最新更新日:2020/07/15
本日:count up311
昨日:980
総数:539372
五日市小学校は「子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校」をめざします。

力のつく板書

画像1
画像2
画像3
分かりやすい授業。板書も大切です。

OJT研修会

画像1
画像2
画像3
本校のAIE(英語指導アシスタント)である安井佳代子先生は元企業の秘書課勤務をされていました。
「承知いたしました」「おそれいります」「いかがなさいますか」「存じ上げません」
普段の会話で丁寧語を自然に使われます。
実は、私たち学校に勤める者にとって苦手とする分野です。
秘書室経験を生かして、接遇5原則と電話対応について講義をしていただきました。
「これを生かすよう、日々努めていく所存でございます。」

OJT研修

画像1
画像2
画像3
 6年生の心の参観日の後、教職員研修として講話をしていただきました。校長は16年間、4校で管理職を務めましたが、どこに行っても、研修の講師を務めていただきました。角田先生の教育論に触れ、充実した1時間となりました。

OJT研修「体育の授業づくり」

画像1
画像2
今年度、特に充実してきた若手教員のためのOJT研修です。今回は体育の授業づくりと器械運動の安全に関する研修です。講師を務めたのは5年生の担任です。
1めあてとふり返りを大切に
2技能面だけでなく思考面も大切に
3グループ活動を入れる
4場の設定の工夫
5準備体操と準備運動の違い
6ポイントとコツの違い
7運動が苦手な児童への配慮の例
8NHK for school「はりきり体育ノ介」
9運動を視覚的に支援するイラスト・学習カード
10マットの出し方・片づけ方
11器械運動系の安全指導

めざす体育の授業について
・アスリートを育てるのではなく、生涯にわたっていろいろな形でスポーツに親しむ人を育てること。
・「運動が苦手だから、スポーツは嫌い」という子を育てず、「運動のコツは分かる」という子を「運動の仕方やコツは分かる」という子を育てる意識で授業をしたら、運動嫌いは少なくなる。
・そのため、技能重視の授業ではなく、思考とバランスの良い授業をしたい。
・「できるけどわからない」と、「わかるけどできる」をつなげる役目を担任としていきたい。

まさに目からウロコの、聞いてトクするOJT研修です。

広島市小学校教育研究会での公開授業

画像1
画像2
画像3
 国語科「おとうとねずみ チロ」の教材文を読んだ後の、第3次の授業です。
6年生に本の紹介をしようと「大好きカード」の準備をしました。
2人組みで好きなところを紹介する練習もしました。
 西区・佐伯区の図書館教育を研究されている先生方の研究会です。協議会では様々なご意見をいただきました。1年生のしっかりした学習の様子をたくさんほめていただきました。今後も授業改善を進めていきたいと思います。

広島市小学校教育研究会での公開授業

画像1
画像2
画像3
 木曜日は研究日で、年間8回ほど広島市小学校教育研究会が開催され、私たち教員は出張させていただきます。今日は、授業研究会の日で、各教科ごとに分かれて、授業公開が行われました。今回、本校1年5組の村井哲郎教諭が公開授業を受けました。

OJT研修〜「理科実験」安全な実験器具の使い方

画像1
画像2
 今年度、OJT研修の8回目は、理科主任から安全な実験器具の使い方について話してもらいました。児童の安全性を保障し、深い学びになるように研修しました。
理科では次の実験器具を使います。
○加熱する実験に加熱器具として、
 アルコールランプ・ガスコンロ、
○ガラス器具を使う実験として
 3年生〜温度計
 4年生〜試験管・ビーカー・フラスコ・ガラス棒
 5年生〜スライドガラス・メスシリンダー
 6年生〜気体検知管
十分安全に配慮して理科実験を進めたいと思います。

5年算数科公開授業研究会

画像1
画像2
画像3
協議会では、5・6人のグループに分かれて協議を行いました。
自力解決で図や表、式で表している。
図を書きながら説明をすることは聞き手に分かりやすい。
主体的に対話が進められ、思考が深まっていた。
算数科研究会佐々木知子元校長先生に続けてご指導いただいています。
佐々木先生は各グループ協議した内容の深さにいつも感心されていますし、とても勉強になります。
「授業づくりは学校づくり」です。
ますます研鑽していきたいと思います。

5年算数科校内授業研究会

画像1
画像2
画像3
5年2組で5回目の校内授業研究会をもちました。
考える力をのばそう「きまりを見つけて」の学習です。
伴って変わる2つの数量の関係を表や式に表すことを通して、規則性を見つけ、棒の総数をもとめることが本時のねらいでした。表や図から規則性を見つけ、関係式を導き出しました。
本校では、「思考力・判断力・表現力等」の向上を図る、言語を通した学習活動の充実にとりくんでします。集団解決場面において、フリートークやペアトークを取り入れています。

初任者研修実地指導

画像1
画像2
画像3
 広島市教育委員会特別支援教育課主任指導主事 滿汐順子先生を指導者に、なかよし4組の担任が実施指導を受けました。
 8名が在籍していますが、聞く力・書く力・学習態度等、どの子も伸びています。
 題材名、自立活動「協力して作ろう!クリスマスかざり!」。ペアと話し合いながらクリスマス飾りを制作することができるよう授業を計画しました。

OJT研修会

画像1
画像2
画像3
 月に一度、若手研修の一環として、OJT研修会をもっていますが、今回初めて、外部講師を招聘しての研修会をもちました。
 若手だけでなく、全教員に呼びかけたところ、ほとんどの教員が参加しました。

 講師は五日市歴史研究家である高東博視さんです。
五日市公民館で2時間の講座をされているのをダイジェスト版に短縮していただき、写真・地図等でプレゼンされながらお話してくださいました。

 郷土のことは4年生の社会科で指導しますが、地域の学校で教える私達が地域のことを知らないでは十分な指導になりません。
 本日、高東さんに教えていただいたことは、まさに「地域の秘密あるある大事典」のようでした。興味深いお話でした。
 1西国街道が縦断していた五日市
 2八幡川付け替え工事について 
 3岡の下川の黒松並木
 4造幣局広島支局の誕生秘話
 5五日市八幡神社
 これらの内容は、10月下旬から4年生が郷土学習として現地見学に行きます。
 実際に見学に行った後に、ゲストティーチャーとして各学級に入ってお話していただこうと話が進んでいます。
 郷土を愛し、郷土の歴史を伝えようと、熱心に活動してくださっている高東さんです。
4年生にも郷土を愛し、大事にする心情を育みたいと思います。

教育センターの講師として

画像1
画像2
画像3
3年生の担任である藤原和也教諭も教育センターの指導者として招聘されました。
この講座は、初任者研修小学校理科「単元における実験・実技」という講座です。
初任者の研修に本校の教諭が2名講師を務めています。
その様子は教育センターのホームページにも掲載されています。

教育センターの講師として

画像1
画像2
画像3
夏休み中、教職員は様々な研修に出かけました。
本校の4年生担任である行友将悟教諭が教育センターの初任者研修小学校理科の講座で講師として頑張りました。

授業協議会

画像1
画像2
画像3
今年度、元大町小学校校長 佐々木知子先生を講師としてお願いしています。
佐々木先生には、いつもたくさんのことをご指導していただき、おかげさまで授業改善が進んでいます。
算数は「分からないけどできる」でなく、「分かるからできる」こんな子を育てていきましょうと言われました。
問題解決学習として、「どのように解くか」の考え方にこだわって学習を進めているのにはそういうわけがあります。
1年生では、数を唱えることやたし算の手順を唱えること、半具体物であるブロックを操作することを繰り返ししています。

算数科校内授業研究会

画像1
画像2
画像3
学び合う姿が本当にすばらしい学級でした。
1年生で、しかも運動会の練習で疲れていたでしょうが、5組の子ども達だけが残って授業をしてくれました。
五小中の先生が集まって参観しました。
素直にがんばる姿、互いに相談し合う姿、一生懸命めあてに向かって集中する姿、すばらしかったです。

算数科校内授業研究会

画像1
画像2
画像3
今日は1年生の公開授業研「たしざん」です。
これまで、5クラスのうち、4クラスで同じ指導案で授業研を行ってきました。
4回、授業研を重ねる中で、改善を重ねてきました。
今日は1年5組で全教員に向けた公開研究会です。

4年2組国語「文の組み立てを考えよう」

画像1
画像2
画像3
主語・述語・修飾語の文中の語と語の関係を理解し、構成を考えて詳しくすることができるというねらいで授業がされました。
「車が走る。」の文を
「白い大きな車がゆっくりと坂道を走る。」
修飾語を使うと文が豊かになります。車が走る様子が映像のように頭に浮かんできます。
基礎・基本を確実に習得をねらったよい授業です。
小学校では板書を大切にしますが、とても工夫されています。
たくさんの子ども達が取り上げられて、黒板に発表したことを書いてもらいました。
45分の中で、全員発言をしています。

3年算数「二けたのかけ算」

画像1
画像2
画像3
 文章題の鍵は、問題場面をいかにイメージできているかどうかです。まず、絵で問題を描かせて、視覚化させます。
 その後の自力解決の場面では,ノートに解き方を絵か文でまず表現させます。
 集団解決の場面では、指名されて発表する児童の発言や対話的に話す児童の発言を子ども達がよく聴いています。
 算数に限らずどの授業でも,その時間に習得させたいことは何か,そのためにはどのような手立てがいるのかをしっかり考えて、授業を組み立てていかなければいけないと考えます。

教育実習生がんばる

画像1
画像2
画像3
大学から教授が来られて、実習の様子を参観されました。
1年4組では、今校内研修に向けて研究している単元を授業をしました。
子どもの様子をしっかり見ながら、その様子に臨機応変に指導を変えていくのにはおどろきました。板書計画もしっかりされていました。
授業後、大学の先生からしっかりご指導をいただきました。
とてもいいものをもっておられます。いい先生になられることでしょう。期待しています、

教育実習生がんばる

画像1
画像2
画像3
所属大学から教授が来られて、実習の様子を参観をされました。
今回は音楽の授業をしました。
体育大学でサッカーが得意という彼ですから、音楽に挑戦する姿にはおどろきました。
右手だけですが、「村まつり」のフレーズを少しずつ弾いて、児童に旋律を練習させたり、タンバリンで「ドンチャララ」のところをたたかせたりしました。
子ども達も、実にのびやかに歌ったり体で表現して聴いていました。
今、大学の3年生。1年半後には現場に立って指導しておられることでしょう。
引き続き、しっかり大学で学んでください。1年半後には私たちの仲間です。
期待しています。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
3/26 春休み開始〜4月6日まで

お便り

インフルエンザに関する報告

スクールプラン

緊急時の対応

学校生活のきまり

全国学力・学習状況調査

五日市小おすすめの本50冊

校内研究

OJT研修会

広島市立五日市小学校
住所:広島県広島市佐伯区五日市三丁目1-1
TEL:082-921-3288