最新更新日:2020/08/05
本日:count up122
昨日:176
総数:354894
本校教育目標〜未来を切り拓く、心豊かでたくましい子供の育成〜

5月7日(木) 春が旬の食べ物

画像1 画像1
 春は、春キャベツや新玉ねぎ、新じゃがいも、さやえんどう、グリーンアスパラガス、わかめなど、たくさんの食べ物が実る季節です。寒い冬を乗り越えて実った野菜たちも多く、元気になるパワーがぎっしり詰まっています。
 そこで、昨年の給食を振り返りながら、春が旬の食べ物を紹介したいと思います。

 昨年の5月7日の給食は何だったかな?と思って調べてみると、昨年の今日は遠足でした。なので、5月8日の給食を振り返ると、「若竹汁」が取り入れられていました。

 若竹汁の「若」とはわかめで、「竹」とはタケノコのことです。2種類の新芽を使ったすまし汁は、春を代表する汁物で、春の香りを届けてくれます。給食室でも、若竹汁を作ることで、「春が来たな〜」と感じるといっても過言ではありません。

 若竹汁の作り方
 〈材料 4人分〉
 木綿豆腐     1/3丁
 かまぼこ     1/4本
 (乾)わかめ   大さじ2(生わかめの場合は350g)
 たけのこ(水煮) 1/2本
 にんじん     小1/3本
 ねぎ       3本
 かつお節(だし用)12g
 だし昆布     6g
 しょうゆ     大さじ1
 酒        大さじ1/2
 塩        小さじ2/3
 水        3カップ
 〈作り方〉
 1 下ごしらえ
   豆腐…角切り、かまぼこ…いちょう切り
   (乾)わかめ…水でもどす 
   たけのこ・にんじん…いちょう切り
   ねぎ…小口切り
 2 昆布とかつお節でだしをとる。
 3 だし汁を煮たて、にんじん、たけのこを入れて煮る。
 4 材料がやわらかくなったら調味し、かまぼこ、豆腐を加える。
 5 仕上げにわかめとねぎを加える。
 〈作り方のポイント) 
 ☆たけのこ(水煮)は下茹でするとえぐみが抜けます。
 ☆だしの取り方
  ・鍋に水を入れ、昆布をつけておく。
  ・弱火でじっくりだしを出す。
  ・沸騰直前に昆布を取り出し、かつお節を入れる。
  ・再度、沸騰したらすぐに火を止め、こす。

 季節には季節の食べ物を食べて、心にも体にもしっかり栄養補給してもらいたいです。
 参考までに…
 昨年の5月8日の他の献立は「鶏肉のから揚げ」と「キャベツの昆布あえ」でした。献立の参考になれば幸いです。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
広島市立落合小学校
住所:広島県広島市安佐北区落合南二丁目13-1
TEL:082-842-0162