最新更新日:2018/02/22
本日:count up3
昨日:51
総数:62687
卒業証書授与式は3月20日(火)です。

独自献立「6年4組が考えた献立」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 〈2月21日の給食〉

 鯛めし みそ汁 牛乳

 今日は6年生が言語・数理運用科の勉強の中で考えたメニューを給食で実施しました。
 今日の献立は6年4組の児童が考えた献立です。
 鯛めしは地場産物と季節を意識して考えられた献立です。瀬戸内海でよくとれる黒鯛と冬が旬で広島の特産品の広島菜漬を使っています。黒鯛と広島菜漬の味や食感がよく合い,またそれにごぼうや油揚げなどの味や風味が加わったので,魚や広島菜漬があまり得意ではない人もおいしく食べることができたいうと感想がたくさんありました。地場産物の黒鯛と広島菜漬の特長やおいしさを生かした献立でした。
 みそ汁はおいしく野菜をたっぷり食べてもらおうと考えられた献立です。広島県産の豚肉やだいこん,ねぎや煮干しなど地場産物の他,広島の業者が作った豆腐やこんにゃくなど広島県のおいしいものが詰まったみそ汁でした。彩りがよく,栄養満点のみそ汁になりました。
 児童からは「鯛めしの味が好き」「鯛めしの具がごはんとよく合っていた(おかわりしました)」「広島菜が入っていてうれしい(3年生)」「おみそ汁は大好き」「おいしいものがいっぱい入っているからすごい汁だ思った」などたくさんの感想がありました。
 東野小学校のみんなが冬らしいと季節を感じ,また食べ物のおいしさを再発見できた給食になりました。

 6年生が考えた4回のメニューはどれも好評で,他の学年からも感謝の声をたくさん聞くことができました。6年生のみなさんありがとうございました。

独自献立「6年3組が考えた献立」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
〈2月16日の給食〉

 麦ごはん お好み揚げ 栄養満点。広島あっさりスープ 牛乳

 今日は6年生が言語・数理運用科の勉強の中で考えたメニューを給食で実施しました。
 今日の献立は6年3組の児童が考えた献立です。
 広島で取れるものをみんなに知ってもらおうと主菜・副菜の両方に地場産物をたくさん取り入れています。
 お好み揚げは,広島で有名なお好み焼きを給食に取り入れようと考えた献立です。給食室では焼くことができないため,お好み焼きの具を混ぜ合わせ,油で揚げました。いつもの給食ではお好み揚げにはえびやいかを使うことが多いのですが,今日は広島県産の豚肉を使いました。またお好み揚げには地場の企業が作った広島の特産品のお好みソースをかけて食べました。
 栄養満点。広島あっさりスープはにんじん以外の具材に広島の地場産物を使い,作りました。かくし味に入れたレモンはわかりにくかったようでしたが,野菜や肉がしっかり入ったさっぱりしたスープになりました。
 児童からは「ソースの味がおいしくてごはんがすすんだ」「中がふわふわで外はカリッとしていておいしい」「スープにたくさんの具が入っていて栄養満点だと思った」「スープとお好み揚げの組み合わせがよかった」などたくさんの感想がありました。
 東野小学校のみんなが広島のおいしい食べ物や料理を知ることのできるおいしい給食になりました。

なかよし会(1年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
地域にある幼稚園や保育園と1年生が「なかよし会」(交流会)を開きました。

1年生は小学校のことを知ってもらい、楽しんで欲しいと、
クイズを考えたり、教科書の説明を考えて、準備を行ってきました。

どの児童もとても張り切って幼稚園や保育園の子どもたちに話すことができました。さすが1年生!!!
終わった後も、満足顔で感想を伝え合うことができました。

独自献立「6年1組が考えた献立」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 〈2月9日〉

 麦ごはん 広島あったかカープなべ 小松菜ともやしの中華あえ 牛乳

 今日は6年生が言語・数理運用科の勉強の中で考えたメニューを給食で実施しました。
 今日の献立は6年1組の児童が考えた献立で,冬が旬の地場産物をたくさん使っています。
 「広島あったかカープなべ」は冬が旬の地場産物を食べて冬をのりきってほしいという思いでたてられた献立です。はくさいや春菊など冬が旬の食材を取り入れています。本当は冬が旬のカキも使った献立でしたが,予算の都合で入れることができず,代わりに県内産の豚肉を使いました。キムチの赤い色が入ったカープなべは,体があたたまり,冬をのりきることのできる料理でした。
 「小松菜ともやしの中華あえ」は冬が旬の小松菜を使い,また小松菜,もやし,ちりめんいりこと広島の地場産物が集まった和え物です。小松菜ともやしのシャキシャキした食感が人気の彩りのきれいな和え物になりました。
 今日の給食には「体と心があたたまった」「カープの名前がついていてうれしい」「緑色やオレンジ色があってきれい」「栄養満点で元気になりそう」などとたくさんの声がありました。
 東野小学校のみんなが寒い冬をのりきることのできそうな栄養満点のあたたかい給食になりました。

独自献立 「6年2組が考えた献立」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 〈2月7日の給食〉

 麦ごはん ちくわの天ぷら HIROSHIMAシャキシャキサラダ はるさめスープ

 今日は6年生が言語・数理運用科の勉強の中で考えたメニューを給食で実施しました。
 今日の献立は6年2組の児童が考えた献立です。
 地場産物を取り入れるとともに,東野小学校みんなの好みも考えてたてた献立で,使用食材も地場産物や地元の業者が作った食材をたくさん使いました。
 ちくわの天ぷらには青のりと黒ごまを使い2種類の異なる味の天ぷらでした。黒ごまの香ばしさと青のりの風味を楽しむことができました。
 HIROSHIMAシャキシャキサラダは広島産のちりめんいりこを加え,より広島らしいサラダに仕上がりました。
 はるさめスープは春雨の他に,もやしやたけのこなどたくさんの野菜が入り,体の温まるスープでした。
 みんなの好みも考えてたてた今日の給食は「好きなものがたくさん入っていた」「ちくわがもちもちでおいしかった」「サラダがシャキシャキで彩りがよかった」「春雨が入っていたから,お汁が100倍おいしくなった」などとたくさんの声がありました。
 東野小学校のみんなが喜ぶおいしい給食になりました。

行事食「全国学校給食週間」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 〈1月29日の給食〉

 おむすび さけの塩焼き みそすいとん 牛乳

 1月24日から30日は「全国学校給食週間」です。これは「毎日給食をおいしく楽しく食べられることに感謝し,給食や食べ物の大切さについて考えてみよう」という週間です。
 今日の給食は全国学校給食週間にちなんで給食が始まった明治22年ごろに食べられていたおむすびとさけの塩焼き,昭和30年ごろに食べられていたみそすいとんを取り入れた献立でした。
 児童は焼のりに麦ごはんとひじきつくだにを入れて自分でおむすびを作って食べました。大きいのりを切って何個かのおむすびを作ったり,1枚の大きなのりをそのまま使って大きなおむすびを作ったりといろいろなおむすびが出来上がっていました。
 またみそすいとんは食べものが少なかった時代に少しでもお腹がいっぱいになるように小麦粉で作った団子をみそ汁に入れた料理です。
 小麦粉で作った団子はもちとは違った食感で苦手な児童もいたようでしたが,食べ物のなかった時代の食べ物を食べて,食べられることに感謝する気持ちを育ててほしいと思います。

総合的な学習(3年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 1月30日、盲導犬ユーザーの方の話を聞きました。目の不自由な方がどのような時に困るのか、一緒に歩くときにはどのように補助をするのかなどを聞くことができました。音と白杖を頼りに歩くだけでは溝に落ちてしまうこともあったけれど、盲導犬と歩くことで安心して歩くことができるようになったそうです。
 また、時計やオセロなどの生活用品も見せていただきました。お金も手触りや大きさで区別することができるのを聞いて驚きました。困っている場面を見掛けた時に声を掛けようという気持ちを持つことができました。

オリジナル給食「しまなみのめぐみ給食」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
〈1月26日の給食〉

 おからドーナッツ 広島名物たっぷり塩レモン焼きそば ほうれんそうサラダ 牛乳

 今日は,広島市の統一献立を中止し,東野小学校のオリジナル給食「しまなみのめぐみ給食」を実施しました。
 しまなみ地域で有名な食材や東野小学校の近くの畑で作られたほうれんそうを使った献立で,地場産物をたくさん使った給食でした。
 おからと豆乳を使ったおからドーナッツは,給食室で生地作り,丸めて揚げるという作業を行い,今日は約2,400個のドーナッツを作りました。
 広島名物たっぷり塩レモン焼きそばは,しまなみ地域で有名なレモンとたこを使いました。ソースとは違うさっぱりした味付けの焼きそばになりました。
 ほうれんそうサラダは中筋や東野の生産者の方に作っていただいたほうれんそうを使ってサラダを作りました。今日のために収穫していただいたほうれんそうは甘くておいしかったです。
 オリジナル給食の実施前には「おからドーナッツが楽しみ」と言っている子どもがたくさんいましたが,給食終了後には「どれもおいしかった。」「ドーナッツがおいしかった。」「焼きそばのおかわりをした。」「ほうれんそうサラダが今までのサラダの中で一番おいしかった」など、どの献立も喜んで食べたようでした。
 またたくさんの子どもたちが「おいしかったです。」「ありがとうございました。」などお礼を言いに給食室へ来てくれました。
 生産者の方や調理する人への感謝の気持ちを育むことができた給食になりました。
 

校外学習(3年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
社会科「事件・事故から命を守る」の学習で、広島県警交通管制センターに行きました。安全で円滑な交通状態になるように信号機を操作したりラジオで知らせたりしていることが分かりました。自転車を安全に乗るための5つのルールを教えてもらい、交通ルールを守ることで自分の命を守ることができるのだと確認することができました。

社会科の学習(3年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
3年生は社会科の学習で安全・安心なくらしを守ることについて学習します。1月18日、避難訓練の後に救助工作車の道具について説明していただきました。実際にライトを点けて見せてもらったり、服を着させてもらったりしました。服は装備も合わせると10キロを越えると聞き驚きました。救助するための様々な工夫を知ることができたので、これからの学習に生かしていきたいと思います。

生け花教室(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 16日(火)・17日(水)二日間にわたり,生け花教室を行いました。お茶クラブの指導をしてくださったり、職員室前の花を生けてくださっている村上先生,湯川先生に生け方を教えていただきました。バランスを考えたり,長短を意識したりしながら,思い思いの作品に仕上げることができました。初めて花を生けた児童も多く,とても良い経験になりました。

書き初め大会(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
 6年生全員で,体育館にて書き初め大会を行いました。いつもとは違う雰囲気の中で苦戦している児童もいましたが,徐々に新年の思いを字に込めて集中して書くことができました。

ヴォーカル・アンサンブル・コンテストinひろしま(東野コン・ブリオ)

画像1 画像1 画像2 画像2
 1月14日(日)エリザベト音楽大学で開かれたヴォーカル・アンサンブル・コンテストinひろしまに東野コン・ブリオが出場しました。
 聖堂のような美しく響きのあるホールでのコンテストに初出場しました。強豪校の演奏の中、力をしっかり発揮することができました。東野コン・ブリオの明るく美しい歌声も会場を魅了し、奨励賞をいただきました。

行事食「正月」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 <1月15日の給食>

 松葉ごはん 雑煮 剣えびのから揚げ 栗きんとん 牛乳
 
 今日は「正月」の行事にちなんだ献立でした。
 日本の食文化のひとつとして,正月にその地方や家庭に伝わる雑煮やおせち料理を食べる習慣が今に伝わっています。おせち料理に使う材料や料理には,一つ一つ「夢」や「願い」がこめられています。
 今日の給食の松葉ごはんに入っているこんぶは「よろこぶ」,えびは「腰が曲がるまで長生きできるように」,黄金色の栗きんとんは,宝物にたとえ,「豊かで幸せになりますように」という願いが込められています。
 また雑煮には,金時にんじんや地場産物の水菜を使いました。赤と緑の彩りがきれいな雑煮になりました。
 

校外学習(3年生)

画像1 画像1 画像2 画像2
3年生は総合的な学習で、広島菜漬けを作ります。1月11日、川内にあるJA広島菜漬センターに見学に行きました。広島菜漬けを作る行程や気を付けていることなどを教えていただきました。教えていただいたことを1月16日の本漬けに生かしていきたいと思います。

学校朝会(冬休み明け)

画像1 画像1 画像2 画像2
 転入生1名を含め、799名で新年の学校がスタートしました。寒い中、笑顔いっぱいの子どもたちが体育館に集合し、全校朝会を行いました。
 校長先生のお話では、お正月のいわれをお話されました。お正月は年神様をお迎えする行事で、しめ飾りや鏡餅、おせち料理などの由来も教えていただきました。
 また、今年の言葉として「間違いや失敗は、われわれが前進するための訓練である。」を示してくださいました。間違いや失敗を恐れずチャレンジしていく1年にしていこうと話されました。各教室でも、「教室はまちがうところだ」という詩を読み、みんなで認め合い、高まっていく学級にしていこうと話し合いました。 

学校朝会(冬休み前)

画像1 画像1 画像2 画像2
 冬休み前の学校朝会がありました。
 校長先生のお話では、1年間のふり返りをされました。今年の初めにお話された「勇気のあるところに希望あり」という言葉についてもお話がありました。
 冬休みの生活についてお話もありました。交通事故、火の事故、不審者に気をつけてすごすことやお金の使い方やお店で注意することなど、冬休みに特に気をつけることについてお話がありました。
 きまりを守って楽しい冬休みをすごしましょう。

郷土食「広島県」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 <12月20日の給食>

 麦ごはん 呉の肉じゃが カキフライ 温野菜 みかん 牛乳

 今日は広島県の郷土食の献立でした。
 呉の肉じゃがと広島県が生産量日本一のカキを使ったカキフライを取り入れました。
 呉の肉じゃがは普通の肉じゃがと違い,にんじんや青みの野菜を使わず作ります。また炒め油にごま油を使っています。そのため,今日は肉じゃがの具材を炒め始めると給食室中に,ごま油の良い香りが広がりました。しっかり煮込んだので,味がしみこんだおいしい肉じゃがになりました。
 カキフライには広島県産のカキを使いました。身が大きくおいしいカキを給食室で丁寧に揚げました。
 またデザートに使ったみかんも広島県産のみかんが入りました。オレンジ色がきれいな形の良いみかんで甘いみかんでした。
 カキは苦手な子どももいたようでしたが,今日は広島の特産品や地場産物を使った広島ならではの給食になりました。

行事食「クリスマス」

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 <12月18日の給食>

 キャロットピラフ 鶏肉のから揚げ レモンあえ 野菜スープ ショートケーキ 牛乳

 今日はクリスマスの行事食でした。給食に骨付きの鶏肉のから揚げやケーキを取り入れました。世界の国々では,クリスマスにシュトーレンというドライフルーツ入りのケーキやブッシュドノエルという切り株の形のケーキ,クッキーなどを食べたりする習慣があります。
 給食ではショートケーキを取り入れましたが,子どもたちは何日も前から「どんなケーキかな?」「から揚げはいつもと違うの?」などと楽しみに待っていたようでした。
 給食室ではクリスマス給食を楽しんでもらおうとケーキの箱をラッピングしたり,野菜スープにクラスに3つずつ星型に抜いたにんじんを入れるなどの工夫をしました。
 給食後にはたくさんの子どもたちから「今日の給食おいしかったです。ありがとうございました。」「好きなものばかりだったよ。」などとお礼の声がありました。
 給食の残りも大変少なく,楽しい給食時間だったのではないかと思います。

お弁当作り(6年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 家庭科の学習で献立作りについて学びました。学習を生かして栄養バランスを整え、自分たちで作れるお弁当の献立を考えました。食材の買出しもグループごとに行い、購入した物を上手に使ってお弁当を作って食べました。
 量や予算を考えての買い物、好みや味付けを考えながら手順良く調理することの難しさを感じながらも、学習したことを生かし、グループの友達と協力して安心安全でおいしいお弁当作りができました。うまくできるか不安もあったようですが、1食分を自分たちの力で作った達成感を味わっていました。おうちの方は毎日献立を立てて、一人で調理してくださっていることに改めて驚きと感謝の気持ちを持つことができたようです。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
行 事
2/23 ベルマーク回収日 5年校外学習
2/26 体育館ひな壇設置
2/27 朝読 6年生を送る会 わくわくタイム
3/1 朝読 委員会・クラブ(反省)  
広島市立東野小学校
住所:広島県広島市安佐南区東野一丁目7番1号
TEL:082-870-6801