最新更新日:2019/10/18
本日:count up38
昨日:121
総数:371665
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

平成27年度のホームページ最後です。

画像1
18万件を超える閲覧数でした。たくさんの方に見ていただき、励みになりました。
「積極的に学校発信をする」と決めて、3年目が終わろうとしています。
毎日、教室等校内をカメラ持参で回ります。いろいろな気付きがあります。
それが、ホームページの記事になっているのです。

一日の最大閲覧数は1,086件でした。(普段は250件ぐらいです。)
それは、10月20日の6年生の修学旅行の日でした。
前日の10月19日も1,036件の閲覧数でした。
2日間で、2,122件です!(^0^)
卒業した6年生の保護者の方は本当によく見てくださいました。感謝です。
この2日間でアップした記事の数は55件で、さながら修学旅行記になりました。
団長として修学旅行に引率し、携帯でホームページをアップしていました。
ネット環境が悪い時は、文字が化け文字になってしまったのには、少し心残りです。

先日は転入生の保護者が来られて、すでにどんな学校かホームページで調べておられました。
他校と比べて閲覧数が多いことが己斐小に決める決定打になったと言ってくださいました。少しうれしく思いました。(^0^)
                         
一年間、ご覧いただき、ありがとうございました。  
来年度もたくさんアップしますので、どうぞご覧ください。
             校長 竹川 智子

  平成28年3月31日午後9時閲覧数
                18万4301件!

東日本大震災追悼式当日における弔意表明

平成23年3月11日午後2時46分。
東北地方の太平洋沖でマグニチュード9.0の地震が発生しました。
日本における観測史上最大の地震でした。東日本大震災です。
この大きな地震のあと、大津波が発生しました。たくさんの家・道路・畑・田んぼ・そしてたくさんの人の命が大津波に飲み込まれました。
それだけではありません。大津波によって福島県では原子力発電所が破壊され、放射能汚染の被害が起きてしまいました。
地震と津波による死者は約1万5,000人以上。今もなお行方不明の方は2,560人。
多くの尊い命が失われました。
震災の犠牲となられた多くの方々のご冥福を祈り、全校児童・全職員で黙祷を捧げました。(8時45分朝の会において)
5年前、住む家を失い、放射能から逃れるために、47万人が避難されたそうです。
5年たった今でも約17万4000人がおられ、数は減ったとはいえ、たくさんの方がいまだ不自由な暮らしをされています。
しかし、復興への努力は様々な方々がいろいろな立場でがんばっておられます。

今、私たちがあたりまえのように学校に来て、友だちと過ごし、一緒に勉強していることは実はとても幸せなことなのです。このあたりまえのことができることに感謝しながら、残りの一日一日を大切に過ごしましょう。

祝卒業 念ずれば花ひらく

画像1画像2
6年生ももうすぐ卒業です。2週間を切りました。思い出深い6年生です。(
BY校長)

己斐小おすすめの本完読者

画像1画像2
己斐小おすすめの本50冊を完読した子ども達は、校長室で写真を撮し、掲示版に貼っています。「がんばったね。」みんなとてもうれしそうです。

本を読む子は必ず伸びる!
〇小学生のうちに身につけるべきは国語力
〇すべての科目の基礎となる。
〇読む力も考える力も「読書」が育ててくれる。
〇言語センスは勉強では身につかない。
〇本気で勉強を始めた時、本を読む子の伸び方はすごい。
〇楽しいから読んでいるのに、頭がよくなってしまう。
〇読書で養われた力は、大人になっても活きてくる。
〇本を読む子は、やっぱり心も豊かな子。
〇親の少しの手助けで必ず子どもは本好きになる。
  樋口裕一著「『本を読む子」は必ず伸びる!」より

学校協力者会議

画像1
画像2
本日10時より、図書室において学校協力者会議をもちました。
本年度の学校経営計画の具体的方策にそって、保護者・児童アンケートや様々なデータに基づいてその成果と課題を委員の皆様に学校長よりご報告いたしました。
報告を終えての委員の皆様より次のようなご感想・ご意見をいただきました。
〇己斐学習が成果をあげている。小学生が10年後・20年後己斐の将来をつくっていく。己斐学習を継続してしていただきたい。
〇己斐児童館に6年の男子が大勢でよく遊びに来る。仲がいい学年だと思う。
〇先生達は大変よくやってくださっている。大変なことだと思う。
〇学力向上のために、やる気をおこさせるような取り組みを今後もお願いしたい。
〇己斐小学校がいつでも・どこでも地域や己斐小応援隊が入れるような開かれた体制になってきている。
〇まじめにやることが間違っているような風潮が今の時代見られる。まじめにやることはかっこいいいことなんだということを子供達に伝えてほしい。
〇読書に力を入れることはいろいろな面で力になる。ぜひがんばってほしい。
〇学校がいい方向にいっている。これからもがんばってほしい。
〇家庭学習を大事にすることが学力向上の上で大切だろう。

1年生の工作

画像1画像2
点検に立ち会った時、赤コースの一年生がちょうど工事現場の横の仮設通路を通って、下校しています。
「あっ、校長先生!」と明るい声で口々に言ってくれるので、大変うれしかったです。
そして、図工の時間に作った工作を見せてくれました。
これには工事現場の方々も可愛らしいっと笑っておられました。
みんな、はきはきしていてあいさつも上手。さすが己斐小の一年生です。
校長先生はちょっと自慢に思いました。うれしかったです。

下水道工事がほぼ終了しました。

画像1画像2画像3
工事から約半年かかりましたが、赤コースの通学路の下水道工事がほぼ終了しました。
今日は点検の日で校長も立ち会いました。明日の下校時から、元の通学路に変更されます。事故もなく、安全に登下校ができ、ほっとしています。

今年は、2月4日が立春だそうです。

画像1画像2
立春は、旧暦では新年の始まりをさし、お正月のようなものでした。
なので新春とか迎春という言葉が使われるのでしょう。

立春の早朝に禅寺では厄除けの為、「立春大吉」というお札を貼り厄を遠ざけるという意味をもたらし、一年間平穏無事に過ごせるように願いをかける行事を行うそうです。

暦上では冬が終わり春の訪れを告げると言われてますが、「いよいよ春が近づいてきますよー。」といった意味があるのでしょう。
でも、やっぱり2月の半ばが一番寒い時です。

年賀状は日本のよい習慣です。

画像1
校長室の前にいただいた年賀状を掲示していると、子ども達も見てくれています。
数々の年賀状をありがとうございました。

謹賀新年

画像1
 今年度は、広島市教育委員会「授業改善推進校」の指定をいただき、12月4日国語科の公開研究会を実施しました。教員の協同性が大いに向上しました。児童理解に基づいた授業改善を尚一層進めていきたいと思います。
 また、本校のホームページの閲覧数が165,000件を突破しています。
己斐小の取組に関心をもっていただいていることをうれしく思います。
 「すべては子ども達のために」を合い言葉に,今後も職員一同がんばってまいります。今年もご支援・ご協力よろしくお願いします。

 平成28年元旦          広島市立己斐小学校長 竹川 智子

子ども会ソフトボール練習納めの日に

画像1
画像2
會澤選手は1年生のちびっ子達の練習を見ておられました。

子ども会ソフトボールチームの練習納めの日に

画像1
画像2
画像3
野球少年達の熱い視線の中で、お二人の選手は直接指導されていました。
特に、九里選手のノックはさすがです。子ども達も必死でボールに食らいついていました。ナイスプレーに保護者からも「ナイス!」と声があがっていました。
子ども達が必死で頑張る姿はいつ見てもいいものです。

子ども会ソフトボールチームの練習納めの日に

画像1
画像2
画像3
今日は子ども会ソフトボールチームの練習納めの日です。
その練習に、カープの會澤翼選手と九里亜蓮選手が来られるということとで、見学をさせていただきました。會澤選手は3年連続してきてくださっています。昨日もテレビのインタビュー番組に出ておられました。保護者もたくさん来られていました。
また、卒団生である中学生も来ており、校庭の一角で練習をしておりました。久しぶりに見る卒業生が頼もしく感じました。
お父さん達のコーチ層も厚く、1〜3年生、4年生以上、打撃練習、ピッチング練習を分かれて指導されています。お父さん達の熱意は並々ならぬ感じが伝わってきます。しかし、一番楽しそうにされているのもお父さん達のようでもあります。

石丸二三恵先生

画像1
先日、現役と退職の校長会がありました。その会で、新庄二三恵先生にお会いしました。
昭和28年から11年間、己斐小学校で教員をされ、最後は井口明神小学校の校長先生でご退職されたそうです。当時はご結婚前で石丸と言われていました。懐かしく思われる方がたくさんいらっしゃることでしょう。
当時は、己斐小には市内でも先駆けて「単独の図書館」があったこと、プールを町内の方が作ってくださって、自分も子どもと一緒に地面堅めの作業をしたことなどを懐かしくお話してくださいました。
また、ズッコケ三人組の作者である那須正幹さんの4・5年生の担任をされておられたそうです。他にも、現在、己斐小応援隊やゲストティーチャーとして己斐小に来てくださっている地域の方のお名前をあげると、担任をしていたという方もたくさんおられました。己斐小の一時代を担っておられた方です。
己斐小学校の支援者をされていらっしゃる方で、石丸先生の教え子の方々がたくさんおられます。石丸先生のおかげと思います。本当にありがたいなあと思いました。

正門掲示板

画像1
画像2
心満点己斐小学校!


先生の話を聴くことの大切さ

画像1画像2
寝る子は育つ!ならぬ、聴く子は育つ。先生はこれからする実験の方法について説明をしています。説明するから前に来てください。先生の指示でさっと子ども達は動きます。説明に耳を傾ける子ども達。
「聞くはすべての基本」です。

空いた教室の状態も気にしています。

画像1画像2
私は、教室を毎日、午後、午前と見て回ります。
授業での子ども達の学びの様子、教室環境の様子、くまなく見て回ります。カメラ片手で。(^0^)それは、先生達、子ども達が頑張っている己斐小学校の様子をタイムリーにHPで知らせようと思うからです。

専科の授業や体育の授業で、子ども達が空の学級も中まで入って、様子を見ます。
家庭科が終われば、今日の学習は終わり。帰りの準備までしています。
みんながそろうということがとても大切ですから。二つのクラスはなかなか頑張っているなあと思うのです。

うれしいお便り〜校長先生に報告です。

こんなメールをいただきました。

 本日、校門辺りで年配の方が学校の写真を撮られてました。
お声をかけると、29年卒業生だとのこと。昨日、小学校の同窓会をして懐かしく足を運んだとのことでした。懐かしいと何度も言われてました。中もご覧になりますか?と、お声をかけたのですが、「いやいや!外から見るだけで十分だ」と、門の外から入り口を眺めておられました。「校長先生が女性の方で頑張っておられるって聞いたよ。いい学校でしょ(笑)」と言われ、「細い道を通ってまわりを通ってみよう!」と、帰られました。

大先輩がいらっしゃる、歴史ある小学校なんだと、ますます頑張ろう!という気持ちにさせていただきました。そして、温かいエール、嬉しかったです。

すぐに報告せずにすみません。見守ってくださっていることをお伝えしたくて、メールさせていただきました。

うれしいお便りをいただきました。この年で、ほめられることはめったにない!ので(笑)、うれしいなあとしみじみ感じた次第です。

校長の読み聞かせ

画像1
画像2
今日は1年生の教室で読み聞かせをさせてもらいました。時々、時間を作っては、読み聞かせに入らせてもらいます。読んでいる時の子ども達の目の輝きと思わぬ反応が楽しくて元気をもらっています。

あいさつMVPカードの取り組み

画像1画像2
あいさつが飛び交う学校にしたいと、あいさつMVPカードの取り組みをしています。
カードをもらったら、自分で名前を書いて、校長室のポストに入れます。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事
4/1 入学受付

学校教育計画

危機対応マニュアル

学校だより

食育通信

公開研究会・講演会ご案内

己斐小図書室より

お便り

広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208