最新更新日:2019/10/15
本日:count up54
昨日:65
総数:152301

11月29日(水)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:ごはん 瀬戸内お好み 広島菜のごまあえ 西区そだちのみそ汁

 今日の献立は,ほとんどの食材が広島県でとれたものを使った「今が旬!海の幸山の幸たっぷり西区ランチ」です。
 瀬戸内お好みには,広島湾でとれたかきと西区の観音地区でとれた観音ねぎ,北広島町でとれたキャベツ,広島県産小麦粉,米粉,鶏卵が入っています。商工センターに工場があるオタフクソースのお好みソースをかけて食べます。
 広島菜のごまあえには,安佐南区川内地区でとれた広島菜と西区草津で作られたじゃこ天を使いました。
 西区そだちのみそ汁には,井口の鍛治山農園でとれたさつまいも,だいこん,小松菜と,佐伯区石内の奥田農園でとれたにんじん,広島県産の大豆を使ったみそを入れて作りました。
わたしたちの住んでいる近くでとれたたくさんの地場産物を使って,おいしい給食ができました。

11月15日(水)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:うずみ 小いわしのから揚げ 広島菜の炒め物 牛乳

 うずみは,広島県の福山市近辺で食べられている郷土料理です。具をうずめるという言葉から「うずみ」という名前になりました。江戸時代にぜいたくなものを食べることを禁止されていたため,具をごはんで隠して食べたのが始まりと言われています。
 小いわしのから揚げは,広島県の海でとれたものを使っています。骨ごと食べられるので,カルシウムをしっかりとることができます。
 広島菜の炒め物は,安佐南区川内地区でとれた広島菜を使いました。広島菜漬を作る前の生の広島菜は,今の時期しか使えない旬の食べ物です。ゆでてから炒めるので苦みも少なく,ちりめんいりこやさつま揚げのうま味も加わり,おいしくできあがりました。

11月7日(火)の給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
献立:まつたけごはん さんまの塩焼き のっぺい汁 柿 牛乳

 今日は「秋の献立」です。米,まつたけ,さんま,さといも,だいこん,柿など秋が旬の食べ物を取り入れました。
 さんまには,血管の病気を予防してくれる脂が多く含まれています。骨に気を付けて食べていました。
 柿は,1つ1つへたをとって,皮をむいて,食べやすいように切って出しています。食べ慣れない子も中にはいるようですが,秋においしい食べ物をしっかり味わって食べてほしいと思います。
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

学校だより

行事予定と下校時刻

いじめ防止等のための基本方針

広島市立井口小学校
住所:広島県広島市西区井口二丁目13-1
TEL:082-278-3204