最新更新日:2018/02/16
本日:count up61
昨日:102
総数:277489
五日市小学校は「子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校」をめざします。

学校朝会

画像1
画像2
「明けましておめでとうございます。」

新しい年が始まりました。気持ちを新たにして、頑張っていきましょうと、新年に当たりテニスの錦織圭選手の話から「目標をもつ」という話をしました。
テニス選手とだれを知っていますか?と問うと、「錦織選手!」と返してくれる子もいました。

錦織圭選手は松江市出身で、1989年生まれの28歳。
3年前には、日本人シングルスとしては世界ランキング4位にまでなったテニスプレーヤーです。
昨年は手首のけがで欠場が続いているそうですが、早く復活してほしいと思います。

錦織圭選手が6年生の最後に、卒業文集に「ぼくの夢」という題で書いた作文を紹介しました。

<ぼくの夢> 錦織 圭
この六年間で一番思い出に残ったことはテニスで日本一になったことです。練習で一所懸命やった結果が出たと思います。全国選抜や全国小学生大会、全日本ジュニアの三つの試合で優勝しました。一試合一試合を「絶対勝つぞ」と思ってやりました。そして「優勝」までいけた時は、すごくうれしかったです。ぼくはテニスのラリーが長く激しく続くところが好きです。いろいろなコースに打ち分け、深く打ったり短く打ったりします。チャンスボールがきた時、強いボールを打つのが好きです。決まった時はすごく気持ちがいいです。このショットがいつも打てるように練習していきたいです。試合に出ることで友達が増えました。友達が増えたおかげでいろいろな話をしたりいっしょに練習できたりできます。それもテニスが好きな一つです。これからは誰だれにも負けないように、苦しい練習も絶対にあきらめずに全力でとりくんでいこうと思います。夢は世界チャンピオンになることです。夢に向かって一歩一歩がんばっていきます。


錦織選手は6年生の時から、テニスで小学校日本一になっていました。
テニスの天才かもしれません。しかし、それは、努力する天才でもあったわけです。
野口英世も言っています。
「誰よりも三倍、四倍、五倍、努力するもの、それが天才だ」と。

こんな人になりたい。こんなことができるようになりたい。
1か月先ぐらいの近い目標。
学年が終わるまでの目標。
そして、大人になった時の目標。

一年の計は元旦にありです。考えてみましょう。

これからの3月までは、学年のまとめの時期になります。
特に、6年生はいよいよ卒業まで残りちょうど50日です。
小学校は、一年間で約200日×6年間で1200日です。
1200日の学校生活が残り50日というわけです。
6年生には、この50日間を、友達や先生たちとしっかり絆を深めて、卒業してほしいと思います。

最後に、五日市小学校の目標を紹介してお話をおわりたいと思います。
五日市小学校をどんな学校にしたいかという目標です。こんな学校にしたい。
それは、
「子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校」です。
皆さんが、今日一日が楽しかったなあ、明日も楽しみだなあ、と思える学校です。
ただ、「楽しさ」というのは、おもしろい、おかしい、楽しさだけではありません。
○がんばってやった。
○勉強がわかった。
○なわとびがとべるようになった。
○やさしい言葉を友達に言えた。
昨日の自分より、今日の自分が成長できたうれしさ・友達と学べた楽しさを「楽しい」と考えています。
先生たちはそのために努力します。がんばっていきます。
皆さんの夢の実現に向けて応援します。
皆さんもがんばっていきましょう。

冬休み前の学校朝会「よりよい成長のために」

画像1
画像2
画像3
平成29年もあと少しとなり,明日からは冬休みです。
この秋冬は,「運動会」や「ふれあい祭り」,「音楽会」,「ウォークラリー」などの大きな行事がありました。学年・学級の楽しい活動もありました。
毎日の勉強にも,コツコツと取り組んだので,考える力,伝える力もしっかり伸びてきたと思っています。
随分と成長したと感心しているところです。

今日は,体育館で学校朝会をもちました。
まず,校長からの「よりよい成長のために」という講話と生徒指導主事から「冬休みの生活について」注意事項を伝えました。

校長より「よりよい成長のために」
4年生の保健の授業を参観して,その内容に基づいてお話をしています。
結論から言うと,成長期の児童には「栄養」「運動」「睡眠」が大切だということです。

「栄養」について
一日に30品目の食材(食べ物)をとるといいとよく言われます。
目標30!
給食では,どのくらいの食材を使っているか考えてもらいました。
4年生も授業の中で、そんなにたくさんの食材を使っているのかとおどろいていました。
今週火曜日の献立は「麦ご飯 さばの塩焼き 昆布マメ 広島っ子じる 牛乳」でした。
どんな食材からできているか。内訳をいいました。
指を折り数えていきました。
なんと,一食の給食で,目標30品目の半分を食べていることになります。
残りを朝ごはんと晩ごはんで取ればいいのです。

さて、冬休み。
当然ですが、給食がありません。
目標30品目の食材を食べるには,どうすればいいでしょうか。
まず,第一に好き嫌いしないことです。

おせち料理は日本伝統的な料理です。
 黒豆・えび・紅白ナマス・昆布巻き・数の子・栗きんとん等
昔の人の願いが込められています。
おせち料理は,地方や家庭によって違いますが,親から子へ,子から孫へ受け継がれてきたものです。
おせち料理も好き嫌いせず、何でも食べてほしいと伝えました。
目標は一日30品目です。

「運動」について
冬休みになると,学校の往復・大休憩・昼休憩もありません。
学校に来ていると,自然に体を動かしていました。
コタツにもぐってばかりでゲームをしていると運動になりません。
寒いからといって家の中に,テレビやゲームに釘漬けにならないように,意識して運動することです。
一日30分は運動することが望ましいそうです。
五日市小学校のみなさんは縄跳びが上手ですね。
休憩時間は縄とび台の前に行列ができています。
冬休みの宿題に縄跳びがでる学年もありますよね。

「睡眠」について
年末年始,家族も夜更かしになりがちです。
家族の団欒は大切にしてほしいと思いますが,自分ひとりでゲームをして夜更かしすることは感心しません。
ゲームはやればやるほど,やめられない,もっともっとと,とまらないようになります。
4年生では,学習の中で,「成長ホルモン」という言葉を習っていました。
成長ホルモンとは,背が高くなったり骨がしっかりしてくる成長を促す体の仕組みです。成長ホルモンは皆さんが眠っている間に分泌されるそうです。
しかし,寝たらすぐ出るというものではなく,眠って2時間ぐらいたってから,ようやく出始めるそうです。
12時から6時までが,成長ホルモンが最も体の中で活躍する時間だそうです。
12時の2時間前は10時ということになります。
10時には寝ましょうということです。
くれぐれも,布団の中に入ってゲームをするようなことはしないように。
成長ホルモンが体の中で,がんばってくれるように睡眠も大切にしましょう。
1 ゲームする時間を決める。
2 ゲームする時刻は明るいとき、夜はしない。
3 友達とゲームをする場合は、場所と時間を決める。など
お家で約束を決めてするようにしましょう。

よりよい成長のために大事なことは、一に栄養、二に運動、三に睡眠。
今日はこのお話をしました。
ご家庭でもよろしくお願いします。

生徒指導主事より
1 10時より早く友だちの家に行かない。5時には家に帰る。
 広島の日の入り時刻は17時5分だそうです。
 5時には暗くなり始めます。
2 友達とカードやゲーム機の貸し借りはしない。
 友達関係がくずれる原因にはります。
3 ゲームをする時間
 お家の人と約束を決めてやりましょう。

ご家庭の協力が必要です。
1月授業が始まった時,スムーズにスタートが切れますように,規則正しい生活を送らせてください。

広島県モラロジー協議会 第9回「家族のきづな」エッセイ実行委員会 テレビ新広島賞受賞

画像1
この度、3名の受賞がありました。すばらしいことです。子どもの素直な作文を読んでいると心から感動します。
新広島テレビ賞を受賞した作品です。

題は「死んだけど死なせない」

私は去年祖母を、最愛の祖母を亡くしました。
そんな時、出会った言葉があります。
それは、永六輔さんの、
「人は二度死ぬんだよ。一度目は肉体の死。二度目は昔の記憶から消えた時。」
というものです。
よくいわれる“心の中で生き続ける”ということが、今までよくわからなかったけれど、永さんの言葉で、とてもよく分かった気がしました。
祖母は私の心の中にいます。
祖母はいろんなことが得意でした。
ししゅうも、編み物も、料理も・・・。
私は、編み物が好きです。
祖母が生きているうちに、もっと教わればよかったと思います。
もう教えてもらうことはできないけれど、残してくれた数々の編み物の道具で編み続けます。
だから、私の心の中で生き続けます。
二度目の死は与えません。
絶対に。

広島県モラロジー協議会 第9回「家族のきづな」エッセイ実行委員会 広島テレビ放送賞受賞

画像1
本校の5年生の女子児童が次のような作文を書いて、広島テレビ放送賞を受賞しました。
このエッセイ募集は、広島市小学校5年生を対象にしたもので、今年は90校から6,123編の応募がありました。

年末年始は親戚とお会いになることも多いでしょう。
お子さんが、命のルーツに触れ、自分の命や家族のきづなを改めて考えることのできる機会と思い、前文を掲載しました。
すばらしい作文です。
ぜひお読みください。


私の祖母から戦争の話を聞きました。
祖母の家族は、戦時中は満州(中国)に住んでいました。
日本が敗戦したため、ロシア軍からにげるようにして、日本に帰ってきたそうです。
その時は、祖母の兄が産まれたばかりで、赤ちゃんの泣き声でロシア軍に見つかれば、みな殺しにされるので、
「赤ちゃんを捨てろ。」
と言われたそうですが、祖々母は連れて帰ってきました。
にげるさいロシア軍に見つかりそうになり、かくれたとき、不思議なことにぴたりと泣きやみ、無事に日本へ帰ることができたそうです。
その後、私の祖母が産まれたそうです。
あの時、もし祖母の兄が泣いていたら、みな殺しにされていて、祖母も私の母も、私も今この世にいなかったことになります。
いっしゅんのきせきで、今、私は生きています。
祖母の兄は、とてもすごいなと思いました。
きせきでつながった命を、大切にしないといけないと思いました。
未来へつないでいかないといけないと思いました。

学校朝会

画像1
画像2
画像3
少し長いのですが、本日の学校朝会では「読書週間」の話をしています。
読書力向上は家庭との連携が鍵です。
五日市小学区は佐伯区図書館もあり、よい環境です。よろしくお願いします。

今日は、「読書週間」のお話します。
これは、読書週間のマークです。
読書週間2017 10・27〜11・9
11月3日の文化の日をはさんで、2週間が読書週間です。
真ん中のイラストは、何のイラストか分かりますか? 
        〜ふくろうの声
「ふくろう」なんですね。ふくろうは読書週間のシンボルマークです。
その由来は、ギリシャ神話からきているそうです。
賢そうな丸い目に大きなメガネをかけた、すまし顔の「ふくろう」を知恵の象徴として、古代ギリシャの人は大切にしたといいます。
森の奥ふかく、静かにじっと思いにふける「ふくろう」の姿が、読書週間のシンボルマークとしてもっともふさわしいものと考えられ、長い間使用されています。

日本の読書週間のスタートは、戦争が終わって、戦火の傷痕が日本中の至るところに残っているなかで、「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・書店、公共図書館、新聞・テレビ・ラジオも加わって、第1回『読書週間』が開催されました。
それから、今年でちょうど70年目です。
いまや日本は、世界有数の「本を読む国民の国」になりました。

一方、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。
アイフォン10の発売、会話ができる犬型ロボット、ゲームの世界も次々と進化しています。
しかし、アイフォンやロボット、ゲーム等、その使い手が人間であるかぎり、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。

今年の読書週間のポスターです。
「本に恋する季節です!」というキャッチコピーを考えられた三浦和也さんは、本に親しみを持つ人々が少しでも増えてほしいと願い、標語をつくられました。
とくに「恋」という言葉を使うことで、若い世代の目にとまればいいなあ、本の世界にときめいてくれるといいなあ、と考えたそうです。
ポスターの原画を考えた有賀千華さんという方は、人との出逢いと同じように、本との出逢いにも運命を感じるようなことがあるのではないか。そんな本との出逢いを楽しんでほしいと言われています。

先週、広島市中央図書館の館長さんが来られて、みなさんの図書室を見学されました。ちょうど6年生が図書の時間に本の交換に来ていて、図書室の利用者の多さにびっくりされました。すばらしいですね。

校長先生の夢は、学校図書館を行列のできる図書館にすること。
そして、読書の五日市小学校といわれるようになることです。

低学年のみなさんは「楽しんで読書する」
中学年のみなさんは「幅広く読書する」
高学年のみなさんは「進んで読書する」

もし、この中に読書ぎらいの人がいたら、自分の好きなアーティストやアスリート本など、興味や関心のあることからはじめたらどうでしょう。
分厚い本より、短編や絵本のように短いお話から始めたらどうしょう。

一冊がなかなか読み終えられない人もいるでしょう。
最後まで読み切るのはエネルギーが必要です。
読めそうな本からはじめましょう。

学級文庫の本は一年間で何回取り替えてもいいシステムにしています。
すでに入れ替えをいている学級がありますか?手をあげて。
   〜3年生と6年生に1クラスずつ、手があがりました。

図書委員や学級の図書係りの人手を挙げてください。
クラスでは図書係といわないかもしれませんね。
学級のみんなが読書が進むように、知恵を出し合ってがんばってください。
環境づくりだと思います。
まずはどんな本を学級文庫に入れるか。
100冊まで図書室から借りれます。
自分の本のように、本を返却して新しい本と交換してください。
いろんな本を入れるといいと思いますよ。
クラスのみんなの興味は様々です。

以上、今日は読書週間のお話をしました。
「読書はどこでもドアです」
「本は読んだ高さから世界が見えます。読んだだけ世界が広がります。」

「からだの音for kids」読まれましたか?

画像1
画像2
画像3
浜脇整形外科病院理事長 浜脇澄伊さんが代表をつとめられる社団法人「からだの音」。
昨年からこの冊子を寄贈していただき、全家庭に配布しています。

今夜は、中秋の名月が見られそうですよ。

10月4日(水)。
今夜は中秋の名月(十五夜)です。

日本の秋の風物詩「十五夜」!

十五夜とは旧暦の8月15日前後に訪れる満月の日のことをそのように呼びます。

「満ち欠けする月の様子」や「作物がつきの満ち欠けとともに成長する」ことから、
1農作物の収穫
2ものごとの結実
3祖先とのつながり
を、連相し、それぞれに感謝し祈るようになったのが十五夜だそうです。

家族で、戸外で月を見るのもよし、部屋の照明を落として、ほのかな明かりの中でめでるのも風流です。

後期始業式

画像1
画像2
画像3
今日から後期のスタートです。
次のような講話をしております。
テーマは「思いやり」です。

五日市小学校のよい子のみなさん おはようございます。
さて、今日から後期が始まります。けじめの式です。
前期終業式では、「かしこく すなおに 元気よく」という校訓についてお話しました。

「かしこく」集団の知恵に学ぶ。みんなで知恵を出し合い、高めあってかしこくなろうという話をしました。
「すなおに」心のコップを上向きにする。「はい、〜です。」のはいと言う言葉は、心を上向きにする、自分を高める言葉ですよと話しました。
「元気よく」体と心を鍛える。体が元気のためには心も元気であることが大切です。もし、悩みがあったら一人で悩まないで相談にいらっしゃいという話をしました。
この言葉を意識して、みんなでよい学校を作りましょう。

後期始業式では、ときにこの3つの中でも、心が元気になるためにという話をします。

みなさんは、「論語」って聞いたことがありますか。
「子ども論語塾」こういう本があります。小学生の皆さんが論語を知るにはいい本です。
「論語」は今から2500年以上も前に、中国に生きた孔子という人、またその弟子たちが言ったことを集めた本です。
2500年前の中国の本です。世界中で読まれています。
その中の一つ。
「子貢問いて曰わく、『一言にして以って終身之を行うべき者有りや。」
子曰わく、
「それ恕か。己の欲せざる所、人に施すことなかれ。」

孔子には3500人のお弟子さんがいたそうです。その内、特に秀でたところのある弟子が「孔子十哲」と呼ばれて、特に優秀なお弟子さん達10人が有名だったそうです。その10哲の中の一人、子貢という方が、孔子様に質問をしました。

「(一言にして以って)一言、ただひと言で、(終身)一生、(行うべき者有りや)実行、行う価値のある言葉はなんでしょうか。」
すると、子曰わく、孔子様が答えておっしゃいました。
「(それ恕か)それは、恕だ。」「(己の欲せざるところ)自分がされたくないというようないやなことを、(人に施すことなかれ)人に押し付けたりしてはいけないということです。」

みなさんも人からされたらいやだなあということはあるでしょう。
「いやなことを言われる・無視されること・たたかれる・いじわる・仲間はずれ」

「己の欲せざるところ、人に施すことなかれ」
「人にされたくないことは人にはしない」ということです。
皆さんも、先生やお家の人から言われたことありませんか。
2500年前の孔子様が言われているのです。子貢という方は大変頭のよいのですが、少し「恕」の心がたりなかったようです。
それで、孔子先生の言葉にもは、そんな子貢への注意も含まれていたのかもしれません。

今も昔も、変わっていないんです。
孔子様は、一生大切にしなければならないもの「恕」の心。
今も昔も大切なのは、「恕」の心です。思いやり。

相手を思う心。思いやり。
自分の目の前の人を大切にする心なのです。

「子貢問いて曰わく、『一言にして以って終身之を行うべき者有りや。」
子曰わく、
「それ恕か。己の欲せざる所、人に施すことなかれ。」

今日は、後期始業式として、孔子の教え「恕」の心についてお話をしました。
五日市小学校で思いやりの心が広がっていくと、楽しく安心して学校生活がおくれることと思います。
皆さん一人一人の心の成長を期待しています。

教育実習スタート

画像1
画像2
後期始業式の始めに、教育実習生の紹介をしました。
明日からのスタートの方もおられますので、実際には5名が教育実習に入られます。
実習生の方が順々に自己紹介されました。
「よろしくお願いします」の声に、「よろしくお願いします」の声が子ども達から返ってきます。
お辞儀をされると、子ども達が拍手をします。
温かい迎える会になりました。
皆さん、五日市小学校の卒業生である、小学校の教員を目指してがんばられる方々です。がんばっていきましょう。期待しています。

平成29年度前期終業式

画像1
画像2
画像3
五日市小872名が体育館に集合しました。
校歌のピアノ演奏が聞こえるほど、無言で足音も少なく体育館に入り、黙って待ちます。
すばらしい集合の態度です。

校長として次のような話をしました。

今日は、前期終業式です。
4月の始業式に皆さんにお話したこと。それは。
「かしこく すなおに 元気よく」という校訓についてでした。

「かしこく」とは、進んで考え、解決することです。
学校は勉強するところです。
どの学級も、落ち着いて勉強に向かっていて、いつも感心しています。
先日、五日市中学校区の校長先生方が授業の様子を見にこられました。
集中してがんばっている様子、特にノートの字がきれいだと感心しておられました。

私は、いつも授業時間に校長先生はカメラをもって授業の様子を見てまわります。
ホームページに皆さんのがんばっている様子を載せるためですが、4月からアップした記事の数は、637件になりました。

昨日のホームページには、4年生の算数の学習をしている様子を載せました。
班のみんなで計算の方法を考えている場面でした。
頭を寄せ合い、相談しあう様子に感心しました。

学校は集団の知恵に学ぶところです。
みんなで知恵を出し合い、高め合って一緒にかしこくなってほしいと思います。

「すなおに」とは、心の中に何でも吸収することです。
ここにコップがあります。
このコップに水を入れる。もちろん、コップにはお水が入りますね。
しかし、下向きにするとどうでしょう。
入れようとしてもこぼれていまいます。入りません。

「すなお」とは、このように心のコップが上向きであることをいいます。
すなおな人は伸びる人です。

では、どうすれば、心のコップが上向きになるのでしょうか。
それは、「はい」という返事をすることです。
学校の朝一番の「はい」。それは、「はい、元気です」の「はい」です。
授業の中では、「はい、〜です。」とはっきり言うことです。
「はい」という言葉をはっきり言える人は、自然と心のコップが上向きになります。
自分をはげますための言葉でもあるのです。
何でも吸収するためには、「心のコップを上向きにする」。
覚えておいてください。


「元気よく」とは、心と体を大切にするということです。
元気というと、体が元気をすぐに思いつきますが、心が元気でなければ、体も元気になれません。心の元気のために、人をいじめるようなことをしては最もいけません。もし、いじめられたり、いやなことがあったら、一人で悩まないことです。相談にいらっしゃい。校長先生はもちろん、先生達はだれでも力になります。

話は変わりますが、図書館が新しくなりました。しっかり読書していますか。
「おすすめの本50冊」は読んでいますか?
3月までに、目標20冊。
20冊を読もうと思うと、1週間に1冊読んでいかないと達成することがむずかしいです。
高学年が分厚い本が多いので大変だと思います。

めくって絵を見るだけではいけません。
飛ばし飛ばしでは、お話のすじがわかりません。

自分の頭で「想像する」この能力は人間にだけにしか備わっていない能力だと言われています。その「想像する」能力は鍛えれば鍛えるほど、さえてくるそうです。
読書をするとその「想像力」という能力を鍛えることができます。

読書は「どこでもドア」です。
本を開くと、タイムマシンのように未来や過去にも行くことできるし、無人島にも銀河系宇宙にもいけます。恐竜次代にも行くことができます。
いろいろなジャンルの本を読んでいきましょう。

特に、6年生。
あと、6ヶ月で卒業です。
たくさん、本を読んで五日市小学校出身の生徒はすがだね。
かしこいねといわれるようになろう。
後半年、どんどん読んで、図書室を利用してください。

今日は、前期終業式として、校訓である「明るく すなおに 元気よく」そして、読書の話をいたしました。

学校朝会

画像1
画像2
画像3
明日から夏休みです。広島市の公立小中学校は2学期制をとっているので、学期途中に夏休みがあることになります。ですから、終業式ではありません。区切りの意味で学校朝会をもちました。

校長講話
五日市小学校のよいこのみなさん。おはようございます。
いよいよ明日から夏休み。39日間の夏休みが始まります。
今日は,夏休み前の区切りの日なので,
1「おすすめの本のデザインの表彰」,
2「夏休みのこと」
3「いかのおすし」
4「平和の日」についてお話します。

1 「五日市小学校おすすめの50冊」について
小学校の間にぜひ読んでほしい本150冊のリストを作りました。
シラストシールのデザインを募集したところ、249のデザインの応募がありました。自ら進んで取り組んでくれたみなさん、どうもありがとう。たくさんの応募にとてもうれしかったです。
その中から、はじめは低中高それぞれ1つずつデザインを選ぶ予定でしたが、あまりにすてきなデザインが多数よせられたため、3つずつに増やしました。
私の方で、一次選考をして17にしぼりました。
その後、学校中の全部の先生の投票で決めました。選ばれた人を発表します。
低学年のデザイン
2年1組 大内田 翔くん
3年3組 児島愛音さん
4年2組 小籔三侑さん
中学年のデザイン
1年1組 中村隼人くん
4年5組 菅田樹里さん
6年1組 濱崎遥菜さん
高学年のデザイン
5年4組 増田希音さん
6年2組 住田勇樹くん
6年2組 池本花乃さん
9名の人のデザインは、おすすめの本にこれからずっとシールが貼られるようになります。おめでとう。
現在、五日市小学校の図書館がリニューアルのために作業が進んでいます。
学校の先生だけでなく、保護者・地域の方も入って作業をしてくださっています。
9月には、すばらしい図書館に変わっていますので、楽しみにしていてください。

2 夏休みのこと
この漢字を読める人はいますか。「選」「選ぶ」と読みます。
校長先生からは、夏休みのテーマを選ぶにしてほしいと思います。
「場所を選ぶ」「時間を選ぶ」「何をするか選ぶ」「人を選ぶ」
夏休みという時間は、みなさんに同じだけあります。自分の夏休みです。
自分の夏休みは自分で決める。そんな夏休みにしませんか?
1地域の子ども会のお世話で、ラジオ体操があります。行くか行かないか。「選ぶ」です。
2ゲームをするか、テレビを見るか、読書するか。それも「選ぶ」です。
3どこで遊ぶか。だれと遊ぶか、これも選ぶです。これも「選ぶ」です。

自分の夏休みです。
自分の夏休みは自分で決める。
そんな夏休みにしてほしいと思います。
夏休みだからこそできる事にチャレンジし、思い出深い夏休みを皆さん一人ひとりが作ってほしいと願っています。
夏休みが終わって、よく日にやけて、一回りたくましくなった、皆さんに会えることを楽しみにしています。

3 いかのおすし
この合言葉はなんのための合言葉か分かりますか?
子どもが被害者となる痛ましい犯罪や交通事故が依然として発生しています。

知らない人について「ついて(いか)ない」
知らない人の車に「(の)らない」
何かあったら「(お)おきな声を出す」
何かあったら「(す)ぐ逃げる」
おとなの人に「(し)らせる」

みなさんは、家族にとって宝ものです。
自分の命は自分で守る。
何かこわいことにあったときは、「いかのおすし」を思い出して、自分で行動に移すんですよ。

4 平和祈念式典に合わせて黙祷
平和集会の時にお話しましたが、8/6、72回目の広島原爆の日です。
今年は、登校日にしていませんが、広島記念式典での黙祷に合わせて、みなさんも黙祷をしましょう。家族の人にも伝えてください。家族みんなで黙祷をしましょう。

校長先生からのお話は以上です。39日の夏休み。自分でしっかり考え、選んで、有意義な夏休みにしてください。8月30日、元気に会いましょう。終わります。

学校協力者会議

画像1
画像2
画像3
提言部会の会議を校長室でもちました。
前町内連合会会長・現町内連合会会長・青少協会長・PTA会長の出席がありました。
校長より、ホームページをお見せしながら、学校の様子の説明を行いました。
五日市小学校でないとできないことをぜひやっていただきたいという応援をいただきました。今後、それを読書教育にしていきたい、そのためのリニューアルを現在行っているお話をしました。

職場のつながり

画像1
校長研修会でとてもすばらしいお話を聴きました。
こんな職場でありたいと思います。

 共通の課題、共通の目標をきちんと持った人たちが、それぞれの個性的な仕事を認め合い、励まし合いながらつながったとき、一人一人の力や仕事は小さくとも、集団としての仕事ができ、道つくりができる。
 仕事で結ばれるためには、共通の目標、共通の課題をもつためにみんなが勉強し、またそれを実践によって一人一人が事実で会得するということが必要である。また、みんながそういうお互いの仕事を発見し認識し合い、感謝し合うことが大切である。今までの日本の社会では、縦の関係での感謝はあっても、横の関係での感謝ということはわりあいになかった。            
               斎藤喜博「学校づくりの記」

保護者の皆様に、パトロールボランティアを募集します

画像1
【目的】
従来のパトロールと組み合わせ、常に子供たちを守ります。
パトロール中の文字で犯罪を抑止します。
子供と出会わなくても、存在自体が犯罪者をひるませます。

【方法】
自転車での外出時プレート前かごに付けていただく簡単な方法です。
買い物時・通勤時・幼稚園などの送迎時・犬の散歩など

【申し込み】
このパトロールボランティアを行うことで、保護者の皆様に安全対策の意識を細く細く長く持っていただき、子供たちへの目配りが可能になります。
同時に地域や保護者や子供たちとのコミニケーションにも役立ちます。
この小さな力を集めて、子供たちを危険から守りましょう。

青少協役員の方もプレートをつけてくださいます。

協力してみようと思われる方は、明日配布のプリントに記入の上、5月19日までに担任の先生に提出してください。
後日プレプレートをお渡しします。


図書館のリニューアルに着手します

画像1
画像2
画像3
学校図書館として、
子どもたちが居心地よく、使いやすい図書館を目指し、
その図書館に必要な分類体系を考え
必要な図書資料を整理し
わかりやすく魅力的に見えるように書架に並べ、
図書の受け入れ、貸し出し、返却、リクエスト、レファレンスなどが
できる図書館を創っていきます。

今日は、佐伯区図書館の重籐館長さんからリニューアルの方向性についてご助言いただきました。
図書ボランティアの蔵田さんと原田さんが朝から廃棄本の選定をしてくださっています。

リニューアルの手始めとして、1万5千冊の蔵書がありますが、
大変古い傷んだ本も多く配架されているので、
約3千冊を目標に廃棄していこうと思っています。

あすはお弁当をお願いします

明日は遠足の予備日となっており、給食を止めています。
5月2日に遠足は実施できたので、通常授業を行います。
明日はお弁当をもたせてください。
よろしくお願いします。

地域学校安全指導員「長澤さん」

画像1
画像2
画像3
長澤さんは、4月広島県警察を退職され、広島市教育長から委嘱を受けて、佐伯区の地域学校安全指導員として着任されました。
1日に2校を巡回し、約2週間で担当の市立幼稚園・小学校を一巡されます。
保護者の皆様並びに地域の皆様、どうぞよろしくお願いします。

地域学校安全指導員の職務内容
●学校安全体制、学校施設の現状を把握します。
●学校安全上の問題点を分析し、学校長に対応策を指導します。
●教職員との協議や研修を行います。
●防犯教室などの幼児児童生徒への学習補助を行います。
●「学校安全ガードボランティア(保護者や地域の方々)」へのアドバイスをします。

学ぶ場にふさわしい服装を

画像1
昨日、田中宏明PTA会長より出された「推奨服を守りましょう」というプリントを家庭配布しています。

ご存知のように、五日市小学校の通学服は「推奨服」となっています。
「推奨服」学校指定の制服ではなく、また何を着てもよいという自由服でもありません。平成12年保護者の意見もとに下記の基準を定められたそうです。
学ぶ場にふさわしく、華美にならず保護者の負担にならないような服装にしています。
推奨服を着ることでルールを守る大切さを学ぶとともに、防犯効果も大いに期待されます。
どうぞ腰ご理解とご協力をお願いいたします。

推奨服の詳しい規準は配布したプリントをご覧ください。

PTA総会

画像1
画像2
画像3
本日、2時より、PTA総会が開催されました。
協議事項が滞りなく承認され、本年度のPTA活動がスタートしました。
これまで、PTA執行部の皆様には,日頃から本校教育やPTA活動を献身的に支えて下さり,本当にありがとうございます。

藤本PTA会長様、および役員の皆様が交代されました。退任される役員の皆様,これまで,本当にお世話になりました。
新PTA会長として、田中さんが選任され、新体制がスタートしました。
どうぞよろしくお願いいたします。

中学校の生徒に聞きました。
PTAのPはなに? ペアレント。じゃあTは? ティーチャー。
ふんふん。Aは? あつまって。

とにかく、PとTが集まって子どものためにがんばりましょう!

4月学校朝会

画像1
画像2
画像3
五日市小学校のよい子のみなさん
声を合わせて、体育館の窓ガラスがびりびりというぐらい大きな声で朝の挨拶をしましょう。「おはようございます。」(子どもたちからの声は大変大きな声でした)
「かしこく すなおに 元気よく」これが五小の合言葉です。

校長先生は4月にこの学校にきましたが、五日市小学校に来て本当によかったなあと思います。毎日が校長先生は楽しいです。
なぜ、楽しいと感じられるか?今からそのわけを話します。
それは、皆さんがとても素直で明るいことです。その素直さをどこから感じられるか?
それは、みなさんのあいさつだと思います。
昨日は眼科検診がありましたね。
眼科医の先生も校長室でお話をしていると、五小の卒業生なんだそうですが、五小の子はあいさつがよくできるとほめてくださいました。それから、スムーズに検診を受けてくれるので、またされないとほめてくださいました。校医さんはいろんな学校にいかれていますから、こんな風にほめてくださるのは本物なんです。

私も、五小が楽しいと感じるわけは、あいさつです。
しかも、あいさつだけではない。
これは「お辞儀」といいます。(やってみせる)
五小ではすれ違う時に、「会釈」をしてくれます。
廊下で出会っても、教室に入ったときも、「会釈」。
ちょっとした「会釈」がとても感じがいい。
「会釈」という言葉を国語典で調べると、
「軽くあいさつや礼をすること。」の他の意味に、「相手に心配りすること」「思いやり」という意味も書いてありました。

「会釈」とは、相手に対する心配りなんですね。
人に出会ったら、相手に対する心配りを大切にする。
これは、人と人とが付き合う基本的なことでとても大切な心の持ちようなのですね。

前置きが長くなりました。
今日の学校朝会の話は「読書」についてです。

これを見てください。
このポスターが職員室の前に掲示されていたのですが、見たよっていう人?(たくさん手があがりました)
なんと書いてあるかと言いますと、「4月23日は子ども読書の日」文部科学省。

今年は、4月23日が日曜日でした。
それで、広島市では24日の月曜日を広島市全校一斉「朝読書の日」と設定して、広島市全校で実施しました。
皆さんも、朝読書をしましたね。1〜3年は読み聞かせボランティアが入ってくださいまいた。

このポスターは毎年図案が変わります。
今年もかわいいなあと思いました。
子どもが二人で本を読んでいます。その周りに、牛さんや熊さん、ウサギさん、ネコさん、蛇もいます。いろいろ動物が読書をしています。みんな笑顔です。

「きみが読むのを待っているよ」と書いてあります。
「きみが読むのを待っているよ」だれが待っているんですか?(本と声がたくさんあがる)本ですね。

ところで、五日市小学校にはいったい何冊の本があると思いますか?
ざっと1万5千冊です。すごい数の本です。
一年間に学校に来る日は約200日です。6年間で、1200日です。
一日に10冊読んだとすると12,000冊です。読みきれるはずがないほど本はあるのです。
一日1冊ずつ読んだとして、1200冊です。
十分の一も読んでないことになります。全部読みなさいと言っているわけではありません。

読書のすばらしさを昔から、いろいろな人がいろいろな言葉で言っています。

「本は読んだ高さから○○○が見える。読んだだけ○○○が広がる。」
ひらがな三文字何が入ると思いますか。
(ゆめ)(みらい)という声があがりました。(すばらしい感性の子どもたち!)
読んだ本を積み重ねてごらん。読めば読むほど、それだけ高くなって遠い世界までみえるようになる。
読んだら世の中のことが分かり、視野が広がっていくということですね。

マイケル・ジャクソンって知っていますか?
(知っている。手がたくさん挙がりました)(びっくり!)
マイケル・ジャクソンは、
「僕は読書が大好きだ。もっと多くの人に本を読むようアドバイスしたい。本の中には、まったく新しい世界が広がっているんだよ。旅行に行く余裕がなくても、本を読めば心の中で旅をすることができる。本の世界では、何でも見たいものをみて、どのでもいきたいところに行ける。」
マイケル・ジャクソンの曲はすばらしいですが、読書がマイケルの感性とその創造性を育てたのかと、納得しました。

みなさん「本との出合い」は一生の宝物になります。
これからしっかり読書をしていきましょう。

本が「きみが読むのを待っています」
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
学校行事
2/22 卒業おめでとう集会
広島市立五日市小学校
住所:広島県広島市佐伯区五日市三丁目1-1
TEL:082-921-3288