最新更新日:2018/02/20
本日:count up5
昨日:206
総数:278210
五日市小学校は「子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校」をめざします。

月曜日は読み聞かせ「100万回生きたねこ」

画像1
画像2
今朝は3年4組に入らせてもらいました。
始業時間ちょうどに教室に入りましたが、すでに机を下げ、椅子だけ前にして迎える準備をしてくれています。

佐野洋子作・絵「100万回生きたねこ」

世界中で翻訳されて読まれている本です。
読む年齢で抱く感想が変わると言われ、大人の絵本だとの評判の絵本でもあります。
私は30代で初めて読んだでのですが、20ウン年後読むと涙が止まらなかったほど感動を覚えた本です。
小学生の時に、一度読んでおいてもらいたいと思い、今日は読み聞かせを行いました。
みなシーンとして聞き入ってくれました。
保護者の皆様もぜひ手にとって、お読みください。(BY校長)

「おすすめの本」完読しました。

画像1
画像2
低学年はピンクのカード、中学年はブルーのカードを配っています。
表裏で50冊の選定図書を「五日市小学校おすすめの本」としています。
完読した児童には「読書賞」を校長室か教室で渡しています。
今日で完読した児童は25人になりました。

4年生のブックトーク終了

画像1
画像2
画像3
5組の図書の時間に、ブックトークに入りました。
大変礼儀正しく、しっかり聴いてくれました。
これで、4年生以上の全クラス13学級にブックトークに入りました。
これまで読み聞かせは何度もしてきましたが、ブックトークはあまりしたことがなく、どの本で、どんな紹介をしようかと結構考えました。
よい経験をしましたブックトークで紹介した後、本を書架に戻すと、すぐに読みたいと言ってくれ、やったかいがあったかなと思いました。。(BY校長)

4年生におすすめの本のブックトーク

画像1
画像2
画像3
2組・4組・3組と続けて、ブックトークをさせてもらいました。
校長室にいると学級代表が迎えにきてくれたクラスもありました。
みんな真剣に聞いてくれるので、こちらがうれしくなります。
ブックトークを通して、おすすめの本への関心が高まることを願っています。

月曜日は読み聞かせの日

画像1
画像2
画像3
それぞれの読み聞かせの時の様子です。ありがとうございます。

月曜日は読み聞かせの日

画像1
画像2
画像3
読み聞かせボランティアの方が、月曜日の朝は続々集合されます。
1〜3年の学級に入り、読み聞かせをしてくださるからです。
それぞれこだわりの選書により、1冊の本を読んでください。

4年生おすすめの本完読の表彰

画像1
画像2
画像3
この学級には、中学年用のリストのブックトークに入りました。
紹介する本のそれぞれをずいぶん読み進んでいるようで、うれしく思いました。
読んでいくと、残りの本がみな貸し出されていることも多くなり、めあての本が見つからないといいうこともあります。
佐伯区の図書館で借りて読んでいます。
と、いう子が何人もおり、おどろきました。
五日市小学校の環境はいいですね。
ぜひ、利用してもらえたらいいです。
このホームページには、リストをPDFでアップしていますので、参考にしていただけるといいです。

4年生おすすめの本完読の表彰

画像1
画像2
画像3
中学年のおすすめの本のリストには50冊の本がのっています。
4年生はずいぶんしっかり読んでいるようで、完読の報告があり、帰りの会に、表彰にいきました。8名の完読者が出ています。

帰りの会では、金曜日に行う「1/2成人式」の歌と挨拶をの練習をしていました。
すばらしい取組の様子も垣間見ることができて、うれしく思いました。
金曜日の「1/2成人式」は、すばらしいものになると思います。

校長による「おすすめの本」ブックトーク

画像1
画像2
画像3
高学年が残り1クラスになり、中学年へおすすめの本のブックトークにも入ることにしました。今日からスタートです。
4年1組でした。
実に、一生懸命に聞いてくれる姿にこちらもうれしくなりました。
「この本をもう読んだ人いますか?」
と尋ねると、たくさん手があがります。
高学年はどうしても本が長編なので大変ですが、中学年になるとよく読んでいるようです。
さっそく、このクラスで完読の子がでました。
すばらしいですね。

3年生図書の時間

画像1
画像2
画像3
3年生の図書の時間です。
○図書室では静かに本を読む。
この約束のもと、本の返却と貸出の手続きをして、もくもくと本を読んでいます。
途中で、先生から読み聞かせをしてもらいました。
2月3日が節分なので、鬼の本です。
題名は「かえるをのんだととさん」
わが子がとても喜んだ本を家から持ってきてくださいました。
子ども達はお話のすじに大笑いして聞いていました。

読み聞かせボランティアの募集

画像1
画像2
画像3
月曜日は、読み聞かせボランティアの方が、毎週1〜3年生に読み聞かせに入ってくださいます。3年生に校長も読み聞かせに入ります。
10〜15分の短い時間ですが、お話の世界に入れる貴重な時間です。
来年度は、4年生以上にも読み聞かせの機会を広げられたらと思っています。
  
   毎週月曜日 8時20分から10分間
   絵本の読み聞かせ

募集しています。
子どもと関わる時間をもちませんか。
絵本の世界にご一緒に。      
             五日市小学校 校長まで 
              電話921−3288                

校長による「おすすめの本」ブックトーク

画像1
画像2
画像3
今日は、図書の時間に、6年2組と4組に入らせてもらいました。
素直な表情で聞いてくれるので、こちらもついつい話に熱がはいります。
初めのクラスで、「それ読みたい」と言ってくれるので、本を渡すので、紹介する本も変わってきました。

 テーマは「生きる」
○「レーナ・マリア物語」
 生まれつき生涯をもって生まれてきたレーナ・マリアさんが誕生から世界の歌姫になられるまで 〜YouTubeでレーナ・マリアさんの歌声を聴くことができます。ぜひどうぞ!
○「雪の写真家 ベントレー」
 子どもの頃、大好きだった雪。それを生涯深く研究し、世界で初めて雪の写真を撮影した人。雪の研究で有名な中谷宇吉郎博士は、このベントレーの写真集に魅せられて研究をスタートしたそうです。
○その他、写真の通りです。 

校長による「おすすめの本」ブックトーク

画像1
画像2
画像3
今日は、午後から5年2組と5年1組に、ブックトークをさせてもらいました。
素直な表情でしっかり聞いてくれるので、私の方がうれしくなりました。
本当によく聞いてくれます。

高学年のおすすめの本になると、かなりの長編物が入っています。
しかし、絵本や短編もあるのです。
読みやすいものから読んでもらったらと思います。

高学年のブックトークで取り上げている本は
 「レーナ・マリア物語」 れーま・マリア作 偕成社 
 「雪の写真家ベントレー」 J・B・マーティン作 BL出版
 「三国志絵本 空城の計」 唐亜明作 岩波書店
 「ギルガメシュ王ものがたり」 ルドミラ・ゼーマン作 岩波書店
 「夏の庭」 湯本香樹実作 徳間書店
 「百まいのドレス」 エレナー・エスティス作 岩波書店

おすすめの本は、全児童が一冊ずつは渡るように用意しましたが、借りた本・読みたい本がいつもあるとは限りません。
佐伯区図書館などでも借りることはできると思います。
出会ったタイミングで手にとってほしいものです。
高学年なので、本の好き嫌いもあると思います。
とはいえ、今日のブックトークや、「おすすめ」にあるからということからでも、読んでみると深い感動を受ける場合もあると思います。
友達同士や家族の中で、一押しブックを紹介してみるのもいいでしょう。
読書の幅を広げて、自分の世界を広げてほしいと思います。

校長「おすすめの本」のブックトークをする

画像1
画像2
画像3
午後はすべて高学年の図書の時間に設定されています。
今週は「おすすめの本」のブックトークをしようと土日張り切って練習してきました。
6校時は、5年3組でした。

ブックトークとはテーマやストーリーをもって数冊の本を連続して紹介する高度な?技です。
本の選定→原稿づくり→練習→本番
5年生の「聞いてます!」という真剣な表情に圧倒されながら、最後までやり切りました。主体的に聞く姿は5年生も立派です。
明日は6年生にブックトークをします。
ただただ、おすすめの本を選定した責任者として、児童が読み進められたらという思いです。
豊かな読書体験をさせたいと思います。

朝読書の時間

画像1
画像2
画像3
私(校長)も学級に読み聞かせに入るようになって第2週目。
今朝は3年1組に入りました。
使った本はあまんきみこさんの「きつねのおきゃくさま」です。
教科書にも掲載されていたことのある物語です。
アニマシオンの手法で、つまりいろいろ質問しながら進めました。

おなかをすかせたキツネが太らせてから食べてやろうという下心から、ヒヨコ・アヒル・ウサギを家に招き入れます。
すると、ヒヨコたちから、これまで言われたことのないような言葉をもらいます。
「お兄ちゃん」「やさしいね」「しんせつ」最後は「かみさまみたい」と。
キツネは言われたことのない言葉に、ぼうっとなったり、うっとりしたり、きぜつしそうになったり。
あるひ。
おおかみがやってきます。
キツネはどうするか。
最後、キツネはどうなったか。
書かないでおきましょう。

実は、私はこの本を初めて接した時、この結末に涙が出るようでした。
チャンスある時に、子ども達に読んできた本です。

子ども達も読み終わった後、し〜んとなりました。
朝一番の読書にどうだったかはさておき、しっかり聞いてくれてうれしく思いました。
週に一回の読み聞かせ。次は3年2組です。

今日は一時みぞれが降り、開放廊下を通る時の寒さには凍えるようでした。

図書の時間に読み聞かせ

画像1
画像2
画像3
「校長先生、この本のつづき、ありますか?」
1年生の男の子が低学年のおすすめに入れている「あらしのよるに」(木村裕一著)をもってきて、たずねました。
「913のきのところにあるよ」と連れていきました。
つづきがあることをよく知っています。
お母さんに教えてもらったのかな?

その後、「あらしのよるに」を読み聞かせしました。
ときどき内容を質問しますが、耳で聞くお話をおどろくほどよく理解しています。
つづきのお話もあることをしょうかいしました。

図書の時間はどんなじかん?

画像1
画像2
画像3
貴重な授業時間を割いて、図書の時間を設定しています。
貸し借りの手続きに時間がかかりますが、読書が好きになるような取り組みも入れていきたいと考えています。

五小っ子タイム

画像1
画像2
画像3
五小っ子タイムは毎週木曜日、日課票で朝一番15分間のあそびの時間です。
健康体力づくり・仲間づくりの一環として、長く続けてきています。
子ども達もどても楽しみにしている時間です。
低学年は先生が主導で何をするか決めて行うことが多いです。
1月になって、長縄が中心です。
中高学年はレク係りなどの児童が主導で進めているようです。
ドッジボール・長縄・けいドロ・おにごっこなどです。
皆夢中になって遊んでいます。
笑顔がいっぱいの運動場です。

「五日市小学校おすすめの本50冊」完読者の表彰

画像1
画像2
画像3
五日市小学校では、読書教育に力を入れています。
9月に低・中・高ごとに、50冊の推薦図書を決め、児童全員にカードを配布しました。
今日は、2名の2年生の女の子が
「校長先生、おすすめを全部読みました」と、カードをもって校長室に報告にきました。
めったに校長室に来ないから?、応援団が4人お供についてきました。

さて、2年1組の帰りの会におじゃまして、表彰をしました。
「ぼくももうすぐゴールだから」と言う男の子もいました。

現在、完読した児童は、現在9名です。
 2年生3名 4年生5名 5年生1名
高学年になると、本も分厚くなりますので、読むのにもかなりの集中力が必要になります。
低学年は自分が読むのは大変かもしれません。
親の読み聞かせや親と一緒に読んだというのも読んだ印をしてください。
リストを見られて、佐伯区図書館も近いですし、借りて読ませられたらいかがでしょうか。お家でも読書する環境を整えてあげてください。

読書をしている子は学力が伸びると言われます。
目下、中学・高校・大学の受験シーズンですが、読書をしっかりさせておけばよかったと痛感されている方もおられるのではないでしょうか。
読書量は読解力につながります。
読書は、学力向上の基盤になります。

校長による朝読書の読み聞かせ

画像1
画像2
画像3
1年から3年までの全学級に、毎週月曜日、図書ボランティアの方が読み聞かせに入ってくださっています。1〜3年生の学級数は13学級ですから13名の方が入ってくださいます。
ところが、1月からお一人が都合がつかなくなったということで、ピンチヒッターとして、校長が読み聞かせに入ることになりました。
今日は、3年4組です。
はりきって、クラスに向かいました。
すると、机をさげて、椅子だけで前に集まって準備してくれていました。
担任の心遣いに感謝です。

今日読んだ本は、手島圭三郎著「きたきつねのゆめ」です。
手島圭三郎さんは北海道紋別市生まれの版画家であり、絵本作家。
「しまふくろうのみずうみ」で絵本にっぽん賞を受賞されています。
「おおはくちょうのそら」はニューヨークタイムス選・世界の絵本ベストテンに入っています。
私は日本の宝のような絵本だと思っています。
豊かな北海道の自然をダイナミックな木版画で表現されており、家族愛・愛情を感じるストーリーです。

今日読み聞かせした絵本・紹介した絵本
 手島圭三郎著 リブリオ出版
 「きたきつねのゆめ」
 「しまふくろうのみずうみ」
 「おおはくちょうのそら」
 


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
学校行事
2/22 卒業おめでとう集会
広島市立五日市小学校
住所:広島県広島市佐伯区五日市三丁目1-1
TEL:082-921-3288