最新更新日:2022/04/15
本日:count up1
昨日:3
総数:87433
阿戸中学校の日々の様子を更新していきます

3月27日(木) 湯来中学校生徒会執行部との交流会(その1)

画像1画像2画像3
広島市グッドチャレンジ賞授賞式で知り合った湯来中学校生徒会執行部のみなさん。今回、お互いの取り組みを交流するため、執行部生徒5名が湯来中学校まで行ってきました。湯来中学校は、佐伯区の学校で本校からは車で約2時間の場所。(遠かった・・・)その湯来中学校は、来年度、全校生徒25名となる小さな学校ですが、全校合唱の取り組みや地域の清掃活動等、生徒全員が一団となって様々な取り組みをがんばっている学校です。その湯来中学校との交流会。まずは、湯来中学校の取り組みを聞きました。毎年、生徒数が減少していく中、中3の生徒ひとり一人が一役のリーダーとなって取り組んでいることを聞きました。本校の生徒会執行部からの「少人数ならではの取り組みは、何ですか」という質問に対しては、「感動体験のカヌーです。」と答えていた湯来中執行部。また、「駅伝大会は、生徒みんなにとってはどんな行事になっていますか」という質問には、「マラソン大会とは違い、一人ひとりがチームの一員として走るので『協力』することにつながる行事だと思う」との答え。どの取り組みも、その取り組みを通して『全校生徒がひとつになること』ができる素敵なものばかりでした。

3月27日(木) 湯来中学校生徒会執行部との交流会(その2)

画像1画像2画像3
湯来中学校の取り組みを聞いた後、本校阿戸中学校の生徒会執行部の取り組みを発表しました。現在の生徒数や男女比について、阿戸中の部活動や委員会の取り組み、生徒会の昨年度の主な取り組み・・・などなど。そして、今、生徒会執行部が抱えている大きな課題の『委員会の数について』も、悩みのひとつだと言うことも聞いてもらいました。湯来中学校との交流の中で、伝統を大切にしながら新しいものに変えていくことの難しさや伝統を少しでも見える形に残して新しいものに変える工夫が必要かもしれない・・・と、新しい発見があったようです。この交流、阿戸中生徒会執行部にとって、本当に良い経験になりました。湯来中学校生徒会執行部のみなさん、貴重な交流会・・・ありがとうございました。

3月20日(木) 今年度最後!生徒朝会

画像1
画像2
画像3
 今年度最後の生徒朝会が行われました。まずは、部長が今年度の部活の振り返りを発表して、次に委員長が今年度の委員会を振り返りました。
 朝会の中では、前日の臨時生徒総会の内容にも触れながら、今後の阿戸中学校をよくしていくという言葉も執行部からありました。聞いている側も真剣な表情で、新2・3年生が必ず阿戸中を引っ張り、創り上げてくれると感じました。いよいよ25日は、修了式です。新年度を前にして新たなスタートが切れるよう良い形で今年度を終わりましょう。

3月19日(水) 臨時生徒総会!

画像1
画像2
画像3
3月19日(水)、臨時の生徒総会が行われました。議題は、生徒会執行部が公約に掲げていた「生徒会組織の改革」です。臨時生徒総会は、学級委員と執行部を中心に進められてきました。議長、執行部、意見者、質問者それぞれの立場でしっかりと総会を支えていました。結果は、組織改編に関する大きな改革だったこともあり、否決となりました。でも、生徒一人ひとりが、これからの阿戸中学校について、真剣に考えて意見を出し合えた1日になりました。よりよい阿戸中学校を目指して熱心に話し合っていた生徒の姿に感激しました。

3月19日(水)食育の日「わ食の日」 地場産物「レモン」

本日は食育の日で「一汁二菜」の献立です。

また広島の地場産物「レモン」を献立に取り入れています。
広島県尾道市瀬戸田町は,レモンの生産量が日本一です。瀬戸内海の温暖な気候がレモンをはじめとするかんきつ類の栽培に適しています。そのまま料理に使うほか,ジャムやアイスクリームなどにも加工されます。
給食でも人気のレモンあえに,瀬戸田町でとれたレモン果汁を使っています。
キャベツのレモンあえはさっぱりしていておいしいですね。
画像1
画像2

3月17日(月)給食 地場産物の日「かき」

今日の給食は地場産物の「かき」が登場しました。
また,今日は小学校6年生の卒業をお祝い献立です。「かき」をお楽しみフライにしてあります。


画像1
画像2

3月11日(火)明日の卒業式の会場準備

画像1
3月11日(火)は、緊張と寒さで震えながら予行を行いました。また、その後の式練習後は、たくさんの先生方から卒業生へはなむけのメッセージが続き、笑顔があふれる和やかな場となりました。
卒業生の皆さん、明日はここで3年間の集大成を見せて下さい。期待しています。

3月10日(月) 3年生を送る会 その1

画像1
画像2
画像3
 3月10日(月)の5時間目に3年生を送る会を行いました。
 約1ヶ月前・・・何のために「3年生を送る会」をするのか。各学年の発表をみる3年生にどんな気持ちになってもらいたいのか考えました。それから1ヶ月。限られた時間の中で、各学年授業だけでなく放課後も使って、準備、練習を重ねました。
 そして、「送る会」当日。1年生は元気いっぱいにダンスを発表しました。はじめは全員下を向いてライトもOFF。曲が流れると同時にライトもON。ダンスだけでなく、横断幕でもメッセージを伝えました。笑顔で1年生らしい発表でした。

3月10日(月) 3年生を送る会 その2

画像1
画像2
 1年生の元気いっぱいダンスに続いて、次は2年生の発表。
 2年生は、スライドショーと合唱。BGMつきで、3年生の学校生活の様子をスライドショーで流しました。群読メッセージもありました。そして、合唱曲は「大切なもの」。ジーンとくる演出でした。

3月10日(月) 3年生を送る会 その3

画像1
画像2
 2年生に続き、次はせせらぎ学級の発表。
 4月に入学し、今日まで優しく、かっこよく、そして、頼れる先輩が常に下級生のそばにいてくれました。せせらぎ学級の3名は、そんな思い出を1人1人に送りました。
 そして、トーンチャイムで奏でる「贈る言葉」。すごくきれいな音色でした。

3月10日(月) 3年生を送る会 その4

画像1
画像2
画像3
 各学年のよさを出して、「感謝」「激励」・・・の気持ちを伝えた発表のあとは、3年生から後輩へ送る発表。
 3年生は谷川俊太郎の「生きる」の詩と、GReeeeNの「遥か」の合唱。「生きる」の詩を、3年生1人1人のオリジナルの創作で発表。心に響きました。「遥か」の合唱。ギターとピアノかっこよかった。
 実はもう1つ・・・ここ数年の恒例となっている横断幕披露。3年生からのメッセージは「百花繚乱〜輝け夢 あふれる笑顔〜」。3年生は入試の時期とかぶり、なかなか準備をする時間がなかったが、それでもさすが3年生。時間がないなか、全員が横断幕に関われる工夫を見せてくれた。桜にみたてた全員の手形が咲き乱れた。

3月11日(火)給食 郷土食「広島県」

画像1
画像2
画像3
三年生にとっては最後の給食になりました。
 今日の給食は広島市中区江波地区で昔から食べられている江波巻きです。ゆっくりと食事をする時間がなかった漁師さんがごはんと具を巻き寿司のようにのりで巻いて食べたのが始まりだそうです。具は漬け物と鰹節にしょうゆをかけただけの簡単なもので漬物には広島菜漬がよく使われています。

3月10日(月)中国新聞朝刊

画像1
3月10日(月)の中国新聞朝刊に、先日3月6日(木)に新旧の生徒会執行部の生徒が取材を受けた気仙沼市立松岩中学校との交流の様子が掲載されました。
これからも色紙に込めた願いをもち続け、1日も早い震災からの復興を祈ります。

3月7日(金)阿戸のまちぐるみ教育運営協議会

画像1
画像2
画像3
3月7日(金)の午後3時から今年度最後の阿戸のまちぐるみ教育運営協議会を開催しました。今年度から始めた組織ですが、阿戸町の保育園・幼稚園・小学校・中学校と保護者・地域が一体となって、子どもたちを健やかに育てていこうという願いがあります。今日は、この一年間の活動を振り返り、来年度への展望をもつ会でした。
会議の回数や内容について意見をいただき、今年度作成した「「身につけよう!十の約束」をさらに浸透させるための方法をみんなで考えました。園・学校、家庭、地域それぞれの立場から、指導したり声をかけたりしやすいように、項目を3つに絞って取り組むこととしました。
その具体的な内容については、改めてお知らせします。来年度は広報活動にも力を入れることも確認したのでご期待下さい。そして、協議会の会員の皆様、1年間ありがとうございました。

3月7日(金) 3年生 奉仕活動

卒業まであと5日となった3年生は、登校した生徒で恒例の奉仕活動を行いました。自分たちで、事前に普段掃除できないところを探し、道具を準備し、計画を立てました。グランドのグレーチングの下の溝、トイレを中心に行いました。とてもきれいになりました。また、公立高校の一般試験を受検した人もおつかれさまでした。

画像1画像2

3月7日(金) 卒業式準備

画像1画像2画像3
平成25年度の卒業式に向けて、1・2年生が式準備を行いました。広い体育館にシートを2年生がひきます。その間、1年生がステージの掃除と椅子を出します。そこから、両学年が協力して、間隔を図って椅子を並べ・・・。そして、一斉に椅子の座面と背面を拭きます。約1時間半。3月12日の卒業式に向けての会場準備ができました。3月10日に「3年生を送る会」、3月11日に「卒業式予行」となります。感動の一週間になる予定です。

3月6日(木)松岩中との交流を取材

画像1
画像2
画像3
 先月、1月8日に阿戸中生徒会が受賞した「広島グッドチャレンジ賞」の受賞理由をご覧になった中国新聞社の記者の方から連絡があり、松岩中学校との交流について詳しく話を聞かせてもらえないかという依頼がありました。
 来週3月11日(火)には東日本大震災から3年がたつので、松岩中学校との交流を進めた旧生徒会執行部の生徒のリードで、各学年で色紙を作成して送る準備をしています。そんな様子を今日の放課後、中国新聞社の山本記者と宮原カメラマンが取材に来られ、生徒会の役員の生徒が取材を受けました。近いうちに記事になるそうなので、どんなインタビューだったのか、内容についてはご覧いただきたいと思います。

3月3日(月)行事食「ひなまつり」

ひなまつりは「桃の節句」とも言われます。ひな人形を飾り,桃の花やひし餅をお供えし子どもの健やかな成長をお祝いする日です。瀬戸内海沿岸では昔から「ちらし寿司」や「ぬた」などでお祝いしたそうです。「わけぎぬた」はわけぎをお酢みそであえた広島県の郷土料理です。
画像1
画像2

2月28日(金) 花のボランティア!

画像1
画像2
画像3
 美化委員会主催の「花のボランティア」が行われました!阿戸中で育てた花をフラワーフェスティバルに出す!という去年から始まった取り組みですが、今年は美化委員会が中心となって進めてきました。なんと!ボランティアで30人近くも集まり、阿戸中生のボランティア精神に感心しました。さらに、阿戸幼稚園の子どもたちも来てくれて、取り組みが盛り上がりました。みんな少し大人になった様子で、写真のように気づけば笑顔であふれていました。
 ここから、フラワーフェスティバルに出すまで阿戸中生だけでの栽培が始まります。「美しい花を阿戸から全国へ」、立派に育ててくれるよう期待しています。

2月28日(金)給食 「中学校卒業祝い」

 今日は中学校3年生のみなさんの卒業をお祝いするメニューです。
よろこぶキャベツは,塩昆布とゆでたキャベツを和えた料理です。昆布は,冷たい海でよく育ち,日本では北海道でたくさんとれます。古くから「よろこぶ」につながると,お祝い事に使われてきました。昆布には,骨や歯を丈夫にするカルシウムや,血管を丈夫にするヨードがたくさん含まれています。
 「祝いの大福」がデザートでついていました。
 3月12日の卒業式までに給食をいただく日も残り5回となりました。
画像1
画像2
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
広島市立阿戸中学校
住所:広島県広島市安芸区阿戸町2847
TEL:082-856-0414