最新更新日:2020/04/07
本日:count up11
昨日:288
総数:393120
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

1月14日の給食

画像1
画像2
画像3
 ごはん じゃがいものそぼろ煮 がじつあえ 牛乳

 がじつあえのがじつは「元日」という意味があります。
 がじつあえは、ほうれんそうとあなごを使った和え物で、尾道市でお正月に食べられている郷土料理です。
 瀬戸内海に面し、山もある尾道市では、お正月に「海のものと山のものを合わせていただく」という風習があります。おいしいあなごがとれる瀬戸内地方ならではの料理です。
 また、今日は地場産物の日です。広島県でとれたほうれんそうを使っています。

1月9日の給食

画像1
画像2
画像3
 セルフツナサラダサンド ミネストローネ 牛乳

 今日はツナサラダを食パンにはさんで食べるセルフツナサラダサンドでした。
 展示メニューを見て、「やったー!」とたくさんの嬉しそうな声が聞こえてきました。
 きれいに手を洗って上手にサンドして食べていました。

1月8日の給食

画像1
画像2
画像3
 ごはん 雑煮 えびのから揚げ 栗きんとん 牛乳

 今月のテーマは「食文化について知ろう」
 お正月といえば「おせち料理」があり、その地方や家庭に伝わる雑煮や料理を食べる習慣が今に伝わっています。
 今日のえびのから揚げのえびは、「腰がまがるまで長生きできるように」、黄金色の栗きんとんは、宝物にたとえています。これらには、「豊かで幸せになりますように」という願いが込められています。

1月7日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん 麻婆豆腐 小松菜の中華サラダ 牛乳

 今日は、地場産物の日でした。
 広島県でとれた小松菜を小松菜の中華サラダに使っています。

 今年初めての給食でしたが、「久しぶりの給食おいしいです!」「小松菜の中華サラダが一番好きです!」などうれしい言葉と、元気そうな顔を見ることができました。

12月23日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん うま煮 小松菜のからしあえ 牛乳

 今日は、2019年最後の給食でした。
 4月から残食も少なく、給食をよく食べてくれました。
 子どもたちから、「おいしいです!」という声もたくさん聞くことができました。
 冬休みも、好き嫌いせず、何でも食べて元気に過ごしてほしいです。

12月19日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん さばの梅煮 切干し大根のごま炒め ひろしまっこ汁 牛乳

  今月のテーマ「生活習慣病を予防する食事について知ろう」
 ぶりやさば、いわしなどの背の青い魚には、ドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸などの質のよい脂が含まれています。これらの脂は、血の流れをよくし、血管がつまるのを防いだり、記億力を高めたりしてくれるので、生活習慣病の予防に効果があります。
 また今日は食育の日です。ごはんを主食とした一汁二菜の献立でひろしまっこ汁を取り入れています。

 今日は、ひろしまっこ汁の中に、もみの木の形に切り抜いたハッピーもみの木にんじんを、各クラスに一つずつ入れました。

12月18日の給食

画像1
画像2
画像3
 親子丼 野菜炒め りんご 牛乳
 
 親子丼に使っている卵には、おもに体を作るもとになるたんぱく質や、病気から体を守り、目やのど、皮ふをじょうぶにするビタミンAが含まれています。また、鉄も多く含んでいます。

 子どもたちも好きな献立だったので、とてもよく食べていました。

12月17日の給食

画像1
画像2
画像3
 黒糖パン かぼちゃシチュー スパイシーレバー 温野菜 牛乳

 行事食「冬至」
 冬至は、1年のうちで夜が最も長く、昼が短い日のことです。昔から、冬至にかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりする習慣があります。
 かぼちゃは、夏に収獲されてから栄養分を失わずに、冬まで保存することができます。そのため、野菜がたくさん収獲できない冬でも、かぼちゃを食べると元気に過ごすことができるといわれています。
 今年の冬至は12月22日です。

12月16日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん みそおでん 酢の物 牛乳
 
 今日は、おでんを赤みそで煮込んだ、みそおでんでした。いつものおでんとは違った味わいでおいしいです。
 また、今日は地場産物の日です。広島県でとれたキャベツを酢の物に使っています。

 おかわりの列ができていて、「今日の給食もおいしいです!」とうれしい声を聞くことができました。

12月13日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん 鶏肉のから揚げ レモンあえ 野菜スープ ショートケーキ 牛乳

  今日は、鶏もも肉に塩・こしょう・ガーリックパウダーで下味をつけ、でん粉をまぶして、から揚げにしました。
 鶏肉は、牛肉や豚肉に比べ、脂肪がやや少なく、あっさりとしていて消化のよい肉です。
 給食では、から揚げやカレーライス・煮物・汁物などいろいろな料理に使われています。

 子どもたちが大好きな、から揚げやショートケーキの献立だったので、みんなとても嬉しそうに食べていました。

12月11日の給食

画像1
画像2
画像3
 ごはん 含め煮 小松菜と卵の炒め物 牛乳

 地場産物の日「小松菜」
 小松菜はビタミンやミネラルを多く含んでいる野菜です。
 骨が作られるのを助ける栄養素であるビタミンKも豊富で、油と一緒に食べることでカルシウムの吸収も高まります。
 今日は、広島市でとれた小松菜と卵の炒め物に使っています。

12月10日の給食

画像1
画像2
画像3
 広島カレー 三色ソテー 牛乳

 広島カレーは、給食室でルウから手作りしているカレーです。
 オイスターソースや、お好みソースなど、何種類もの調味料が使われています。
 子どもたちからも人気のカレーで、「広島カレーが一番好きです!」「広島カレー嬉しいです!」と嬉しそうに食べていました。

12月9日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん すきやき 甘酢あえ 牛乳

 地場産物の日「春菊」
 今日にすきやきには、広島県で作られた春菊を使っています。
 広島市では、昔から安佐南区の中筋や西原地区でたくさん栽培されており、丸い葉で厚みがあるのが特徴です。とても香りの強い野菜で、鍋物やあえ物などによく使われます。
 体の中に入ってビタミンAに変わるカロテンをたくさん含んでおり、病気から体を守ってくれるので、かぜをひきやすい今の時期には、しっかり食べたい野菜です。

12月5日の給食

画像1
画像2
画像3
 小型バターパン ミートスパゲッティ フレンチサラダ 牛乳

 フレンチサラダのドレッシングは、酢・サラダ油・さとう・塩・こしょう・洋がらしを混ぜ合わせて作ります。
 給食ではフレンチドレッシングに、洋がらしを粉のまま使います。こうすると、うまく混ざり、なめらかなドレッシングができます。

 「ミートスパゲッティも、サラダも毎日食べたいです!」と、伝えに来てくれる児童もいて、子どもたちから大好評でした。

12月4日

画像1
画像2
画像3
 玄米ごはん 呉の肉じゃが ごまあえ チーズ 牛乳

 郷土食「広島県」
 今日は、広島県呉市で昔から食べられている肉じゃがを取り入れました。
 呉の肉じゃがは、牛肉・じゃがいも・糸こんにゃく・たまねぎを使って作り、材料をごま油で炒めることと、にんじんが入っていないことが特徴です。ごま油の香りがよい風味です。
 
 子どもたちからも大人気で、とてもよく食べていました。

12月3日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん 生揚げの中華煮 ひじきの中華サラダ 牛乳

 生揚げの中華煮は、麻婆豆腐の豆腐のかわりに生揚げを使って作ります。
 生揚げは、豆腐よりしっかりとした歯ごたえがあり、からだの中で血や肉になるたんぱく質や骨や歯をじょうぶにするカルシウムも多く入っています。
 麻婆豆腐もおいしいですが、生揚げの中華煮もちがった味わいがあっておいしいです。

12月2日の給食

画像1
画像2
画像3
 ごはん ホキのかわり天ぷら キャベツの昆布あえ みそ汁 みかん 牛乳

 今日かわり天ぷらの衣の中には「きなこ」が入っています。
 このきなこを天ぷらの衣に加えると、カラッと香ばしい天ぷらになり、とてもおいしいです。

 給食当番は大変ですが、重いものを運んだり、量をきちんと考えながら配食したりと、毎日頑張っています。

11月29日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん おでん ごまあえ 牛乳

 今月のテーマ「かぜを予防する食事について知ろう」
 寒さに負けない強い体をつくるには、バランスのよい食事が大切です。
 特に体を温め抵抗力を高めるたんぱく質と、皮ふや粘膜を健康に保ちウイルスの侵入を防ぐビタミン類は、かぜをひきにくくしてくれます。
 牛肉やうずら卵にはたんぱく質、だいこんにはビタミンCが、ほうれんそう・にんじんには体の中でビタミンAに変わるカロテンが多く含まれています。

11月28日の給食

画像1
画像2
画像3
 バターパン マヒマヒのケチャップソースかけ 温野菜 野菜スープ 牛乳

 姉妹都市献立「ホノルル市」
 ホノルル市は、アメリカ合衆国のハワイ州にある都市です。
 今日は、ホノルル市にちなんで「マヒマヒのケチャップソースかけ」を取り入れています。
 「マヒマヒ」とは「しいら」という魚のことで、広島では「まんさく」と呼ばれています。さっぱりとしてくせがないので、ハワイではバター焼きやフライにしてよく食べられています。
 給食では、油で揚げてケチャップソースをからめました。

11月27日の給食

画像1
画像2
画像3
 減量ごはん かやくうどん くわいのから揚げ いかの煮つけ 牛乳

 地場産物の日「くわい」
 今日の給食には、広島県福山市でたくさん作られているくわいを取り入れています。
 くわいは野菜の仲間で、水田で育ち、れんこんのように泥の中で茎が大きくなったものです。
 くちばしのような形をした芽が勢いよく出ていることから、「めでたい」と縁起をかつぎ、正月料理によく使われます。

 くわいの見た目が苦手と言っていた児童たちも、「食べてみたらおいしかったです!」「じゃがいもみたいでおいしいです!」と言って、よく食べていました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208