最新更新日:2019/06/14
本日:count up1
昨日:114
総数:414504
五日市小学校は「子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校」をめざします。

野外活動9

画像1
画像2
画像3
15:45テントに移動

キャンプ場に入りました。今日はテント泊です。
今夜はキャンプファイヤーの予定でしたが、雨で地面等が濡れているため、ナイトオリエンテーリングに変えています。

今日の野外活動の報告HPはこれで終了します。明日をお楽しみに。

学校を磨く子は、自分の心を磨いています

画像1
画像2
画像3
詩人の坂村真民さんの作品に「鈍刀を磨く」がある。

鈍刀をいくら磨いても 
無駄なことだというが 何もそんなことばに
耳を貸す必要はない せっせと磨くのだ
刀は光らないかも知れないが
磨く本人が変わってくる
つまり刀がすまぬすまぬと言いながら
磨く本人を 光るものにしてくれるのだ
そこが甚深微妙(じんじんみみょう)の世界だ
だからせっせと磨くのだ

磨く子どもを見守ろう。
その成長を楽しみに。

野外活動8

画像1
画像2
画像3
こちらは、カプラと並行して行っている竹はしづくりのグループです。
小刀を使い慣れていないので、手がいたくなることでしょう。
いいお土産ができますね。

野外活動7

画像1
画像2
画像3
カプラをしている写真と竹はしづくりの写真が、団長の教頭より、次々と送られてきます。活動ぶりに感動しているのではないでしょうか。芸術作品が完成しています。

野外活動6

画像1
画像2
規則性があって、芸術作品を思わせるような作品ができています。
くずすのがもったいないですね。

野外活動5

画像1
画像2
画像3
雨プログラムその2 カプラ

カプラとは、1988年にフランスで生まれた造形ブロック。
板は一枚一枚正確に同じサイズで作られています。想像力と創造力を養うとされています。みんなでつくると、大作ができます。
最後に一番下の積み木を一つだけ抜くと、ゆっくりと崩れて行きます。
それも楽しみの一つ。

野外活動4

画像1
画像2
画像3
雨プログラムその1 竹はしづくり
小刀を使って、竹をけずっていきます。センターの指導員の方から作り方を教えていただきました。みんな黙々とけずってます。

野外活動3

画像1
画像2
画像3
11:30昼食 雨なので、研修室をお借りして食べました。

野外活動2

画像1
画像2
画像3
10:30全員無事、バス野外活動センターに到着
10:40張り切って入所式
 バスから降りて、重い荷物を抱えて、センターに入りました。みんな張り切っています。
 入所式では、始めに、センター長さんへ代表児童から挨拶をしました。
また、シーツのたたみ方も教えていただきました。何もかも初めてのことばかりだと思います。ガンバレ!
 まだ、少し雨が降っていますが、傘をささなくてもいいぐらいになってきました。
午後の内容がオリエンテーリングから、竹はし作りとカプラになりました。
竹はしはお土産に持ち帰ることができます。カプラも有名なゲームです。

授業観察3年

画像1
画像2
画像3
 国語「自然のかくし絵」読んで、感想を伝え合おう
 音読は読むことの第1歩。小学校では毎日音読の宿題を出すぐらい音読を重視しています。このクラスの児童は音読に自信をもっているようです。
 「自然のかくし絵」=保護色のこと
 保護色が役立つ条件について、読み取っていきました。
 廊下には、今朝、羽化したばかりのモンシロチョウがいます。

野外活動1

画像1
画像2
画像3
9:00出発式〜9:30バス乗車
 出発式は体育館で行いました。司会者・挨拶をする児童もしっかり声を出して、とても立派でした。

 私は、5年生が3年生の時にこの学校に着任しましたが、出発式での様子を見ていて、成長したなあ、大きくなったなあと感じました。ご家庭の皆さんは、もっと成長を感じておられることでしょう。
 2泊3日の野外活動は、小学校生活の中で、児童が初めて迎える「宿泊を伴う学校行事」です。生活の身のまわりのことも全部自分でしなくてなりません。思うようにならないこともあるでしょうが、そんなときこそ、友達や先生の関わりのありがたさを感じる時です。
 友達との絆・先生との絆が深まるよう願っています。
団長を務める教頭を始め、引率教員みなで、子ども達をしっかりお預かりいたします。
 いってらっしゃい。by校長

授業観察2年

画像1
画像2
画像3
国語「ことばで絵をつたえよう」

台本作りが終わり、今日が本番の発表会です。
校長先生が授業を見に来てくれるということで、全部の班が発表することになりました。
張り切っている子ども達の意欲をそぎたくないという担任の配慮です。

1つの発表は30秒ぐらいでしょうか。2回繰り返しました。
聞こえないと言われることが一切ありません。どの子もしっかりした声で言えました。
聞き手は、説明に集中して絵を描きます。
私も一緒に絵を描きました。
始めの班の発表は言うスピードが速く戸惑いましたが、おどろくことに慣れるんです。
私も言われる通りに描きました。次第にスイスイ描くことができるようになりました。
子ども達もそうでしょう。
楽しい時間を子ども達と過ごすことができました。
次の発表者を待つ間、みなが無言で待つのにはおどろきました。
うまく描けたという満足感があるからでしょう。

授業観察2年

画像1
画像2
画像3
国語「ことばで絵をつたえよう」

「絵のかき方発表会を始めます。」パチパチパチパチパチパチ
班で相談して、台本を作りました。うまく伝わるといいなあ。
今日が本番。しかも、校長先生が見に来てくれる。
校長先生も絵を描いてくれるかなあ。とても楽しみにしてくれてました。

このクラスでは、説明のよかったところも発表していました。
大型テレビに映しだした台本に、発表された「よかったところ」がピンクで記されます。
分かりにくかったところは水色に。

こんな学習が伝え方の学習に生きて働きます。
私たちは、子ども達に、「生きて働く言葉の力」を育てたい。

授業観察2年

画像1
画像2
画像3
 国語「ことばで絵をつたえよう」

説明の通りに、絵を描いてもらいます。うまく伝わるといいなあ。
始めに一人一人で書いてみたあと、班で相談して、台本を作りました。

そして、本番。

聞き手は、説明を聞きながら、絵を描きます。
分かりにくかったところを、こう言ってもらえるとよく分かったと思うということを発表していきます。

出る意見がとてもしっかりしていて、みんなが納得していました。
聞いて絵にかき、困る経験が生きているのでしょう。
とても素直な言い方でほほえましいです。

3年生図工「粘土」

画像1
画像2
画像3
なかなか素晴らしい世界観が表現されています。ダイナミックですね。

授業観察1年

画像1
画像2
画像3
男の子が前に出て発表しています。
「『っ』は『ね』と『こ』の間にあります。」
「っ」はどこに書けばいいんだろう。
 教科書を繰り返し音読するときに見つけたり、すでにもっている知識を活用しながら子ども達は考えます。
 
 小学校に入るまでに、ある程度の知識をもっている子がほとんどです。
それなのに、一から教えていくのが小学校の教育だったと思います。
 
 ひらがなの学習がとても楽しいようです。
先生の表情がとても温かです。

授業改善1年

画像1
画像2
画像3
国語「ねことねっこ」の学習です。
始めに、ひらがなの「よ」を練習しました。

みじかいさかみち
たてさんまっすぐおりて
したからさかなさんでとめる

これが「よ」の書き方です。
これを先生が言いながら、子どもはそのとおり書いていきます。
先生が書く「よ」が大型テレビにうつっています。
もうすっかりなれたのか、見ている子はいないようです。
耳から聞こえる先生の言葉にあわせて、鉛筆をゆっくりていねいに動かします。
息をとめて書いているんじゃないかというぐらい、慎重です。

こうやってひらがなの学習が毎日1文字ずつ、ゆっくり進んでいきます。

今日の給食(5月22日)

画像1
画像2
画像3
《5月22日の給食》
 セサミパン さけのマリネ クリームスープ 牛乳

【牛乳】
 クリームスープに使う牛乳は,ご家庭にあるような,牛乳パックに入って届きます。昨日,センターの冷蔵庫を開けると…写真のように牛乳が並んでいました。これを一つ一つ手作業で開けて,容器に移し替えていきます。

 今日は2年生の教室での一コマです。マリネの魚や野菜が苦手…と言いながらも,最後はきれいに食べてくれました。苦手な食べ物も頑張ろうとする気持ちが素敵です。

読書活動を支えるボランティア

画像1
 本の修理をしてくださっている図書ボランティアの方です。
大切な児童の読書活動を支えるボランティアです。
 随時募集しています。
ぜひお時間が取れる時に、1時間でも30分でもいいので、参加していただけませんか?

先生のおすすめの本のコーナー追加

画像1画像2
 図書ボランティアの方は本の修理に来てくださいます。
細かい作業もいとわずにしてくださっています。
 先生のおすすめの本のコーナーに追加がありました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
学校行事
5/28 5年野外活動〜30日まで
広島市立五日市小学校
住所:広島県広島市佐伯区五日市三丁目1-1
TEL:082-921-3288