最新更新日:2020/08/07
本日:count up17
昨日:38
総数:54666
令和3年度向け学校説明会は9月11日(金)15:50〜です。ぜひご参加ください。コロナ感染症だけでなく、熱中症に注意してください。

校長メッセージ “ノートって誰のもの?”

明日の海の日、スポーツの日、土日と続く4連休、皆さんはどのように過ごしますか。当初の予定では東京オリンピックが開会し、日本国中が盛り上がっているはずだったのですが、、、、、。とにかく今は、新型コロナウイルスとの共存生活の中で、感染防止対策と熱中症対策を確実に実行し、出された課題にコツコツと取り組んでいきましょう。
ところで、毎日、授業中皆さんの頑張っている様子を見るために教室を回っていますが、私は数学科の教員でしたので、特に数学の授業ではどの学年・学級も、生徒の皆さんが理解できているのかが気になって仕方ありません。例題に取り組んだあとに取り組む練習問題の解答が書かれているノートやワークブック、練習プリントなどを見たとき、「これでいいのかなぁ?」とか「これでは○にならないかも」とつぶやくことがあります。その時、多くの生徒はすぐに消しゴムで消すんです。私はせっかくできあがった作品を振り出しに戻すその動作がとても残念で、「消さないでいいから、横に書こうよ。」と伝えます。これは今も昔も変わりません。私が教えてきた生徒(47歳〜32歳)も同じで、「ノートには×を書きたくないから間違いを直すために消すんです」とか、「×があると解けていないとノート提出の時に先生に思われるから」とか「きれいじゃないと嫌だから」という生徒ばかりでした。確かにノートにはすべて○で×がない方がいいのかもしれませんが、「誰のためのノートなのかということを考えてみてよ」といつも伝えていました。
皆さん、復習するときやテスト勉強するときのことを思い浮かべてください。すべて○で、どのような問題も確実に理解していて、できる・わかるという自信があったとしても、もう一度見直しはするはずです。×が書かれていれば、どこを間違えたのかが一目瞭然だし、その問題を確実にできるように重点的に復習することで、自分の弱点を克服することができます。すなわち、間違いというものが効率よく勉強するツールとなって本当に役立つということです。ノートは提出先の先生のためでなく、自分のためなのです。×があっていいんです。×がないようにきれいにするではなく、丁寧に書くことを心がけていれば大丈夫です。
自分が繰り返し勉強しなければいけないところを教えてくれる素敵なノートを一人でも多くの人が完成することを祈っています。
もちろん、きちんと理解し、×がないようにすることを目指しましょう。

今週月曜日の放課後、3年生2人がその日に学習した内容についてもう一度教えてほしいと校長室を訪ねてきました。17時までという短い時間でしたが、1つ1つの不明点を一緒に考えると、下校時に「わかりました。そう考えればいいんですね。」と言ってくれました。また、火曜日の2年生の授業では、私に質問した生徒が自信を持って前で発表してくれたり、授業後「今日の授業はよくわかりました。また、次も来てください。」と笑顔と共に言ってくれたことは、本当にうれしかったです。
私は、これからも一人でも多くの生徒が「なるほど。わかった」と感じられるように、学習に関して生徒の皆さんを精一杯サポートしたいと思っています。一緒に頑張りましょうね。

令和2年7月22日                           
広島市立福木中学校長 光好秀紀

〜福木中のみんなの心を一つにして 元気にがんばろう〜

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
行事予定
8/11 代替休業日
8/12 学校閉庁日
8/13 学校閉庁日
8/14 学校閉庁日
8/17 授業再開

学校だより

警報対応マニュアル

行事予定

いじめ等の防止

年間行事予定

その他

コロナウィルス対応

シラバス

就学援助申請

今週の学習ポイント

学校長より

広島市立福木中学校
住所:広島県広島市東区馬木九丁目1-5
TEL:082-899-2240