最新更新日:2020/07/03
本日:count up49
昨日:332
総数:530554
五日市小学校は「子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校」をめざします。

4年社会科

図書館教育として、図書資料を使って調べる活動を取り入れています、
4年生は「むかしのくらし」の学習をしています。
班で調べるテーマを決めて、調べて発表するようです。
画像1
画像2
画像3

教室の読書環境づくり

画像1
画像2
画像3
担任は子ども達に読書に関心をもってもらいたいと、後ろのロッカーに本を並べています。自分の本を並べている担任も多いです。
学級文庫は図書室から100冊まで借り出すことになっています。クラスによっては、4月から4回入れ替えている学級があります。学級文庫も充実しています。

月曜は読み聞かせから

画像1
画像2
画像3
読み聞かせボランティアの方による本の読み聞かせです。
ご自身がまず、読み聞かせることを楽しみにされています。

皆さんも月曜日にされませんか?
8時20分〜15分間の読み聞かせです。
教頭までご連絡ください。
   (五日市小 082−921−3288)

今週は、臨時司書の岩口さんが来校されます。

画像1
画像2
画像3
市教委に委嘱されている臨時司書。
2つの中学校区の小中学校を巡回されて、図書環境の指導や読書指導をしてくださっています。
本校はすでに図書館のリニューアルが2年前に終えていますが、その時も大活躍してくださいました。
今は、読書指導に力を入れていただいています。
今日は、早速、ブックトークと読み聞かせをしていただきました。
今週は全学級が図書の時間に図書室に来ることになっています。

心揺さぶられる本との出会い

画像1
画像2
岩口さんが読んでくださった「かべの向こうになにがある?」ブリッタ・テッケントラップ作 
ドイツ生まれの絵本作家で「いのちの木」など哲学的な本を書いておられます。BL出版
2019年読書感想文全国コンクールの課題図書(高学年)に、めずらしく絵本で選定されている本です。岩口さんは読む人によって受け止めがいろいろ違う本だと紹介されました。
ずっと昔からある壁。本当はない壁なのに、壁があると思い込んで、壁の向こうには行こうとしなかった動物たち。
ねずみが壁の向こうを見たい、知りたいと思い、ついに鳥に乗って向こう側に行ってしまします。・・・大人も読むと、今の世の中を象徴しているようで胸が痛く感じるかもしれません。壁を作ってしまっているのは、自分自身だろうなあと思いました。

新刊本の紹介

画像1
画像2
先生達で新刊本の装丁をし、書架に並べました。
約300冊増えました。
特に、今回、文庫本を増やしましたので、高学年女子達がとても喜んでくれました。
「これ知っている。すごくおもしろいから。」とか。
「このシリーズはだいぶ持っている。」とか。
女子の口コミが人気に火を付けそうで、期待してします。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お便り

インフルエンザに関する報告

スクールプラン

緊急時の対応

学校生活のきまり

全国学力・学習状況調査

五日市小おすすめの本50冊

校内研究

広島市立五日市小学校
住所:広島県広島市佐伯区五日市三丁目1-1
TEL:082-921-3288