最新更新日:2020/01/21
本日:count up25
昨日:60
総数:81382
広島市立幼稚園19園の各HPは、右側のリンク「広島市立幼稚園の紹介」から御覧になれます。

パート1 中央公園に散歩に行ったよ

鬼ごっこや草の上を転がって遊びました
シロツメクサで指輪や花束、冠を作りました
虫も発見「この虫は臭いにおいを出さないよ・・・」
 園の隣にある、中央公園に散歩に行きました。

 5歳児が年下の友達の手をつないで、4月に学んだ交通ルールを思い出しながら歩きました。

 公園では、思い切り体を動かして遊ぶ幼児、虫や花などの自然に関心をもって遊ぶ幼児など、思い思いに楽しみました。

 

食後のひと時(3歳児)

 食事の準備や、片付けにも少しずつ慣れ、自分で頑張る姿が見られます。

 今日は、中学生の職場体験の日です。

 食後には、自分の好きな絵本をリクエストして、読んでもらいました。

 ひざの上にのせてもらったり、側に寄り添ってもらったりして穏やかな絵本タイムとなりました。
1人で片付けができるよ
画像2
画像3

小学校のお兄さんお姉さんのソーラン、かっこよかったよ!

 基町小学校の児童が、運動会に向けてソーランの踊りに取り組んでいる声が、時折、幼稚園の園庭にも聞こえてきます。

 今日は、小学校の校庭まで、見学に行きました。

 1回目は児童だけで、2回目は、先生方も加わり、学校全体が一体となってのソーランを見せていただきました。

 5歳児の子供たちからは、
「『どっこいしょ どっこいしょ』の声がかっこよかった」

「しゃがむところが、かっこよかった!」(しっかり腰を落として踊っていました)

という、感想がありました。

 小学生が、心を一つにして一生懸命に踊る姿に、あこがれの気持ちも膨らんでいくことでしょう。

 
画像1
画像2

また、蝶々になったよ!

 昨日に続き、サナギが次々と蝶々になっていました。

 今日は、モンキチョウでした。

 チョウになったサナギの殻は、透明になることを、しきりに説明してくれる幼児もいました。

 よく見ているのですね。 
画像1

ちょうちょになったよ!

 クラスで飼育していた、青虫がモンシロチョウになりました。

 朝、登園してきた子供たちが気付き、朝の支度どころではありません。

 クラスのみんなで、逃がしてあげることにしましたが、飼育ケースからなかなか飛んで行かないモンシロチョウを、子供たちも心配そうに見守っていました。

 ケースのふたには、まだたくさんのサナギがついています。

 当分、飼育ケースの中を心配そうにのぞく日々が続きそうです。

 
画像1
画像2
画像3

今日も、忍者の修行をしたよ!

 土曜日の参加参観日に、親子で体を動かして遊びました。

 休みが明けて、今日もみんなで、基丸忍者の修行をしました。

 これからも継続して、色々な動きを楽しみながら、元気な体作りをしていきたいと思います。
發ても跳べるよ!
逆上がり、豚の丸焼き…何をしようかな?

参加参観 おうちの人といっぱい遊んだよ!(Part2)

思い思いのものに挑戦!
広い園庭で・・・
忍者のコース巡り
 参観日の後半は、忍者の修行カードにシールを貼りながら、幼稚園の園庭やホールで色々なことに挑戦しました。

 一輪車・竹馬・フープ回し・長縄跳び・トンネルと棒跳び・のぼり棒・雲梯・鉄棒・けん玉、 ホールでは忍者のコースめぐりです。

 親子で、思い思いに、挑戦する姿が見られました。

〜保護者の感想〜

・一生懸命にチャレンジする姿が見られて、嬉しかったです。

・雲梯、竹馬など、普段より張り切っていて、出来る事が増えていて、びっくりしました。

・毎日チャレンジをがんばっている姿を、お父さんにも見せることが出来てよかったです。

・家族で色々な遊びに取り組むことがよいコミュニケーションになりました。

・子供たちが、自信をもって修行に進んで取り組む姿に感心しました。

 

参加参観 おうちの人といっぱい遊んだよ!(Part1)

ラーメン体操とふれあい遊び
バルーン
鯉の滝登り
 参加参観日の前半は、基町小学校の体育館で、親子で触れ合い遊びです。

 ラーメン体操で、ストレッチをしながら体をしっかりほぐしました。

 スポーツバルーンでは、親子で息を合わせて風船や饅頭ができると、大歓声があがりました。

 鯉の滝登りでは、鯉になった子供たち一人一人が、保護者の方の協力による滝(腕の上)を移動していきました。保護者の方が筋肉痛になりませんぬように・・・

 〜感想〜

・バルーンは普段できないことなので、とても面白かったです。

・他のお子さんや保護者の方たちとの触れ合いも貴重な体験でした。

・子供が自主的に動き、楽しんでいる様子に頼もしく感じました。

 

上靴のまま?(3歳児)

画像1画像2
 初めて、避難訓練をしました。

 火事の時には、上靴のまま戸外へ避難すること、「お・は・し・も」の約束を守って避難することを視覚的に知らせました。

 3歳児だけの初めての避難も、落ち着いて出来ました。

 ※ その後・・・室内から、戸外へ遊びに行く時に

「上靴のまま(遊びに行くの)?」と、尋ねる3歳児。
 
 教師が、「遊ぶ時には靴に履き替えようね」と、答えると、
「ふーん・・・」と、返事が返ってきました。

 納得できたかな・・・?

 

おじいちゃん、おばあちゃん、こんにちは!(5歳児)

画像1
画像2
 今日は、5歳児がデイサービスへでかけました。

 クラスで歌っている、めだかの学校の歌や、緑のマーチ披露すると、穏やかな表情で子供たちをじっと見ながら聴いてくださいました。

 「基町幼稚園から、来たんね。また来てね」
 
 「元気をもらうよ、ありがとうね」

など、と声を掛けてくださると、子供たちも、「また来るね!」「元気でね!」と、手と手をタッチしながら別れました。

 心が通い合う嬉しい時間となりました。

もと丸忍者の巻物が届いたよ!(幼小連携)

 幼児期から小学校への滑らかな接続を目指し、基町小学校・保育園・幼稚園とで連携して、子供たちの交流や職員同士の情報交換を行っています。

 今日は、基町小学校の先生が、「基丸忍者」の巻物を届けてくださいました。

 「基丸忍者」は、幼稚園の子供たちをいつも見守り、励ましてくれる忍者です。

 基丸忍者の友達である小学校の先生が、巻物を読み始めると、子供たちは興味深く、よく話を聞いていました。

 時折、巻物を届けてくれるものの、誰も姿を見たことのない基丸忍者ですが、これからも、いろいろなことに挑戦する子供たちを見守ってくれることでしょう。
小学校の先生から巻物の話を聞いています
画像2
基丸忍者に、園歌が聞こえたかな?

おじいちゃん、おばあちゃん、こんにちは!(4歳児)

 悠々タウン基町に出かけ、地域の方と触れ合い遊びをしました。

 子供たちが、たけのこのわらべ歌をすると、

「かわいいねえ」と、口々に言われ、涙ぐむ方もいらっしゃいました。

 こいのぼりやドレミの歌では、一緒に口ずさんでくださいました。

 おじいちゃんやおばあちゃんに、優しいまなざしで見ていただき、

子供たちも、嬉しいひと時となりました。

 

 
画像1
画像2
画像3

バルーンで遊んだよ!

 園児みんなで、バルーンで遊びました。

 4歳児と5歳児は昨年も経験しています。

 「まんじゅう!」の掛け声に、大きく膨らんだバルーンの中に隠れた

り、山形に膨らんだバルーンの上に登ったりして遊びました。

 3歳児の子供たちも、大きい組にリードしてもらいながら、

一緒に楽しむことが出来ました。
まんじゅうは、すきまから風が出るね!
山登りみたい!

ここを掘ったら よく流れるよ!(4歳児)

 つき組の子供たちを中心にして、砂場遊びが盛り上がりました。

 水の冷たさも、心地よく、川づくりが始まりました。

 よく流れる川を作るために、傾斜をつけたり、

深く掘ったり・・・と、相談しながら協力して作りました。

 友達と力を合わせて、砂場いっぱいに長い川ができました。
画像1
画像2
画像3

今日のおやつは何かな?(3歳児)

 園庭のイチゴも、順調?になっています。

 今日は、いよいよ、はな組がイチゴをいただく日です。

 連休の間に、収穫を待っていたイチゴも含め、一人1個ずつ収穫できました。

 おやつの時間になると、大きい組が、

「今日の、おやつはなあに?」と、

やってきました。

 今日は、少し豪華なおやつです。

 甘いあまーい、イチゴをいただきました。

 
画像1
画像2
画像3

紙飛行機、どこまで飛ぶかな?(5歳児)

 ほし組のクラスでドッジボールがはやっています。

 ボールを「投げる」という経験から、紙飛行機を飛ばす(投げる)ことも、楽しめる様、クラスで紙飛行機を折りました。
 
 
 広いホールに移動して、紙飛行機を飛ばして遊びました。

 飛ばすこと繰り返して遊ぶうちに、

 「折り目をしっかりつけたら、よく飛ぶよ」

 「弱い力(力加減を考えて)で、飛ばしたらいいんだよ!」

 と、紙飛行機の折り方や、飛ばし方に自分なりに気付いたことを教え合う姿も見られました。
画像1
画像2

3歳児 初めてのパス

 「わたしのワンピース」の絵本を読んで、子供たち一人一人が好きな模様の服を作りました。

 「わたしは、雨(の模様)にしよう」

 「おやつにしようかな?」

 「にじもいいな」

 と、つぶやきながら、思い思いの服ができあがりました。
画像1
画像2
画像3

保育園の友達との交流

ドッジボール
折返しリレー
保育園の友達と交流をしました。
ドッジボールや砂場遊びなど、気に入った遊びを楽しんだ後、年長児は4つのグループに分かれ折り返しリレーをしました。

イチゴができたよ

 10連休が明けて、イチゴが少しずつ赤くなっていました。

 今回は、5歳児ほし組が収穫し、お弁当の時にいただきました。

 一粒のイチゴを4等分に分けたため、口に入るのはほんの少しですが、みんなで分け合って食べるイチゴも、特別おいしかったようです。

 お弁当のいただきますの挨拶の後に直ぐに食べる幼児もいれば、
「デザートだからお弁当の後に食べよう」と、
大切に弁当箱のふたに残している幼児もいました。

「あまずっぱくておいしい!」
「今度は、小さい組さんにもあげよう!」
など、つぶやきが聞こえてきました。
画像1
画像2
画像3

幼児期に、毎日60分間以上の戸外遊びを!

 「幼児期運動指針」(文部科学省)に、「幼児は様々な遊びを中心に、毎日60分以上、楽しく体を動かすことが大切」と、あります。

 本園の幼児は、広い園庭で、体を動かす遊びを可能な限り毎日、行っています。

 いろいろな遊びの中で、異年齢で関わりながら、跳ぶ・走る・投げるなど、多様な動きを経験しています。
 
写真 上  荷車に乗って・・・「のせてくださーい」
      「○○まで、いきますよ」
      鉄棒にぶら下がって「気持ちいいねえ・・・」

写真 中  砂場で川を作りながら、時折、お団子屋さんにも変身
      「こうやったら、硬いおだんごができるよ」
      「どうしたら、強い橋ができるかなあ」

写真 下  大きい組がサッカーをしていると、小さい組もやって来
     て・・・
      「(わたしも)したい・・・」「いいよ!」   

 
画像1
画像2
画像3
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

幼児のひろば

拠点園

行事予定

未就園児保護者の皆さんへ

非常災害時の対応

広島市立基町幼稚園
住所:広島県広島市中区基町20-3
TEL:082-228-3888