最新更新日:2019/12/16
本日:count up113
昨日:60
総数:378063
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

9月14日の給食

画像1
画像2
画像3
 ごはん 高野豆腐の五目煮 ごまあえ 牛乳

 今日は高野豆腐をいろいろな食材と煮込んだ、高野豆腐の五目煮でした。
 高野豆腐は「凍り豆腐」とも呼ばれています。
 名前のとおり、豆腐を凍らせて乾燥させたものです。
 普通の豆腐より、貧血を防ぐ鉄が多く含まれています。

 教室を訪問すると「ごまあえ、おいしくてたまりません!」と言ってくれました。
 他のクラスでは、ごまあえファンと高野豆腐の五目煮ファンが交互に「おいしいです!」とうれしい言葉をかけてくれました。
 

9月13日の給食

画像1
画像2
画像3
 小型パン いちごジャム カレーうどん ハムと野菜のソテー ぶどう 牛乳

 世界のぶどうの中で一番たくさん作られているのが、ぶどうです。
 その半分以上は、ワインにされますが、日本では生でそのまま食べることが多いです。
 粒が小さく種のないデラウェア、大粒で甘みの強い巨峰やピオーネ、色が緑でさわやかな味のマスカットなど、いろいろな種類があります。
 今日は、甘みが強く種のないニューベリーAを取り入れました。

 「カレーうどん、うま〜い!!」と言ってくれた元気な児童。 
 「めちゃくちゃおいしいです!」の声をたくさん聞くことができました。

9月12日の給食

画像1
画像2
画像3
 ごはん うま煮 酢の物 牛乳

 うま煮という名前の由来は「旨味」であり、具材の旨味が煮こむことで合わさり、絶妙な味つけになることから「うま煮」と呼ばれるようになりました。
 給食室で作る煮物は、たくさんの材料を煮こむので、いろいろな味が出て、とてもおいしく出来上がります。
 今日は、鶏肉・さつま揚げ・生揚げ・じゃがいも・こんにゃく・だいこん・にんじんでうま煮を作りました。

9月11日の給食

画像1
画像2
画像3
 ビーフストロガノフ ビーツのサラダ 牛乳

 姉妹都市献立「ボルゴグラード市」
 代表的なロシア料理の一つにビーフストロガノフがあります。
 食べることが大好きだったアレキサンダー・ストロガノフ伯爵が考え出したといわれています。
 今日はキャロットピラフの上にかけて食べました。
 また、サラダにビーツを取り入れました。
 ビーツは、赤カブに似た野菜で、さとうだいこんの仲間です。
 ロシアではビーツを具だくさんのスープに入れた「ボルシチ」という料理もよく食べられています。 

9月10日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん ホキのかわり天ぷら ひじきの炒め煮 かきたま汁 牛乳

 料理のうま味をだすために欠かせないのが「だし」です。
 今日のひじきの炒め煮とかきたま汁のだしは、昆布とかつお節からとっています。
 昆布は水につけておき、火にかけ沸騰する直前に取り出します。
 そしてかつお節を入れて沸騰したら火を止め、沈むまで待ちます。
 少し手間がかかりますが、給食では天然の素材でだしをとっています。

 今日から1年生が配食準備をはじめました。
 おぼん・食器・食缶とどれも重たいですが、協力して運びました。
 おたまやしゃもじを使っての配食も手際よく行うことができました。
 おうちでお手伝いをしているそうです。

 

9月7日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん マーボー豆腐 中華サラダ 冷凍みかん 牛乳

 中華サラダのドレッシングは、酢・しょうゆ・さとう・ごま油・塩をしっかり混ぜて給食室で手作りしました。
 仕上げにすった白いりごまも入っているので、風味もよくさらにおいしくなります。
 給食では、中華ドレッシングの他に、フレンチドレッシングや、和風ドレッシングも手作りしています。
 
 児童の写真は4年生です。
 4年生は協力してすばやく準備ができています。
 また、箸の持ち方もよく、よい姿勢で食べていました。

9月6日の給食

画像1
画像2
画像3
 黒糖パン さけのレモン揚げ ベーコンポテト コーンスープ 牛乳

 今日はさけにでんぷんをつけて、油で揚げ、レモン果汁の入ったたれをからめた、さけのレモン揚げを作りました。
 「今日の給食大好き〜!」と話してくれた3年生。
 残食はなく、とてもよく食べていました。
  

9月5日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん 肉じゃが 野菜炒め 牛乳

 今日は肉じゃがに糸こんにゃくを取り入れました。
 糸こんにゃくはおなかの中をそうじする食べものです。
 広島市では佐伯区湯来町の特産品です。
 また、野菜炒めに取り入れたピーマン・太もやし・小松菜も広島県産でした。

 児童の写真はごはん粒を上手に取っているところです。
 すべての食べ物に感謝していただきました。
 

9月3日の給食

画像1
画像2
画像3
 ビーンズカレーライス フルーツミックス 牛乳

 今日はカレーライスに大豆を取り入れました。
 大豆はたんぱく質が多く含まれているので「畑の肉」と呼ばれています。
 大豆に含まれるイソフラボンという成分は、骨がスカスカになり、もろくなる「骨粗鬆症」という病気を防ぐ働きがあります。

 夏休み明けてはじめの給食でした。
 大豆を苦手な6年生の児童が「大豆が17個入っていたけど、全部食べました。」と話してくれました。
 17個も入っていたことも驚きましたが、成長を感じました。
 
 全体を通して残食は少なく、とてもよく食べていました。
 

7月31日 親子給食調理体験会

画像1
画像2
画像3
親子給食調理体験会を実施しました。
例年100名近くの応募がある人気の行事です。
今日は32名の親子に参加していただき、給食を作りました。

メニューは、せんちゃん焼きそば・岩石揚げ・フレーフレー!!サンフレぶどうゼリーでした。

参加していただいた保護者から
「空調がない中で調理をされているとは知りませんでした。」や
「衛生面や栄養面、給食がどうできるのか知ることができてよかったです。驚きの連続でした。」
など感想をいただきました。
子どもたちから
「給食を作っている先生の大変さがわかりました。」
「給食室があんなに暑いとは知らなかった。」
と感想を聞くことができました。

この体験会を通して調理員の先生方の思いや大変さを知っていただくことができてとてもよかったと思います。

7月20日の給食

画像1
画像2
 麦ごはん 八宝菜 大豆のぎずけ煮 牛乳

 「ぎすけ煮」は、福岡県の博多に住んでいた宮野義助という人が考えた料理なので、この名前がついたと言われています。
 初めは、小さな魚を乾燥させ、甘辛く味つけ、のりなどをふったものだったようです。
 給食では、かえりいりこと「畑の肉」といわれる大豆を使いました。
 骨や歯をじょうぶにするカルシウムと、体の中で血や肉になるたんぱく質が、たくさん含まれています。
 
 今日は給食最後の日でした。
 ぱくぱくしっかり食べてくれたので、給食委員会から賞状を渡しました。
 夏休みも好きなものだけでなく、なんでも食べて元気に過ごしてほしいです。

7月19日の給食

画像1
画像2
 ごはん さばの煮つけ 切干し大根のごま炒め ひろしまっこ汁 牛乳

 今日は食育の日でした。
 ごはんを主食とした一汁二菜の献立を取り入れ、魚料理とひろしまっこ汁を組み合わせています。
 もう一つのおかずには、日本に昔から伝わる保存食の切干しだいこんは、生のだいこんを乾燥させることで、長く保存できるようになるだけでなく、味も良くなり、栄養価も高くなります。
 ふだんから、しっかり食べてほしい食品です。

7月18日の給食

画像1
画像2
画像3
 たこめし 豆腐汁 すいか 牛乳

 郷土食「広島県」
 広島県は、瀬戸内海に面しているため、海の幸が豊富にあります。
 たこもその一つです。
 瀬戸内海では、4月から8月にかけて、たこ漁がさかんに行われます。
 「たこめし」は、釣り船の上で、「たこの炊き込みごはん」として作られ、親しまれてきました。
 給食では、油揚げ・にんじん・ごぼうなどと一緒に甘辛く煮ました。
 
 また、今日はすいかを取り入れました。
 角切りのため、お皿に盛り付けました。
 すいかがしょうゆごはんの上に乗らないように工夫してたこめしの具をのせていました。
 

2年2組 訪問給食

画像1
画像2
画像3
今日の訪問給食は2年2組でした。
主幹教諭の久保田先生・竹越先生に参加していただきました。
「お二人は何の先生でしょうか?」という質問をしました。
「図工室の先生」「職員室の先生」や「先生がお休みのときに来てくれる先生」など一生けんめい考えて、たくさん答えてくれました。
昨年度の生徒指導主事の先生が「ぼくはみんなの先生です。」という言葉が印象的でした。
その言葉をいただいて「みんなの先生」と自己紹介をさせていただきました。
みんなの先生と一緒に、たくさんお話をしながら楽しい時間を過ごすことができました。
 

7月17日の給食

画像1
画像2
 バターパン チキンビーンズ 卵と野菜のソテー 牛乳

 広島県でとれた小松菜を卵と野菜のソテーに使いました。
 キャベツと小松菜の見た目から苦手スイッチが入ってしまいがちですが、一口食べたら「おいしかった。」と言ってくれる児童が多いです。
 
 また、今日はチキンビーンズを取り入れました。
 大豆が苦手な児童も多いですが、トマトケチャップやウスターソースなどで味付けするチキンビーンズは人気メニューです。
 とてもよく食べていました。
 暑い日が続きます。
 好き嫌いなく何でも食べて、暑さに負けない体をつくってほしいです。

ルーム訪問給食

画像1
画像2
今日の訪問給食はルームでした。
ルームの先生方が教室に丸テーブルを運んでくださり、とても素敵な教室に招いてくださいました。
今日訪問したのは、連合野外活動に一緒に行った教頭先生・竹越先生と事務の先生でした。
先生方と連合野外活動に一緒に行ったときの感想や、先生方の印象を話したりして、とても楽しい会でした。

7月13日の給食

画像1
 夏野菜カレーライス ひじきサラダ 牛乳

 教科関連献立「夏の献立」
 2年生は生活科でいろいろな野菜の学習をし、育てています。
 最近は、ビニールハウスで栽培したり、収穫した後に冷凍したりすることで、多くの野菜が一年中出回っています。
 しかし、旬の野菜は、ほかの時期より味がよく、栄養価も高くなります。
 今日のカレーには、かぼちゃ・なす・トマトなどの野菜がたくさん入っています。
 
 

7月12日の給食

画像1
画像2
画像3
 小型黒糖パン 沖縄そば ゴーヤチャンプルー 牛乳

 今日はゴーヤチャンプルーを給食に取り入れました。
 給食では、ゴーヤを切った後、塩もみをして、さっとゆでて苦味をやわらげるように工夫しました。
 また、かつお節も入れて食べやすくしました。
 小さく切ったので、とてもよく食べていました。
 少し苦味はありますが、ビタミンCも豊富で、高血圧や高血糖にも有効な野菜です。


 

7月11日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん タキギン きゅうりの塩もみ わかめスープ 牛乳

 タキギンは大韓民国など朝鮮半島で食べられている料理で、「タ」は鶏肉、「キギン」はから揚げのことです。
 鶏肉を油で揚げて、コチュジャンを使ったタレをからめて作りました。
 ピリットした甘辛い味は、暑い時期に食べやすいように思います。
 昨年度、教職員給食調理研修会でタキギンを作りました。
 暑さとも戦いながら揚げ物をする大変さも研修を通して知っていただきました。
 今日も調理場内は30度を越え、とても暑い中での調理でした。
 子どもたちからの「おいしかったです。」「また作ってください。」といううれしい声を励みにしながら安心・安全でおいしい給食作りに努めています。

7月10日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん さわらの照焼き キャベツのゆかりあえ じゃがいものそぼろ煮 牛乳

 今日は、糸こんにゃくをじゃがいものそぼろ煮に取り入れました。
 こんにゃくは、1300年前頃から食べられている食品で、「こんにゃくいも」といういもから作られます。
 こんにゃくいもは、広島市では佐伯区湯来町でたくさん栽培されています。
 こんにゃくには、おなかの調子を整える働きのある食物せんいがたくさん含まれています。
  
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208