最新更新日:2020/07/10
本日:count up42
昨日:561
総数:415718
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

3月4日の給食

画像1
牛乳 麦ごはん レバーのカレー風味揚げ 三色ソテー
春雨スープ チーズ

毎日の給食に登場する牛乳には,日本人に不足しがちなカルシウムが多く含まれています。カルシウムは骨や歯などをつくるもとになり,成長期にしっかりとした体をつくるためには欠かせない栄養素です。
また牛乳には,カルシウムの他にもたんぱく質やビタミンなど大切な栄養素がたくさん含まれています。

今日は6年1組の卒業祝い給食でした。通常の給食に加えて,おにぎりやゼリーなどを作るのに,給食室は朝から大忙しでした。
手間をかけたかいがあって,子どもたちはとても喜んでいました。

3月3日の給食

画像1
牛乳 パン ブルーベリージャム 鶏肉のレモン揚げ
グリーンポテト 野菜スープ

今日は地場産物の日です。広島県でとれたレモンを,鶏肉のレモン揚げに使っています。広島県尾道市瀬戸田町は,レモンの生産量が日本一です。瀬戸内海の温暖な気候がレモンやみかんなどの,かんきつ類の栽培に適しています。レモンには,病気から体を守ってくれるビタミンCの量が多く,かんきつ類の中で最もたくさん含まれています。

鶏のから揚げに,レモンのきいたしょうゆだれをからめました。さわやかな風味に仕上がっています。
画像2

3月2日の給食

画像1
牛乳 ちらしずし さわらの照焼き わけぎのぬた 
かきたま汁 三色ゼリー

3月3日は「ひな祭り」です。雛人形を飾り,桃の花やひしもちを供え
子どもの健やかな成長をお祝いします。
今日は給食でもひなまつりにちなんだ献立です。お祝い事の時によく
食べるちらしずしを取り入れました。わけぎのぬたの「ぬた」とは,
酢みそであえた料理のことです。デザートには,ひしもちと同じ桃色,
白,緑の三色ゼリーを取り入れています。

かきたま汁は,昆布とかつお節でだしをとっています。昆布は沸騰させ
ず,じっくりだしをとるのがポイントです。
画像2

3月1日の給食

画像1
牛乳 麦ごはん うま煮 酢の物 いよかん

給食は「日本型食生活」を大切にした献立になるよう心がけています。
日本では昔からお米を作って,ごはんを食べる食文化が発展してきました。おかずには魚や海藻と,季節ごとの葉野菜や根菜,豆などを,煮物や和え物,漬物にして食べてきました。料理には油をあまり使わないで,味付けには大豆から作るみそやしょうゆを使います。
どの食材もご飯によく合います。
このような昔から伝わる日本の食事を基本に,肉や果物,乳製品をほどよく取り入れた食生活を「日本型食生活」と言います。このような食事は栄養のバランスがよく,生活習慣病を予防すると言われています。
今では外国でも,日本の食事をお手本にしようとしています。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事
3/7 図書返却〜11日までに
3/9 外遊びの日

学校教育計画

危機対応マニュアル

学校だより

食育通信

公開研究会・講演会ご案内

己斐小図書室より

お便り

広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208