最新更新日:2020/01/12
本日:count up35
昨日:35
総数:157592

今年も大変お世話になりました

 今年も残すところ,あとわずか。井口小学校も冬季休業に入りました。
 子ども達にとって,冬休みは,楽しい行事がいっぱい。今年最終登校日の下校時には,足取りも軽く帰路に着いていました。
 この1年,皆様のおかげで大過なく過ごすことができました。本校教育活動に,深いご理解と多くのお力添えをいただきましたこと,深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
 皆様,どうぞ,良い年をお迎えください。
 

校長先生の似顔絵

 井口子ども会の皆さんが製作した「ボタンアート 大好きな 林校長先生」。
 子ども文化祭に出品された作品です。ボタンを一つずつ,色のバランスを見ながら,ボンドで貼り付けて作ったそうです。
 大好きな校長先生への思いがいっぱい詰まった作品です。
 あったかい素敵な作品ですね。
 
 
 
画像1 画像1
画像2 画像2

ひろしま美術館で,名画を鑑賞

 12月18日(水),6年生はひろしま美術館に出かけました。
 広島美術館に常設されている,フランスの近代美術の作品や(特別展)岸田劉生の作品を鑑賞しました。
 それぞれが自分の感性に触れる作品の前で,じっくり作品と向き合っていました。
 また,ひろしま美術館が,原爆で傷ついた広島の人々の魂を鎮魂する意味と,広島の人々を芸術で力づけようと設立されたのだと知り,改めて,その思いを感じ取っていました。
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

音楽が心を豊かに 〜文化の祭典・広島市こども音楽祭〜

画像1 画像1
 文化の祭典「音楽の部」(広島市小学校音楽祭)が,広島文化学園HBGホールにて,12月7日(土)〜8日(日)の2日間の日程で開催されました。
 本校からは,6年生のみんなが井口小の代表として,8日(日)に出演しました。7月から少しずつ練習を重ねていきました。
 打楽器とピアノの軽快なリズムに乗って,明るい歌声を響かせた「HAPPY MUSIC」。一つ一つの言葉の持つ意味を汲み,歌い方を工夫しながら,歌い込み仕上げていった「遠く」。1曲目で弾け,2曲目で語るように思いを伝えていきました。
 6年生全員の思いが会場中を満たし,聴衆の皆さんが,その歌声に聴き入っている姿が印象的でした。

音楽が心を豊かに 〜井口地区ふれあい音楽会 〜

 12月1日(日)井口地区ふれあい音楽会が,本校を会場に開かれました。
 本校の5年の皆さん,井口中学校の吹奏楽部やはまゆう学級の皆さん,井口明神小学校のブラスアンサンブルの皆さんが素敵な演奏を披露してくれました。会の進行は,井口中学校の放送部の皆さんでした。

 井口小学校からは,5年生のみんなが歌と合奏を演奏しました。1曲目は,英語の歌「We are the world」を歌いました。2曲目は,リコーダー二重奏「星間連絡船」を演奏しました。そして3曲目は,2部合唱「いのちの歌」,5年生全員の思いが一つになり,聴く人の心に響く歌声でした。教職員も混声3部合唱「越えてゆけ」を,披露させて頂きました。

 井口地区に住む皆さんの交流の場として,毎年,井口中学校区ふれあい活動推進協議会の主催で開催されるこの音楽会。今年で19回を数えます。
 会の締めくくりに,会場の皆さん全員で,ビリーブを歌いました。会場中に皆さんの優しい歌声が響き渡りました。
 音楽って,いいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

音楽が心を豊かに 〜オペラ「森は生きている」〜

 秋から冬にかけて,心温まる行事がありました。

 今年の芸術鑑賞会は,こんにゃく座の皆さんによる,オペラ「森は生きている」でした。
 まず,体育館の半分を使った大がかりな舞台装置が,場面ごとにお城になり,森になり。伴奏はピアニストの生演奏。そして,20名を超える俳優の皆さんの歌や踊り,演技と大迫力の舞台でした。
 子ども達は,一羽のカラスの登場からもうくぎ付けとなり,時にわくわくし,時にどきどきし,最後には,心温まる結末に感動していました。
 美しいものにふれ,心動かされる体験が,美しいものを美しいと感じる心を育てていくのだと思います。
 
画像1 画像1 画像2 画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
広島市立井口小学校
住所:広島県広島市西区井口二丁目13-1
TEL:082-278-3204