最新更新日:2019/12/13
本日:count up21
昨日:117
総数:377842
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

校長講話〜学校朝会

画像1画像2
皆さんおはようございます。
久しぶりに皆さんの元気な顔見てとても安心しました。

皆さんは、史上最年少十代でノーベル平和賞を受賞した「マララ・ユフスザイ」さんを知っていますか。ここに、マララさんの本があります。
「武器より1冊の本をください。〜少女マララ・ユフスザイの祈り」という本です。

マララさんが国連本部で語ったスピーチの中に私の好きな言葉があります。
それは、「一人の子ども 一人の教師 一冊の本 一本のペンがあれば世界を変えられる」という言葉です。これは教育がいかに偉大な力をもつか語っています。そして、教育を受ける権利がいかに尊いものかを語っています。

世界には勉強したいと思う子どもたちがあふれています。皆さんは、自分さえその気になればできる環境にあることをもっと大切にしてほしいと思います。それが自分を大切にするということにつながります。
また、マララさんは、暴力には何の力もないこと」をも訴えています。
自分が気に入らないことがあるとか、自分の思い通りにしたいと思って、暴力をふるっても、それは何の解決にもなりません。暴力ではなく、正しく判断して解決する力をつけるために、教育を受けるのです。

なぜ、勉強しなくてはいけないかとかと思った時に、マララさんの言葉を思い出してください。周りの友達と理解しあって、よりよく生きるために勉強するのです。

最後に皆さんが学校で学ぶのはよりよく生きるためです。そして、生きるとは行動することです。こんなことがしたいと決めたら、まずは行動しましょう。すると次から次からしたいことが出てきて、きっと自分を輝かせることができます。

正門掲示版

画像1
長い夏休みが終わり、今日から授業再開です。
正門の掲示版を一新しています。
この言葉は史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユフスザイさんの言葉です。
教育がいかに偉大な力をもっているかを語っています。
1年生の子どもがこの言葉を暗記して、帰りに暗唱してくれました。

中国新聞8月24日掲載「広場」欄

画像1
7月31日に実施した「親子給食体験会」のことを中国新聞「広場」に投稿してくださいました。本当にうれしく思いました。
給食調理員がこの記事を見つけ、掲載されていることの連絡が入りました。
火曜日の職員朝会で早速、全職員に知らせました。
3年目の取り組みが実を結んだ!と喜んでいます。
感謝感激です!こういう声が本当にありがたいです。

教員が会社経営から学ぶ

画像1画像2
広島『響の会』が初めて試みた「県外セミナー」は、8月10〜11日の二日間名古屋市・小牧市で行いました。教育実践『響の会』の創設理念の1つに「教員が会社経営から学ぶ」があります。ですから、2日目の訪問先は玉置先生からご推薦いただいた会社経営者 株式会社名備運輸 丸川社長でした。
ご講話を聞いて、小牧中学校では「道徳授業」のゲストティーチャーを務められたのも納得できました。角田先生からもご講話をいただきました。

学校ホームページのねらい

画像1
昨年度末まで、玉置先生が校長を務められていた小牧中学校のホームページはいつも拝見していました。
ブログ形式で簡単にアップできるこのホームページ形式は、「スクールWebアシスト」(株式会社EDUCOM)のものです。実は、開発に玉置先生自身が関わっておられます。(小牧中のホームページはさらにバージョンアップされています。)

学校の様子を保護者・地域に「見える化」することで、学校と家庭の信頼関係を構築するのが学校ホームページの大きなねらいです。


思いを届ける学校ホームページ

画像1画像2
この本は、元愛知県小牧市立小牧中学校校長、現岐阜聖徳学園大学教授 玉置崇校長先生のご著書です。
私(校長)は、教育実践広島「響の会」の代表を務めていますが、この会は角田明先生が立ち上げられた会です。私は、広島支部の代表ということです。
広島「響の会」では、この夏、名古屋での県外セミナーを行いました。広島から14名の参加がありました。愛知県や高知県からも、管理職の方の参加がありました。
玉置先生は、学校ホームページを学校経営の切り札として、すばらしい実践をされていました。
己斐小学校でも、今後、ますますホームページで学校情報の公開を進めていきますので、ご覧ください。


安佐南区土砂災害から1年

画像1
広島市安佐南区では、昨年8月20日未明、短時間の集中豪雨により土石流や崖崩れが多発し、死者は75人、建物の全半壊396棟などの被害が出ました。

亡くなられた方々の冥福をお祈りします。
本日は半旗を掲揚しています。

第55回国語教育夏季研究会

画像1
夏休み中、教職員はぞれぞれの専門性を高めるための研修を重ねています。
私は国語教育研究会に参加しました。講師は安田女子大学児童学科教授である吉田裕久先生です。本校にも夏休みに入ってすぐに講師としてきていただきました。

講演のテーマは、
「思考力・判断力・表現力を育てる国語科授業の想像のために
〜付けたい力の明確化と言語活動の充実を通して〜」です。
◎なぜ、今、思考力・判断力・表現力を育てることが必要と言われているのか。
◎国語科授業の改善としての言語活動の充実について。
◎単元を貫いた言語活動とはこれまでの言語活動重視の反省に立って作られている。
◎それゆえに、学習過程の明確化、第2次の改善と3次への転用が大切であること。

本校は、12月4日に公開研究会を開催します。全学年1提案授業です。
目下、指導案がほぼ完成し、来週は模擬授業を実施してさらに指導案を練っていきます。
吉田先生の講演「付けたい力にぴったりな言語活動であるか」それが鍵であることは言うまでもありません。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事
3/7 図書返却〜11日までに
3/9 外遊びの日

学校教育計画

危機対応マニュアル

学校だより

食育通信

公開研究会・講演会ご案内

己斐小図書室より

お便り

広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208