最新更新日:2019/10/18
本日:count up105
昨日:339
総数:443297
五日市小学校は「子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校」をめざします。

算数科授業改善

画像1
画像2
画像3
2組に続き、3校時に1年3組に入りました。
「なんばんめ」という学習です。
数は順序や位置を表す際にも用いられることを知り、前後に関わる順序の表し方を理解する学習です。
結構、簡単にみえてむずかしいです。
私も1年生の担任をしていた時、この学習で理解できていると思ってテストをしたら、まちがえる子が結構いたのを覚えています。

「前から3人」と「前から3人目」の違いです。
数学的にいうと、集合数と順序数の違いになります。

デジタル教科書がパソコンに全学年に入っています。
大変効果的です。
まず、「かけっこ」の問題が動画で大型テレビに映し出されました。
子ども達はそれを見て大喜び。ぐっと興味が高まります。
問題をイメージさせることがたやすくなります。
かけっこの1着はイヌ。2着はネコ。3着は・・・。

次は、「つなひき」の問題です。
ライオン対動物たちでつなひきをやっている図がのっています。
担任がつなひき好き?は〜い!と言って、「私がライオンさんになるよ!みんなは動物たちね。」と動作化しました。全員がノリノリに綱引きしました。
実体験と関連しながら、イメージを深めていきます。
「では質問するよ。」
切り替えもさっとできます。
「前から3人はだれですか?」
「では、3人目はだれですか?」
など、学習が続きます。

教科書の車の問題に入り、集合数と順序数のちがいを子どもなりの言葉で表現しました。
「前から3台は3つ色をぬるけど、前から3台目はひとつだけ色をぬります。」
はりきってがんばる姿に思わず、よくがんばっているよと声をかけました。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
広島市立五日市小学校
住所:広島県広島市佐伯区五日市三丁目1-1
TEL:082-921-3288