最新更新日:2019/08/22
本日:count up15
昨日:65
総数:362905
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

5月20日の給食

画像1
牛乳 麦ごはん 麻婆豆腐 ひじきの中華サラダ

ひじきは海そうのなかまで,骨や歯をじょうぶにするカルシウムや,
貧血を防ぐ鉄を多く含んでいます。日本各地の海でとれ,3月から
4月頃刈り取り,一度煮たり蒸したりしたあとに,3日から4日
かけて乾燥させて保存します。
今日は,ハム,はるさめ,きゅうり,にんじんとあえてサラダに
しています。

5月19日の給食

画像1
牛乳 ごはん ホキの南部揚げ 切干し大根の炒め煮 ひろしまっこ汁

今日は食育の日です。ごはんを主食とした一汁二菜の献立で,魚料理とひろしまっこ汁を組み合わせています。ひろしまっこ汁は,食育の日のために考えられた広島市オリジナルのみそ汁です。ちりめんいりこでだしをとり,その時季においしい旬の野菜も入って,毎月ちがったひろしまっこ汁を味わうことができます。

己斐小学校では,ひろしまっこ汁にハッピーにんじんを入れることにしています。各クラスに一つずつ,型抜き人参が入っています。
先月は桜型,今日は星型のハッピーにんじんを入れました。当たった児童は大喜びのようです。
各クラスに一つ入るように,ハッピーにんじんだけ小鍋で火を通しておいて,汁をつぎ分けた食缶に一つ一つ入れていきます。ひと手間かかりますが,給食を楽しく食べてほしいという思いで続けています。
画像2

5月18日の給食

画像1
牛乳 広島カレー アスパラガスのソテー

今日は地場産物の日です。広島県でとれたグリーンアスパラガスを使っています。グリーンアスパラガスは,広島県では三次市,庄原市,世羅町でたくさん作られています。
体力の回復に役立つアスパラギン酸がたくさんふくまれています。

広島カレーは,カレールウを一から手作りします。小麦粉と油を30分以上加熱してブラウンルウを作り,カレー粉を加えて作ります。
手作りのカレールウの他にも,お好みソース・オイスターソース・プルーンピューレ・オールスパイスなど,12種類もの調味料を使っています。
画像2

5月15日の給食

画像1
牛乳 他人丼 糸寒天の酢の物

親子丼は,鶏肉と卵を使って作りますが,今日の他人丼は,牛肉と卵を使っています。にわとりと卵が親子なら牛と卵は他人なので,この名前がつきました。
子どもたちが,自分で麦ごはんに具をかけて食べます。

今週から給食委員会は5年生が担当しています。
人数が少ないのに,毎日とてもよく頑張ってくれました。

5月14日の給食

画像1
牛乳 パン ビーンズマーガリン ポークビーンズ フレンチサラダ

5年生の理科で「いんげん豆の発芽と成長」を勉強します。
いんげん豆は,南アメリカが原産で,世界中で食べられています。

いんげん豆には,たんぱく質・ビタミンB1・カルシウム・鉄なども多くふくまれています。いんげん豆にはいろいろな種類がありますが,今日は,白いんげん豆をポークビーンズに使っています。

5月13日の給食

画像1
牛乳 麦ごはん お好み揚げ 豆腐汁

今日は,お好み焼きをアレンジしたお好み揚げを取り入れています。
みじん切りにしたキャベツをたっぷり入れました。自分でお好み
ソースをつけて食べます。

「餡ざし」という,大判焼きにあんこを入れる道具を使って,お好み
揚げの材料を混ぜた衣を,手早く油に落として揚げます。
画像2

5月12日の給食

画像1
牛乳 麦ごはん 赤魚の竜田揚げ ひじきの炒め煮 みそ汁

竜田揚げというのは,出来上がった色が赤茶色で,赤く紅葉した紅葉のようなので,紅葉で有名な奈良県の竜田川の名前をとって名付けられた料理です。
今日は赤魚という,あっさりとした白身の魚に,しょうゆや酒で下味をつけて竜田揚げにしました。

ひじきの炒め煮は,みそ汁と同じ煮干しからとっただし汁を使いました。
苦手な子どもが多いというイメージでしたが,たいへんよく食べていました。
画像2

5月11日の給食

画像1
牛乳 麦ごはん じゃがいものそぼろ煮 和風サラダ 冷凍みかん

和風サラダには茎わかめが入っていました。わかめの中心を通っている,
かたい部分が茎わかめです。
海で育った食べ物なので,じょうぶな骨や歯を作るカルシウムや,
食物繊維がたっぷりあります。「わかめは若返りの薬」と言われる
ほど栄養満点の食べ物です。
茎わかめには,独特のこりこりとした歯ごたえがあるので,食感を
楽しみながらよく噛んで食べてほしいと思います。

今日は気温が上がり,運動会の練習も始まったので,冷たい冷凍みかん
がおいしく感じられたことでしょう。

5月8日の給食

画像1
牛乳 ビビンバ わかめスープ

ビビンバの,「ビビム」は混ぜる,「パム」はごはんという意味で,
混ぜごはんのことです。子どもたちが自分で,麦ごはんにビビンバの
具をのせて,混ぜて食べます。
1年生にも,「混ぜて食べるのおいしかった」と好評でした。

ビビンバのいり卵に使った卵は,約250個でした。ひとつずつお椀に
割り入れて,異常がないか確認してから大きな容器に移していきます。
熟練の技で,30分ほどで全部割り終えました。
画像2

5月7日の給食

画像1
牛乳 小型パン りんごジャム 鶏肉のから揚げ レモンあえ 
ベーコンスープ かしわもち

今日は子どもの日の行事食です。給食にかしわもちを取り入れました。
かしわの葉は,新しい芽が出るまで古い葉が落ちないことから,「いつまでも家が絶えることなく続く」という願いをこめて使われています。
私たちが小学生の頃には,皆このようなデザートに大喜びでしたが,最近はあんこが苦手な子が多くなってきました。ご家庭で食べる機会が減っているのかもしれませんが,行事の折には食べて,食文化を伝えていきたいものです。

4月30日の給食

画像1
牛乳 パン いちごジャム クリームシチュー 野菜ソテー 甘夏柑

今日は地場産物の日です。広島県でとれたあまなつかんを使っています。
あまなつかんは,夏みかんを品種改良して作られたものです。夏みかんより酸味が少なく,食べやすくなっています。
酸味のもとはクエン酸です。クエン酸は体の疲れをとり,気分をさわやかにする働きがあります。

食べやすいように切れ目を入れましたが,低学年の子どもたちには,上手に皮をむくのは難しかったようです。
果物が苦手という子どもは,意外に多いです。皮や種がめんどうという子もいれば,味が嫌だという子もいます。酸味や苦味は,経験を繰り返すことでおいしいと感じるようになります。食べ方も味も,何度も経験することが大切です。

4月28日の給食

画像1
牛乳 ごはん まぐろの竜田揚げ はりはり漬け さつま汁

さつま汁は,「さつまの国」,今の鹿児島県の郷土料理なので,このように呼ばれます。鶏肉,豆腐,さつまいも,こんにゃく,にんじん,だいこん,ごぼう,ねぎなど,たくさんの具が入っています。
ごぼうが苦手な児童が多いので,少しでも食べやすいように斜めの半月切りにしました。

今週も給食委員会の児童が,がんばって仕事をしてくれています。そのおかげで,準備と片付けの時間を混乱なく終えることができました。
己斐小学校のリーダーとしての姿を見せてくれています。

4月27日の給食

画像1
牛乳 ビーフカレーライス フレンチサラダ

給食では,酢,サラダ油,さとう,塩,こしょう,洋がらしを混ぜ
あわせてフレンチドレッシングを作っています。
フレンチドレッシングは,時間がたつと油と酢が分かれてしまいます。
そこで,給食では洋がらしを少量粉のまま使います。こうするとうまく
混ざり,なめらかなドレッシングができます。

大休憩の頃、肉にカレー粉をふり入れて炒め始めたので、子どもたち
にもカレーのいい匂いが届いていたことでしょう。

4月24日の給食

画像1
牛乳 ごはん さばの塩焼き おひたし 高野豆腐の五目煮

「お米一粒に七人の神様がいる」と聞いたことがあるでしょうか。お米
はもちろん,食べ物を粗末にしないで大切にしなさいという意味です。
日本独自の「もったいない」という言葉にも,「命への感謝と,それを
むだにすることを申し訳なく思う気持ち」が込められています。
日本人は昔から自然の恵みに感謝し,物を大切にしてきました。
しかし,今はどうでしょうか?自分が食べ終わった後の食器を見て,
心の中で時々ふり返ってみたいものです。

4月23日の給食

画像1
牛乳 セルフポテトサラダバーガー マカロニスープ いちご

マヨネーズは,地中海のミノルタ島で古くから使われていたソースです。
ミノルタ島の都マオンの名をとって「マオンソース」と呼ばれていま
した。それが日本では,「マヨネーズ」となったそうです。
今日は,ロースハム・チーズ・じゃがいも・きゅうり・にんじんと
たまねぎをマヨネーズであえています。
子どもたちが自分で、パンにポテトサラダをはさんで食べます。

約55kgのポテトサラダの材料を混ぜるときには、思わず
「よいしょっ」と言っています。
画像2

4月22日の給食

画像1
牛乳 もぶりごはん みそ汁 もみじまんじゅう

もぶりごはんは広島県の郷土食です。瀬戸内海でとれる魚介類と季節の
野菜を甘辛く煮て,具と煮汁とごはんを混ぜたものです。
「もぶる」とは広島弁で「混ぜる」という意味です。食べるときに,
ごはんと具を自分でもぶって食べます。

もぶりごはんの具には、ごぼうや油揚げ、黒大豆など9種類の材料を
使いました。量が多いので、釜でもぶるのも大変です。
画像2

4月21日の給食

画像1
牛乳 麦ごはん 揚げ豆腐の中華あんかけ 
中華風コーンスープ ひじき佃煮

中華風コーンスープは,たまねぎを甘味がでるまでしっかり炒め,クリームコーンを加え,味をつけます。
スープにでんぷんでとろみをつけて卵を流し入れると,卵がふわっと仕上がります。

4月17日の給食

画像1
牛乳 たけのこごはん さわらのかわり天ぷら 昆布豆 ひろしまっこ汁

2年生は国語科で「たけのこぐん」という詩を,3年生は音楽科で「春の
小川」を勉強します。今日は,春においしい魚の「さわら」を使った天ぷら,「たけのこ」が入った「たけのこごはん」を取り入れています。
また,今日は食育の日です。ごはんを主食とした一汁二菜の献立で魚料理とひろしまっこ汁を組み合わせています。

ひろしまっこ汁は、ちりめんいりこ(ちりめんじゃこ)を入れてだしをとり、そのままいただくみそ汁です。ちりめんいりこには、イワシ類以外のイカやエビの幼生、その他の海の生き物が混じっていることがあります。もちろん食べても害はありませんが、中には見た目のよくないものもありますので、子どもたちが驚かないように、給食室で少しずつ広げてそれらが混ざっていないか確認しています。
画像2

4月16日の給食

画像1
牛乳 小型バターパン ミートビーンズスパゲッティ
グリーンサラダ 清見オレンジ

スパゲッティをゆでるときには,たっぷりの湯に,塩を入れてゆでます。
スパゲッティの中心までゆであがる前に,湯から取り出すと,おいしく
料理することができます。このゆでかたを「アルデンテ」といいます。 
今日のミートビーンズスパゲッティもアルデンテにゆでています。
子どもたちが食べる頃にちょうどよい硬さになるようゆでるので、校長
先生が検食(給食に異常がないか、児童より早く食べて確認すること
です)する時にはまだ硬かったかもしれません。

ミートソースとスパゲッティを混ぜ合わせるのは大変なので、二人
がかりで行います。
画像2

4月15日の給食

画像1
牛乳 ごはん 焼き肉 かきたま汁 味付け小魚

給食では,肉と野菜を炒めています。血や肉になる赤色の食べ物の肉と,
体の調子を整える働きがある緑色の食べ物の野菜をいっしょに食べると,
バランスがとれていいですね。
お家でも焼き肉を食べる時は野菜をしっかり食べましょう。

今日から1年生の給食が始まりました。
5・6年生に準備してもらった給食を、落ち着いた様子で食べていました。
牛乳パックにストローを刺せない児童もいましたが、これからいろいろな
ことができるようになるといいですね。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事
4/1 入学受付

学校教育計画

危機対応マニュアル

学校だより

食育通信

公開研究会・講演会ご案内

己斐小図書室より

お便り

広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208