生活のリズムが戻りつつあります。毎日、元気に過ごしている生徒の皆さんの姿を見ると、学校ってこうでなければならないなととても実感しています。これからもずっとこのような学校生活が続けられるように、感染防止対策及び熱中症対策である3密回避とともに、“3とる(身体的距離をとる、マスクをとる、水分をとる)”に継続して取り組みましょう。

今週から3年生の皆さんに校長室へ来て自己PRをお願いしました。現在、24名の生徒から話を聞くことができました。いろいろなことを話してくれるので、とても嬉しいです。
今日のことですが、「福木中学校のいいところ」について尋ねたときに、ボランティア活動が熱心であること、生徒数は少ないけど全員が協力して行事に取り組むこと、掃除が徹底してできることなどを教えてくれました。と同時に、先生たちが優しく、最後まで丁寧に指導してくれること、生徒のことを真剣に考えてくれる先生たちがいることと話してくれました。
私は先生方にこのような評価をいただいたことを本当に嬉しく思っています。
先生方は労力を惜しまず、生徒の成長のために何ができるかを真剣に考えています。仕事だから当然と言えばそうですが、どの学校にもない福木中らしい教育活動を実践することに真剣に取り組んでいるからこそ、生徒に伝わっていると思います。
しかし、私はそれ以上に“生徒の素晴らしい力”を実感しています。
学校ではチャイムが決められた時間になりますが、生徒たちはチャイムではなく、時間で行動できる姿が見られます。5分前には集合完了したり、活動に取りかかったりという姿勢は本当に評価でき、チャイムのない学校になっても大丈夫だと思えるほどです。
一人ではなかなかできないことであっても、周りの友達が支え合って一緒に行動することで、確実に成長していると思います。人間だから失敗はありますが、二度としないように反省し、気持ちを新たに行動できている、日に日に成長しているのが、今の福木中生徒です。
そのような皆さんと一緒にこの福木中学校で過ごす1日1日はとても有意義で本当に幸せです。これからもみんなで心を一つにして、何事にも真剣に取り組み、皆さん一人一人が主役で輝く学校を創っていきましょう。

保護者の皆様へ
本校に対する皆様のご理解・ご協力をいただいていることに本当に感謝いたします。新たな取組や急な変更などでご心配、ご迷惑をおかけしますが、生徒が主役の学校の実現に向け、工夫しながら一層取り組んで参ります。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最後に、私は、生徒の皆さんが勉強がわかって、できるようになってほしいと心から願っています。そのための手立てとして、今週の学習のポイントを各教科の先生方がまとめ、ホームページに掲載しています。土日に是非一度は確認し、自分のために取り組んでください。

令和2年6月12日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜 福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう 〜

お願い)3年生の皆さんに取り組んでもらいたいこと

卒業まで10ヶ月を切り、中学校生活も短くなってきました。本来であれば、4月当初から、いろいろな場面で皆さんと一緒に活動し、一人一人のことを知ることができたと思いますが、今年は臨時休業や活動自粛などで接する場面が多くありませんでした。約2ヶ月前にこの福木中学校へ異動してきた私は、皆さんのことをもっと知り、一人一人に合った応援をしたい、そして、中学校卒業後に新たな世界に進む皆さんに少しでも適切なアドバイスができればなと思っています。
そこで………
自己PRをしに、校長室に来てください。今回は面接試験ではないので、気軽に来室してください。友達と一緒でも大丈夫です。でも密には気をつけてください。
最低1回は必ず、何度でもかまいません。
休憩時間や放課後など、皆さんの都合がいいときを利用して来てください。
締め切りは広島地方の梅雨明けの日とします。
どうぞよろしくお願いします。

 6月9日 

福木中学校長 光好秀紀

校長メッセージ “学習の種「今週の学習ポイント」”

 毎日、校内を回りながら、生徒の皆さんが頑張って授業に参加している姿を見るのがとても幸せです。一斉登校の一週間が終わり、徐々にですが学習のペースをつかんでいるように感じます。これからは梅雨そして夏を迎え、環境的には厳しい状況となります。さらに今年はwithコロナ時代の新たな学校生活という初めてのことが待っています。
学校では、臨時休業中のできなかった授業をいろいろと工夫しながら、生徒の皆さんに学力等が身につくように取り組んでいますが、確実に身につけてほしい内容について、先週金曜日に“今週の学習ポイント”として、ホームページに掲載しました。この取組は今後も継続していくこととしていますが、週末の家庭学習において、この点だけは確実にクリアできるようにしていただきたいと考えています。家庭において生徒の皆さん自らがアクセスできるのであれば、土日の学習時に活用してください。
先週末、あるニュースの中で、「種をまき続ければ必ず花は咲く」という言葉を目にしました。先生たちは、生徒の皆さんに勉強がわかるようになり、そしてできるようになってほしいと願い、日々いろいろと考えながら指導しています。私は、本校のすべての生徒が毎週“今週の学習のポイント”に取り組み、それぞれの学習内容を理解し、できるようになることを願っています。また、これから“今週の学習ポイント”以外にも、学習活動に関するいろいろな“種”を巻き続けたいと思います。
生徒の皆さん、一緒に頑張っていきましょう。何かわからないことがあれば、いつでも聞きに来てください。
保護者の皆様にはお手数をおかけいたしますが、ご理解とご協力をどうぞよろしくお願いします。

令和2年6月8日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

学校だより

警報対応マニュアル

行事予定

いじめ等の防止

年間行事予定

その他

コロナウィルス対応

シラバス

事務室より

今週の学習ポイント

学校長より

広島市立福木中学校
住所:広島県広島市東区馬木九丁目1-5
TEL:082-899-2240