最新更新日:2020/01/24
本日:count up60
昨日:115
総数:381577
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

4年算数科学習 わり算

4年生は、算数科でわり算の学習をしています。
わり算の筆算の仕方を勉強していました。
「もう1問、みんなで解いてみますか?」の問いに、「大丈夫です。自分たちでできます!」と宣言し、問題に取り組み始めました。
一心不乱に頑張っていました。
算数は、積み重ねの学習です。4年生での学びがしっかり定着するよう、力をつけてやりたいと思います。

画像1
画像2

自分で考えて行動する

画像1
給食を教室まで運ぶ際に汁物がこぼれ、廊下に転々と水滴が落ちていました。
気がついた6年生が1階廊下をふいてくれました。
2階にもこぼれていたので、4年生に声をかけるとすぐに拭いてくれました。
「だれがふく?」という会話もなく、すぐに動いてくれました。
自分たちがこぼしたものではないのに、気がついてきれいにしてくれた6年生も、
すばやく行動ができた4年生もすばらしいなと感じました。

10月2日の給食

画像1
画像2
画像3
 ごはん いも煮 ごま酢あえ みかん 牛乳

 山形県では、稲の実る頃にいも煮を食べるという風習があります。
 親しい人たちが屋外で大きな鍋を囲みながら、さといもの入った煮物を楽しむ郷土料理で、「いも煮会」と呼ばれています。
 牛肉を加えてしょうゆで味付けしたものや、豚肉を加えてみそで味付けしたものがあります。

樹木剪定だより 5 お礼

画像1
画像2
画像3
業者の中には、午後も残って、ビオトープの草刈り・剪定・整備をしてくださった方もおられます。
これから理科や生活科で自然観察をするときも、安心して入れるようになりました。
己斐小学校は多くのPTAや地域の皆様に支えていただいています。
暑い中、ご協力くださいました業者の皆様、地域の皆様、保護者の皆様、そして子どもたちに、心より感謝いたします。

樹木剪定だより 4

おかげ様で、校舎や学校園の周りが、見違えるほどにすっきりと美しくなりました。
子どもたちも整った環境のもとで学習することができます。
皆様のご協力に感謝しております。
画像1
画像2
画像3

樹木剪定だより 3

保護者の皆様の中には、お子様連れで参加してくださった方もたくさんおられました。
親子で会話しながら、力を合わせて草を抜いたり落ちた枝葉を集めたりする姿が見られました。
協力して作業してくださったので、学年園もあっという間にきれいになりました。

画像1
画像2
画像3

樹木剪定だより 2

樹木剪定には、毎年地元の造園業の方々が100%ボランティアで協力してくださっています。
業者による剪定奉仕は、40年以上続いている伝統であると伺いました。
今年度も、岡野翠松園様、翠風園様、滴翠造園様、浜田樹苗園様、山岡晩翠園様の5業者10名の方が作業してくださいました。
朝早く、8時半から作業を始め、普通では手の出せない高い樹木も、高所作業車を使って剪定してくださいました。
画像1
画像2
画像3

樹木剪定だより 1

少し前のことになりますが、9月22日(土)、PTA主催の樹木剪定が行われました。
9月1日だった当初の予定が雨天延期となったため、参加者がどうなるかと心配しましたが、例年通り200名を超える保護者の方が参加してくださいました。
本当にありがたく思いました。
写真は作業前の様子です。

画像1
画像2
画像3

落ち葉ボランティア

台風一過の10月1日(月)、校舎周りには強風に吹かれて飛び散った落ち葉がたくさん散らばっていました。
校舎の扉が開く前、登校した子どもたちが待ち時間を利用して、掃除を手伝ってくれました。
ほうきやちり取りを手に、何人もの児童が落ち葉を掃き集め、あっという間にきれいになりました。「あじみそ」の「そ」(掃除)の実践ですね。
「落ち葉ボランティア」さんたち、ありがとうございました。
画像1
画像2

10月1日の給食

画像1
画像2
画像3
 そぼろごはん さつま汁 牛乳

 今日のそぼろごはんに卵を取り入れました。
 卵には、おもに体をつくるもとになるたんぱく質や貧血を防ぐ鉄、病気から体を守り、目やのど、皮ふを丈夫にするビタミンAが含まれています。
 今ではいろいろな料理に使われ、身近な食材になっていますが、日本で卵を食べるようになったのは江戸時代に入ってからです。
 
 児童の写真は3年生です。
 とてもよい姿勢で食べていました。

5年総合学習 稲刈り

9月27日(木),5年生は総合的な学習の時間に,稲刈りを行いました。
たくさんの地域の方々が関わってくださり、子どもたちにはとてもいい経験になりました。稲刈りの仕方、お米ができるまでのお話などたくさんのことを教えていただきました。
ありがとうございました。
これから刈り取った稲から白米にして、学校に届けてくださるそうです。至れり尽くせりで申し訳ないのですが、お米が届くのが楽しみです。
画像1
画像2
画像3

小さな秋

朝夕がずいぶん涼しくなりました。
正門前には、ヒガンバナが咲いています。
子どもたちの中にも、長袖のポロシャツや上着を着用して登校する子が増えてきました。もう秋ですね。
画像1

9月28日の給食

画像1
画像2
画像3
 麦ごはん 煮込みハンバーグきのこソースかけ 温野菜 野菜スープ 牛乳

 今日は地場産物の日でした。
 広島県でとれたえのきたけは、秋の終わりから真冬かけてえのきたけなどの枯れ木の根元や切り株に束になって生えることから「えのきたけ」という名前がつきました。
 自然に獲れるものは少ないため、瓶やポットに「種菌」というきのこのもとを植え付け、光をさえぎって育てた白いえのきたけが広く出回っています。
 広島県内の主な産地は呉市です。
 今日はきのこソースの中に取り入れました。


アイマスク体験

画像1
画像2
 9月27日(木)、3年3組がアイマスク体験を行いました。
 盲導犬の学習に引き続き、目の不自由な方への理解を深めるために行ったものです。階段を下りるとき、廊下から外に出て靴を履くときなど、目が見えないということを疑似体験してみることで、子どもたちはいろいろな発見や思いをもったようでした。明日は1組と2組が体験します。

V3にんじん

画像1
画像2
画像3
 広島東洋カープ セントラルリーグ三連覇 おめでとうございました。
 三連覇にあやかりまして、各クラスに1つ「V3にんじん」を豆腐の中華スープ煮の中に入れました。
 V3にんじんがあたった児童にV3風船を贈りました。
 「ハッピーにんじんが一度もあたったことがありません…。」とがっかりしている児童も多かったです。
 まだ、CSや日本シリーズがあります。
 児童も楽しみにしています。
 今年こそ!! 

9月27日の給食

画像1
画像2
画像3
 パン りんごジャム 豆腐の中華スープ煮 レバーのから揚げ もやしの中華あえ 牛乳

 今月のテーマは「鉄の多い食品について知ろう」でした。
 鉄は、体の中で作ることができない栄養素で、血液の中のヘモグロビンをつくります。
 ヘモグロビンは酸素を運ぶ大切な働きをしているので、鉄が不足すると貧血という病気になります。
 今日は鉄をたくさん含むレバーをから揚げにしました。
 
 また、今日は地場産物の日でした。
 広島県でとれたチンゲン菜を豆腐の中華煮に使いました。

右側通行

画像1
画像2
給食準備時間の廊下の様子です。子どもたちは給食のおかずや食器を持って、右側を静かに歩くことができていました。きちんとした態度なので安心して見守ることができました。

9月26日の給食

画像1
画像2
画像3
 あなごめし とうがん汁 なし 牛乳

 郷土食「広島県」
 あなごは、廿日市市大野町を中心とした瀬戸内海沿岸でとれます。
 明治34年に宮島口で駅弁として売り出された「あなごめし」は、今では広島県の名産品になっています。
 しょうゆごはんの上にあなごめしの具をのせて食べました。
 また、今日は地場産物の日でした。
 世羅町でとれたなしが届きました。
 果汁がたっぷりでおいしかったです。

給食試食会

画像1
画像2
画像3
1年生の保護者を対象とした給食試食会を実施しました。
学校給食について知っていただき、給食を試食していただいた後、子どもたちの様子を観ていただきました。
子どもたちはいつもよりお兄ちゃんお姉ちゃんの表情で給食を食べていました。

今日の給食にとうがんが登場しました。

画像1
画像2
画像3
「あー!!とうがんー!」
1年生の教室にとうがんを持って行くとすぐに「とうがん」という声が聞こえてきました。
保育園や幼稚園で育てたことがあるそうです。
重さが7.5kgあるとうがんをしっかり持っていた1年生でした。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208