最新更新日:2016/12/07
本日:count up5
昨日:86
総数:171737
平成28年度 藤の木小学校公開研究会への参加ありがとうございました。約140名の方々に本校の取組をみていただきました。

握力強化週間(12/6〜12/13)

画像1画像2画像3
 12月6日から本校体力つくりの課題である『握力』を鍛える、握力強化週間がスタートしました。運動場の遊具(うんてい・のぼりぼう・てつぼう)にぶらさがったり、1つとばしですすんだり、上まで手だけでのぼったりします。あく力アップカードをクリアーすると、超あく力アップカードにチャレンジします。今月のがんばりカードの「月に4回以上はうんてい、ジャングルジム、のぼりぼう、てつぼうで遊ぶ」はみんな『4:よくできた』になりそうです。

たくさん学んだ校外学習 12月6日

画像1画像2画像3
3年生は、社会科の学習でオタフクソース工場と、広島市水産振興センターへ見学に行きました。

オタフクソース工場へは、「安心・安全・おいしい」のために、どんな工夫があるかを探りにいきました。
工場に入るための服装や、工場の部屋や機械の工夫など、たくさんのことを教えてもらいました。

広島市水産振興センターでは、牡蠣の養殖のしくみや、稚魚を育てている様子を見せてもらい、水産業をまもるための努力について教えてもらいました。

普段見れないことをたくさん見て、聞いて、匂って・・・
一日でたくさん学んだ校外学習でした。

佐伯区PTA連合会親善バレーボール大会準優勝

画像1
藤の木小学校PTAバレーボール部が佐伯区PTA連合会親善バレーボール大会で準優勝されました。おめでとうございます。

アシダカグモの赤ちゃん 12月5日

 校舎の3階のかべを歩いている所を、4年生の児童が見つけました。オニグモかな?と色々調べてみましたが、アシダカグモの赤ちゃんでした。アシダカグモは、巣を張りません。ひたすらその長い脚で歩くのです。「脚の色が黒、白、ねずみ色、もようがいっぱい。足が速い。冬なのに元気。」という見つけた児童のコメントは、その特徴をよくとらえていたということですね。今はまだ大きさは2cmですが、大きくなると手のひらの大きさくらいまでになるようです。
画像1
画像2

社会見学へ出発!! 12月6日

 きょうは3年生の社会見学です。オヤフクソースの工場と水産振興センターの見学です。みんなとてもうれしそうです。しっかり、見て、聞いて、学んできましょう。
画像1
画像2
画像3

2年2組 あいさつ運動  12月6日

 今週は2年2組のあいさつ当番です。朝早くから登校して、正門から玄関に向かう道路であいさつをします。寒い中、元気いっぱいのあいさつを聞くと、心がほかほかになりますね。
画像1
画像2
画像3

ジョロウグモ  12月5日

 ジョロウグモのメスです。朝、給食配膳室で、3年生の児童が見つけました。メスなのでとても大きいです。よく見ると、脚は黄色と黒の縞模様、頭胸部は、白と黄と赤の模様、腹部はピンク、赤、黒、白、黄と、とてもきれいな色をしています。「目も小さくてかわいい。」何もしなければかんだりすることはありませんが、かんだ時の威力はすごいようです。クモは昆虫ではありませんが、秋に卵を産むことは同じようです。子孫を残すために寒い冬を越す知恵ですね。
画像1画像2画像3

学校視察   九州大学より 12月1日

画像1画像2画像3
今日の朝、九州大学大学院芸術工学研究院より、13名の方々が来校されました。みなさんは、初等教育のICT活用について、将来的によりよい環境構築を行うための方法について研究されています。
 島本校長先生による本校の取り組みの紹介の後、各教室の授業をみていただきました。
その後、様々な質問をいただきました。「教材づくりは、プログラミングができる専門の方がおられるのか?」「子供たちはパソコンを使うことをどう感じているのか。」など、多岐にわたり熱心に質問されていました。本校のICT活用の取組が調査の役にたてば幸いです。

学校朝会 12/1(木)

画像1画像2画像3
今日は学校朝会の日です。そろばんや絵画の表彰式の後、島本校長先生から「自分の中に、もう一人の自分を育てましょう。困ったとき、悩んだときなど、正しい判断をして自分を助けてくれるのは、もう一人の自分です。だから自分でもう一人の自分を育てていきましょう。そのためにいい方法があります。それは、本を読むことです。伝記を読んでその人の生き方を学んだり、物語・絵本などの登場人物から学んだりすることができます。これから、雨や雪が降って寒い時などは、図書室に行って本を読み、もう一人の自分を育てていきましょう。」と話されました。
 その後、12月10日に出場する、文化の祭典(音楽の部)で発表する5年生みなさんの発表がありました。なかなか難しそうなリコーダーや合唱を、真剣に演奏して聴かせてくれ、学校朝会を終えました。

学校だより12月号・12月の給食配膳表

学校だより12月号12月の給食配膳表を配布文章にアップしました。

6年生校外学習 11/30(水)

画像1画像2画像3
 6年生が校外学習に行きました。バスの中では、みんなわくわく・うきうき。あっという間に山陽女子学園に到着しました。星座や地球の回る速度など質問形式で天体のことを知ることができました。
 広島城では築城した人や広さがマツダスタジアムの31個分の広さがあったこと、広島城が3回建てかえられたことなど詳しく知ることができました
 午後からは、心の劇場 劇団四季の「エルコスの祈り」を鑑賞しました。心を持った1台のロボットエルコスによって学園の子供たちが変わっていくという物語にひきこまれていき「語りかけよう」という歌をみんなで合唱しました。最後に通路で配役の方にハイタッチをしてもらった児童たちはとてもうれしそうでした。今日はとても充実した一日となりました。

11月の残食率0.5%

画像1
11月の残食率は0.5%で、五日市北地区学校給食センターを利用している8校の小学校の中で第2位でした。0%だったメニューは、2日ハヤシライス・スィートポテトサラダ、4日かやくうどん、8日ホキの南部揚げ・かみかみあえ・かき卵汁、9日肉じゃが、10日牛肉と野菜のスープ煮・ウィンナーと小松菜のソテー、11日照り焼きハンバーグ・温野菜・米麺スープ、14日白菜鍋・切干し大根のソース炒め、15日きのこカレーライス・卵とほうれんそうのソテー、17日グリーンサラダ、21日高野豆腐のうま煮・酢の物、22日鶏肉のみそがらめ・豆腐汁、24日大豆シチュー、25日うずみ・ごまあえ、28日大根のピリ辛丼、29日シイラのケチャップソースかけ・きゅうりの塩もみ、30日生揚げの中華煮・はるさめサラダでした。逆に2%以上残ったのは9日スタミナ納豆、18日広島菜漬です。「ひろしま給食100万食プロジェクト」への御協力ありがとうございました。12月もしっかり食べて残食率を減らしましょう。


藤の木小学校公開研究会【講評・講演】(11月25日)

画像1
画像2
画像3
講評・講演「豊かで深い学びとICT活用」−藤の木小の実践を切り口に−
講師   東京学芸大学教育学部総合教育科学系 高橋 純准教授 

 これまで、授業でどのようにICTを活用するかについて研究を進めてきた本校が、今年度は「かく活動」を切り口に、児童の思考・表現の力を伸ばすためにICTをどのように活用するかという、一歩踏み込んだ視点で研究をスタートすることができました。また、次期学習指導要領改訂の方向性をお示しいただく中で、「かく活動」とICT活用を通して,さらに研究を進める道を御示唆いただき、学習の内容と方法の両方を重視し,子供達の学びの過程を質的に高めていくことの重要性をご指導いただきました。御指導いただいたことを糧に子供たちに力をつけるため、授業の質を上げるために取組を進めていきたいと思います。


藤の木小学校公開研究会【なかよし・さわやか】(11月25日)

画像1画像2
なかよし・さわやか学級は自立活動「伝え方名人になろう」の授業を公開しました。IWBを使って課題を提示したり,TPCやワークシートを使って,課題に対する自分のセリフをかく活動を取り入れたりしていました。参加した方から「学級の児童と先生がよい信頼関係をもたれているなと感じた。子供達が自分で考えるヒントがIWBにもたくさん盛り込まれていたので,”自分で考える”ができていたと思います。」と感想をいただきました。

藤の木小学校公開研究会【6−1】(11月25日)

画像1画像2画像3
6年生は社会科「世界の未来と日本の役割」の授業を公開しました。IWB・TPCを使って,国連の機関「ユニセフ」「ユネスコ」に関する情報を提示し,その情報をもとにグループで話し合い,各機関の役割をかく活動を取り入れました。参観した方からは「調べ学習を行い,グループでまとめ,プレゼンテーションをしたら,多大な時間がかかるところを1時間でスピーディーにしかも効率的に行うことができることに驚いた。6年生は力がついていますね。」と感想をいただきました。

藤の木小学校公開研究会【4−1】(11月25日)

画像1画像2
4年生は道徳の時間で「大きな絵はがき」の授業を公開しました。IWBを使って題材を提示したり,TPCを使って自分の考えや感じたことをかく活動を取り入れました。参観した方から「とても活発に意見が出ていた。仲間の意見を聞き,それに対しての意見(つぶやき)がたくさん出ていた。」と感想をいただきました。

藤の木小学校公開研究会【2−1】(11月25日)

画像1画像2
2年1組は国語科「あなのやくわり」の授業を公開しました。IWB・デジタル教科書・TPCを使って、筆者が説明する『理由』を読み取り、メモの中の大事な言葉や文を使って,自分の考えを書く活動を取り入れました。参観した方から「児童が最後のまとめの際に「一緒に考えたい」と言っており、日頃から教師と児童が一緒に考え、学ぶことができているのだと感心しました。」と感想をいただきました。

藤の木小学校公開研究会【1−1】(11月25日)

画像1画像2
1年生は音楽科「おとでよびかけっこ」の授業を公開しました。IWB・TPCを使って、問いのリズムに合う,お気に入りの答えのリズムをつくり、つくったリズムをかく活動を取り入れました。参観した方から「1年生が拍の流れにのってリズムづくりをするのにICTがとても有効に活用されていて、発達段階によって読譜やさらなる音楽の表現活動の高まりにおおいに期待できると感じた。」と感想をいただきました。

藤の木小学校公開研究会【研究提案】(11月25日)

画像1
研究提案 「ICTを効果的に活用した授業づくりの追究」
−授業過程に「かく」活動を位置付けて−
研究主任 村中 智彦

全国各地から約140人の先生方が参加してくださり、広島市立藤の木小学校の公開研究会を開催しました。今回は授業を5つ(1−1・2−1・4−1・6−1・特別支援学級)を公開し、研究協議会では貴重な御意見をいただきました。協議の柱は〇授業におけるICTの効果的な活用、〇かく活動を充実させるための授業過程の工夫とICT活用の工夫でした。研究協議会後は研究主任による研究提案、講師の東京学芸大学教育学部総合教育科学系准教授 高橋 純先生による講演「豊かで深い学びとICT活用」−藤の木小の実践を切り口に−を行いました。

河内地区民生委員・児童委員協議会 視察

画像1画像2画像3
今日は、河内地区民生委員・児童委員、13名の皆さんに視察にお越しいただきました。
各学年の授業を視察された後、島本校長先生が、藤の木小学校の実情についてお話をされ、その後、「パソコンはどれくらいの頻度で使用されているのか?」「無線LANなどとてもすばらしい環境にびっくりしました。」「子供たちがとても、スムーズにパソコンを使用しているのに感心しました」などの質問や感想をいただきました。
 河内地区の民生委員・児童委員協議会の皆様、藤の木小学校にお越しいただきありがとうございました。

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
12/10 5年生広島市文化の祭典音楽の部出演
12/12 5年生代休
12/14 ふれあい相談日
12/15 5年生PTC

非常・緊急時の対応

藤の木小だより

給食配膳表

小・中9年間ガイド

体力つくり

基礎・基本定着状況調査

全国学力・学習状況調査

平成28年度シラバス

広島市立藤の木小学校
住所:広島県広島市佐伯区藤の木二丁目2-1
TEL:082-927-4545