最新更新日:2018/01/18
本日:count up57
昨日:37
総数:112400

12月15日の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:キャロットピラフ 鶏肉のから揚げ レモンあえ 野菜スープ ショートケーキ 牛乳

 今日は,子どもたちが楽しみにしていたクリスマスの献立です。
 鶏肉のから揚げは,鶏手羽中肉に塩,こしょう,ガーリックパウダーで味をつけ,でん粉をつけて,油で揚げています。香ばしい香りと味で大人気でした。
 レモンあえは,ゆでて冷ましたキャベツにレモン果汁とさとうと塩で味をつけました。さっぱりとした味が鶏肉のから揚げによく合いました。
 野菜スープは,たくさんの野菜が入ったコンソメ味のスープです。
 井口小学校では,サンタさんが給食時間に登場し,ケーキをプレゼントしてくれました。子どもたちは大喜びして,クリスマス献立を楽しんでいました。

12月12日(火)の給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
キャッチコピー「海のめぐみホームラン級 ジバットオールスターズ給食」
献立・ごはんとの相性ばつぐん こんぶごはん
  ・瀬戸内海のめぐみ チヌのみかんソースかけ
  ・スパサラ
  ・心も体もぽっかぽか うずみ風豚汁
 6年生は言語・数理運用科で地場産物を使った広島らしい給食の献立を考える学習をしました。クラスごとに考えた献立を井口小学校の独自献立として,今日から2月にかけて実施します。今日は1組の考えた献立でした。給食時間にテレビ放送で,地場産物や郷土料理の楽しい劇があり,井口地区,広島市,広島県の地場産物たっぷり給食をおいしく食べました。

11月29日(水)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:ごはん 瀬戸内お好み 広島菜のごまあえ 西区そだちのみそ汁

 今日の献立は,ほとんどの食材が広島県でとれたものを使った「今が旬!海の幸山の幸たっぷり西区ランチ」です。
 瀬戸内お好みには,広島湾でとれたかきと西区の観音地区でとれた観音ねぎ,北広島町でとれたキャベツ,広島県産小麦粉,米粉,鶏卵が入っています。商工センターに工場があるオタフクソースのお好みソースをかけて食べます。
 広島菜のごまあえには,安佐南区川内地区でとれた広島菜と西区草津で作られたじゃこ天を使いました。
 西区そだちのみそ汁には,井口の鍛治山農園でとれたさつまいも,だいこん,小松菜と,佐伯区石内の奥田農園でとれたにんじん,広島県産の大豆を使ったみそを入れて作りました。
わたしたちの住んでいる近くでとれたたくさんの地場産物を使って,おいしい給食ができました。

11月15日(水)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:うずみ 小いわしのから揚げ 広島菜の炒め物 牛乳

 うずみは,広島県の福山市近辺で食べられている郷土料理です。具をうずめるという言葉から「うずみ」という名前になりました。江戸時代にぜいたくなものを食べることを禁止されていたため,具をごはんで隠して食べたのが始まりと言われています。
 小いわしのから揚げは,広島県の海でとれたものを使っています。骨ごと食べられるので,カルシウムをしっかりとることができます。
 広島菜の炒め物は,安佐南区川内地区でとれた広島菜を使いました。広島菜漬を作る前の生の広島菜は,今の時期しか使えない旬の食べ物です。ゆでてから炒めるので苦みも少なく,ちりめんいりこやさつま揚げのうま味も加わり,おいしくできあがりました。

11月7日(火)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:まつたけごはん さんまの塩焼き のっぺい汁 柿 牛乳

 今日は「秋の献立」です。米,まつたけ,さんま,さといも,だいこん,柿など秋が旬の食べ物を取り入れました。
 さんまには,血管の病気を予防してくれる脂が多く含まれています。骨に気を付けて食べていました。
 柿は,1つ1つへたをとって,皮をむいて,食べやすいように切って出しています。食べ慣れない子も中にはいるようですが,秋においしい食べ物をしっかり味わって食べてほしいと思います。

10月26日(木)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:パン いちごジャム クリーム煮 りっちゃんのサラダ 牛乳

 1年生の国語科で「サラダでげんき」というお話を勉強します。りっちゃんという女の子が,病気のお母さんを元気にするために,サラダを作るお話です。きゅうり,キャベツ,トマトを入れたところで,動物たちが次々とりっちゃんの家を訪れ,アドバイスをします。給食でも,きゅうり,キャベツ,にんじん,ハム,コーン,ミニトマト,かつお節,こんぶ,さとう,油,塩,酢を使い,りっちゃんの作るサラダと同じ材料で作りました。
 1年生は今「サラダでげんき」を勉強しているので,給食に出るのを楽しみにしてくれていました。給食時間に教室をのぞくと,どのクラスでも大人気で,ぱくぱく食べていました。野菜の苦手な子には,「食べたら元気になるんよ」と声かけして応援しているクラスもあり,がんばって食べることができていました。とてもおいしいサラダなので,おうちでもぜひ作って食べてほしいと思います。

10月25日(水)の給食

画像1 画像1
献立:ごはん さばの梅煮 温野菜 八寸 牛乳

 今日は,広島県の郷土食「八寸」です。鶏肉や高野豆腐,こんにゃく,さといも,だいこん,にんじん,ごぼう,干ししいたけを昆布でとっただしと,さとうやしょうゆで味付けした煮物です。昔は直径が八寸(約24センチメートル)のお椀にもりつけていたので,この名前がつきました。大きさを切りそろえて煮ているので,煮くずれずしっかり味がしみ込んだおいしい煮物になりました。食べ慣れていないからか苦手だと思う子もいますが,食べる経験を積んで,少しずつ食べられるようになってほしいと思います。

10月23日(月)の給食

画像1 画像1
献立:豚丼 ししゃものから揚げ おひたし 牛乳

 豚丼は,豚肉だけを先に炒めて味をつけます。肉にしっかり味がついておいしく仕上がります。たまねぎ,にんじん,もやし,ねぎも入り,しょうがのきいた豚丼になりました。
 ししゃもは,片栗粉をつけて油で揚げました。頭からしっぽまで食べることができるので,カルシウムたっぷりで骨や歯を丈夫にしてくれます。
 おひたしは,今からが旬の白菜を使いました。さっとゆでた白菜とにんじんをしょうゆで和えています。

10月16日(月)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
献立:広島カレーライス 野菜ソテー ひろしまいい子いりこ

 「ひろしまいい子いりこ」は,今年のひろしま給食に選ばれた料理です。呉市の小学4年生が考えてくれました。名前を聞くだけで,ワクワクしますね。いりこと昆布に,マーマレードとしょうゆと水を煮たてたたれと,ごまを混ぜ合わせて作りました。カルシウムやミネラルがたっぷりとれます。とても簡単で,おやつやお弁当のおかずにもよいです。ぜひご家庭でも作ってほしいと思います。
 本日,ひろしま給食100万食プロジェクトのチラシと,食育だよりを配布しました。ひろしま給食は,地場産物や料理,栄養バランスなどに関心をもつよい機会です。学校・家庭・地域でひろしま給食メニューを100万食食べることを目標としています。今年もひろしま給食を食べた人数と,(子どもと一緒に)作った回数を調べます。各クラスにシールをはる台紙を準備していますので,ご家庭で一緒に楽しく作って,おいしく食べて,ひろしま給食を盛り上げていただきたいと思います。

10月10日(火)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:麦ごはん 八宝菜 レバーのケチャップソースかけ みかん 牛乳

 10月10日は目の愛護デーです。今日は目によい食べ物を取り入れています。目に必要なたんぱく質やビタミンAを多く含んだレバーやうずら卵,体の中でビタミンAに変わるカロテンを多く含んだにんじんやチンゲン菜を使った献立です。目の健康を考えて,しっかり食べてほしいです。
 また今日は冷凍ではなく,早生みかんがでました。「まだ暑いのにみかんが出るの?」と不思議そうに聞いてくる子もいました。これからみかんのおいしい時期になります。給食でもたくさん登場します。

10月3日(火)の献立

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:麦ごはん 豆腐と豚肉の四川風炒め キャベツの中華あえ 大学いも 牛乳

 豆腐と豚肉の四川風炒めは,豆腐と豚肉の他にも,たまねぎ,にんじん,たけのこ,干ししいたけ,チンゲン菜などたくさんの食材が入っています。今日は455丁もの豆腐をひとつひとつ食べやすい大きさに切って使いました。
 キャベツの中華あえは,ゆでて冷ましたキャベツにしょうゆ,さとう,ごま油で味をつけました。
 大学いもは,乱切りにしたさつまいもを油で揚げ,水あめ,さとう,しょうゆ,塩,酢で作ったタレをからめました。低めの温度でじっくり揚げることで,さつまいもの甘みが増し,外側がカリッとおいしくなります。子どもたちにも大人気でした。さつまいもには,かぜをひきにくくするビタミンCのほか,おなかの調子を整える食物せんいもたくさん含まれています。

10月2日(月)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:ドライカレー チーズポテト りんご 牛乳

 ドライカレーは,牛肉,豚肉,ひよこ豆,たまねぎとにんじんのみじん切りをよく炒めて作ります。カレー粉の他に,トマトケチャップ,ウスターソース,プルーンピューレ,塩,こしょうなどたくさんの調味料を入れ,おいしいドライカレーができました。ひよこ豆は,ガルバンゾーとも呼ばれており,栗のようにホクホクとした食感をしています。食べやすいように,半分に割ったものを使っています。
 チーズポテトは,じゃがいもをゆでて,チーズとパセリと混ぜ合わせて作りました。
 りんごは,4等分に切り,ひとつひとつ芯を取りました。1年生は食べやすいように,もう半分に切り,8分の1を2個にしました。歯の抜けた子もいるので,食べやすかったようです。皮にも栄養がたくさんあり,整腸作用や免疫力を高めてくれる働きなどをしてくれます。皮ごとしっかりかんで食べてほしいです。

9月28日(木)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2
献立:小型パン チョコレートスプレッド カレーうどん フレンチサラダ 冷凍みかん 牛乳

 カレーうどんは,子どもたちの人気メニューのひとつです。煮干しだしとカレーのスパイスがきいたおいしいカレーうどんができあがりました。うどんがのびやすいので,別釜でうどんだけゆでて,仕上げる時間が短くなるように気をつけています。
 フレンチサラダは,ハムとキャベツときゅうりを,給食室手作りのフレンチドレッシングで和えました。
 今日はとても暑い日だったので,冷凍みかんも喜んで食べていました。

9月27日(水)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:中華丼 ししゃものから揚げ 切干し大根のキムチあえ 牛乳

 中華丼は,豚肉,いか,うずら卵,はくさい,たまねぎ,にんじん,きくらげなどたくさんの食材を使って作っています。はくさいは芯と葉を分けて入れたり,うずら卵は中まで温度が上がりにくいのでボイルしてから入れたり,ごはんにかけたときにからみやすいように水溶きでん粉でとろみをつけるなど,おいしく仕上がるようにいろいろな工夫をしています。
 ししゃものから揚げは,ししゃもにでん粉をつけて,油で揚げています。頭からしっぽまで食べられるので,カルシウムをしっかりとることができます。
 切干し大根のキムチあえは,水でもどした切干し大根を食べやすい大きさに切り,さっとゆでて冷まし,キムチときゅうりといっしょに和えました。切干し大根の水気をしっかりきることで味がしみこみ,おいしく仕上がりました。

9月25日(月)の給食

画像1 画像1
献立:麦ごはん 焼き肉 わかめスープ チーズ 牛乳

 焼き肉は,牛肉と豚肉を炒め,しょうゆ,さとう,みりん,酒で味をつけます。そこへ,たまねぎとにんじんを炒めたものと,さっとゆがいたピーマンを加えて炒め合わせます。ピーマンは苦手な子が多いですが,ゆがくことで苦みも少なくなり,色も緑色できれいなまま仕上がります。大人気で,残りはほとんどありませんでした。
 わかめスープは,中華味で,わかめの他に,たまねぎ,だいこん,にんじん,ねぎが入っています。海そうと野菜がたっぷり食べられるスープです。骨や歯を丈夫にするカルシウムや,おなかの調子を整える食物せんいをとることができます。
 

9月22日(金)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:あなごめし 豆腐汁 なし 牛乳

 今日は,広島県の郷土食です。あなごは,廿日市市大野町を中心に瀬戸内海沿岸でとれます。明治34年に宮島口で駅弁として売り出された「あなごめし」は,今では広島県の名産品になっています。給食では,しょうゆごはんにあなごと炒り卵を混ぜた具をのせて食べます。
 豆腐汁は,昆布とかつお節でだしをとり,豆腐,油揚げ,野菜などを入れて作りました。だしがしっかりきいているので,塩分を控えてもおいしい上品な汁になりました。
 なしは,広島県の世羅町でとれた豊水なしです。皮をむき,4等分に切り,芯を取って出しています。甘くて,みずみずしいなしで,旬の味を味わうことができました。

9月21日(木)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:小型バターパン 冷やし中華 きなこフライビーンズ ミニトマト 牛乳

 冷やし中華は,中華麺,ハム,きゅうり,もやし,にんじん,炒り卵を給食室特製の手作りだれと混ぜ合わせて作りました。1000人分の食材をゆがいて冷ます作業はとても大変でしたが,野菜が苦手な子も食べやすかったようで,「全部食べたよ。」と教えてくれる子がいました。
 きなこフライビーンズは,大豆にでん粉をつけて油で揚げ,きな粉とさとうをまぶして作りました。乾燥大豆を沸騰した湯に1時間くらいつけたものを使うので歯ごたえがあり,香ばしい味になっています。

9月20日(水)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:ごはん うま煮 おひたし 冷凍みかん 牛乳

 うま煮は,鶏肉,さつま揚げ,生揚げ,じゃがいも,こんにゃく,だいこん,にんじんの7種類を煮込んで作りました。たくさんの食材のそれぞれの旨味が煮込むことで合わさり,おいしいうま煮になりました。だいこんは味がしみ込みにくいので,下ゆでをしてから煮込みました。 
 おひたしは,ほうれんそう,キャベツ,にんじんをゆがいて冷まし,しょうゆで和えました。ゆがくことでかさが減り,野菜をたくさん食べることができます。
 今日はとても蒸し暑かったので,冷凍みかんもよろこんで食べていました。

9月19日(火)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:麦ごはん ホキのかわり天ぷら ひじきの炒め煮 ひろしまっこ汁 牛乳

 今日は19日なので,食育の日です。ごはんを主食にした一汁二菜の献立で,魚料理と,伝統的な食材を使った料理と,ひろしまっこ汁を組み合わせています。一汁二菜の食事をすると,栄養のバランスが整いやすくなります。
ホキのかわり天ぷらは,衣に卵を使わず,きな粉を入れています。香ばしい香りと,こんがりした色が食欲をそそります。
ひじきの炒め煮は,伝統的な食品のひじきと,にんじん,こんにゃく,さつま揚げを炒めて,煮付けました。しっかり味を煮含めることで食べやすく,ごはんもすすんだようです。
ひろしまっこ汁には,旬の食材とちりめんいりこが使われています。ちりめんいりこは,だしをとるだけでなく,そのまま食べることでカルシウムをとることができます。今日は,旬の食材のなすが入っています。

9月15日(金)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:麦ごはん 煮こみハンバーグきのこソースかけ 温野菜 野菜スープ 牛乳

 煮込みハンバーグきのこソースかけは,トマトケチャップとウスターソースとさとうと水を煮たてた中にハンバーグを入れて煮込みます。そして,野菜ときのこと,ハンバーグを煮込んだソースできのこソースを作って,ハンバーグにかけました。きのこは,広島県産のえのきたけとぶなしめじの2種類を使いました。とても手間のかかる料理ですが,子どもたちはよろこんで食べていました。野菜スープは,セロリーの香りとコーンの甘みがおいしいスープでした。しっかり味のしみこんだハンバーグでごはんもすすみ,ごはんの残りもほとんどありませんでした。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

学校だより

行事予定と下校時刻

広島市立井口小学校
住所:広島県広島市西区井口二丁目13-1
TEL:082-278-3204