最新更新日:2020/11/24
本日:count up45
昨日:24
総数:90765
いきいき体験オープンスクール実施校。説明会及び体験入学へのご参加をお待ちしています。問い合わせや具体的な手続きについては広島市教育委員会指導第二課(504−2487)にご確認ください。

令和2年8月20日(木)夏休み明けの1時間目

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
夏休み明けの最初の授業は学活です。
どのクラスも夏休みの課題を集めたり、担任や副担任の先生からのお話があったりと、いよいよ始まったなあ、と実感できました。
暑いですが、がんばっていきましょう。 

令和2年8月20日(木)小中合同朝会

画像1 画像1
画像2 画像2
本日から授業再開です。
みんな大きな事故やトラブルもなく、夏休みを過ごせたようでよかったです。

朝一番に、小中合同で学校朝会を行いました。
校長先生からは、「前期後半は勉強に集中する期間にしよう」と話がありました。
前期の前半は新型コロナウイルスの影響で長い休校をはさみ、6月に再開してからも、感染拡大防止のための生活様式や授業スタイルの変化に慣れない、落ち着かないこともあっただろうと思います。
中学校は、9月第2週に期末テストがあります。また、3年生は来週8月25日(火)と26日(水)に校内テストが控えています。生活に慣れてきたこれからの時期で、しっかり勉強に集中していこうという話でした。
最後に保健委員長から、学校再開にあたっての熱中症の予防と手洗い消毒についての話もありました。

さあ、夏休みが明けました。
気持ちを新たにして、前期後半も頑張っていきましょう。

令和2年8月19日(水)明日のために清掃

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
夏休み明け授業再開に向けて、教職員は研修会の後、教室や廊下・階段、トイレなどを清掃しました。
きれいな学校で迎える準備が終了です。
生徒の皆さん、明日、元気に登校してきてくださいね。

令和2年8月19日(水)夏の研修会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
毎年夏に行っている夏休み中の研修会ですが、今年度は似島小中一貫教育校として、似島小学校図書室で小中教職員合同で行いました。

まずはスクールカウンセラーの沖先生による「メンタルヘルス研修会」。
ストレスについて、そしてそれを取り除く方法について、わかりやすく教えていただきました。
次は小中両養護教諭による「教育相談・支援研修会」。
児童生徒が「いつでも、どこでも、誰にでも」安心して相談できる学校の実現に向けて、グループ討議も取り入れながら研修しました。
よい研修会になりました。

令和2年8月11日(火)バラの様子

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今現在の平和のバラたちの様子を報告します。

続々と新しい花が咲いています。そして、蕾もたくさんついています。
バラ園まではいきませんが、ずいぶんと華やかになりました。
明日からお盆休みに入るので、しばらく見られないのが残念です。
お盆明けを楽しみにしています。

令和2年8月5日(水)夏休み前の学活

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
明日から夏休みになる似島中学校です。最後の6時間目の授業は学活でした。

どのクラスも「夏休みの心得」プリントをもとに、担任が夏休みの生活や学習、その他注意すべきことなどしっかり話をしました。赤ペンを入れながら話を聴く態度。立派です。
そして、「夏休みの課題」プリントの配付と説明。説明を聞きながら蛍光ペンで印を入れる姿。さすがです。やる気が感じられます。

生徒の皆さん、体調管理をしっかりしながら、有意義な夏休みを過ごしてくださいね。

令和2年8月5日(水)小中合同朝会

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日は、夏休み前最後の授業日です。
1日のはじめに小中合同で朝会を行いました。
似島小中一貫教育校として、学校全体で夏休みに向けてのしめくくりを行います。

小学生が、中学校の体育館まで列を作って移動してきました。
小中をつなぐ通り道が、先週の雨でひどくぬかるみ通行が困難になっていたのですが、今週は快晴が続き、道もすっかり乾いて無事に集合することができました。

100時間学習の表彰も、小中合同で行いました。
中学校では、2人の1年生がそれぞれ100時間認定と600時間認定を受けました。

そして校長先生と、小・中学校それぞれの生活指導担当の先生が、夏休みの過ごし方について話をしました。
1つ目は、健康に過ごすこと。生活リズムを崩さないように、起床と就寝の時間や食事の時間を意識しましょう。
2つ目は、目標を立てること。自分の進路を見据えて、夏休みの宿題や自主勉強のペースを決めることはもちろん、せっかくの休みだからこそできることを見つけていきましょう。
3つ目は、授業が再開する8月20日に、みんなで元気に会おうということでした。

夏休み明けも小中合同朝会からスタートします。これからも、小学生に優しく接することができる中学生、中学生に礼儀をもって接することができる小学生をお互い目指していきましょう。

令和2年8月4日(火)平和学習

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
広島平和記念資料館でピースボランティアの活動をされており、被爆体験伝承者でもある辻靖司さんを講師にお招きして、全学年で平和学習を行いました。

始めに、原子爆弾とは何か、くわしく話をして下さいました。
アメリカが核開発を行い、太平洋戦争で広島と長崎に使用するに至った過程について、広島に投下されたリトルボーイの原寸大のボードや、起爆装置のレプリカを使い、分かりやすく説明して頂きました。

次に、原子爆弾によって起きた被害について教えて下さいました。
高熱で溶けた瓦を触ったり、はだしのゲンの作者の体験録を用意して下さいました。
鉄が溶ける温度を超えた熱線や、遠く離れた呉の方まで届いた爆風による直接的な被害に加えて、放射線による急性障害も含めて、その年のうちに14万人もの人が亡くなったこと。そして、生き残った方が今もケロイドや癌の後障害に苦しんでいることを教えて下さいました。
そして、東北地方の天気予報でいまだに放射線量が予報されているように、放射能の影響は、かなりの広範囲に広がり長期間残る事を教えて頂きました。

そして、核兵器のない未来を目指す、世界的な取り組みについて教えて下さいました。
核兵器の生産や拡散を禁止する条約や、核兵器の所持を禁止する条約など、普段なら高校生を対象に話す専門的な内容だそうです。ここまでの話を、中学生がしっかり理解して聞いてくれているので、さらに深いことまで興味を持ってほしいということで、お話をして下さいました。

広島では毎年平和記念式典を行い、学校でも平和教育に取り組んでいますが、全国では、原爆投下の日を知らない人が増えているそうです。
話の最後に辻さんは、今日聞いた話を家族など身近な人に話して広げてほしい、と話されました。
今日の講演を聞いてひとりひとりが感じたことを、どんどん繋いでいきましょう。

令和2年8月3日(月)今日も小学生の体育の授業

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
先週に続き、今日も似島小学校5・6年生が中学校のグラウンドにやってきて、体育の授業を行いました。授業者は中学校の保健体育科の教員です。

本格的な夏の日差しになりましたが、小学生達は元気もりもり。
ケンケンしてからダッシュとか、速いスキップをしてからダッシュなど、速く走るためのレッスンをたくさん行いました。

その後、50m走のタイムを測定。
何度も何度も最速タイムを出そうと、繰り返し走る姿が爽やかでした。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
広島市立似島中学校
住所:広島県広島市南区似島町南風泊2250
TEL:082-259-2003