最新更新日:2019/11/14
本日:count up7
昨日:123
総数:374756
子どもにとって今日が楽しく、明日が待ち遠しい学校を目指す、己斐小学校のホームページへようこそ

9月5日(土)9時30分スタート「PTA樹木剪定作業」

画像1画像2
今週の土曜日、9時30分から11時30分まで、PTA主催「樹木剪定」をします。
各学年で担当になっておられる方はよろしくお願いします。
担当以外の方や子ども達の参加も大歓迎です。
たくさんの方がおられると助かります。

毎年、己斐地区の造園業の方がボランティアで剪定してくださいます。
今年は、なんと8業者。11名のプロの植木職人の方が参加してくださるという連絡がありました。毎年鮮やかな剪定の腕前を拝見するのは楽しみなことです。

PTAの方、教職員は、剪定されたたくさんの枝をトラックに積み込んだり、校舎の雑草を抜いたりする作業を行います。どうぞよろしくお願いします。

絵本「ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。」

画像1画像2
1年生の教室に担任の「おすすめのほん」のコーナーがあります。
その一冊です。
絵本の名前は「ぼくたちはなぜ、学校へ行くのか。」副題が「マララ・ユスフザイさんの国連講演から考える」です。

28日の学校朝会の校長講話で、史上最年少でノーベル賞を受賞したマララ・ユスフザイさんの話をしました。
国連講演の中でのマララさんの言葉「一人の子ども 一人の教師 一冊の本 一本のペンがあれば、世界をを変えられる」という言葉を引用して、教育の大切さについて話しました。

世界には教育をうけたい子であふれています。
自分たちは受けたいと思ったら十分に与えられる環境にあることを知る必要があると思います。
この本を、高学年から、朝の読書の時間の読み聞かせで扱っていこうとという計画でいます。

授業再開2日目〜雨です。

画像1画像2
今日は雨です。傘はクルッと巻いて、傘立てに入れる。上手にできてます。

ズッコケ三人組

画像1画像2
「ズッコケ三人組」の舞台になったJR西広島液です。西広島駅の前には、ハチベエたちの石像かあります。ハチベエ達は季節によって、いろいろ洋服を着せてもらいます。

授業再開〜帰りの会

画像1画像2
3年生の教室でも、帰りの会の最中です。司会の日直の方を見て、しっかりお話が聞くことができています。
今日は4時間でした。あっという間で、さよならです。
やっぱり、学校に子どもの声がするのはうれしいことです。
月曜日に会いましょう。^_^

夏休み終了〜授業再開です。

画像1画像2
8月28日、授業が再開しました。広島市は二学期制です。ですから、夏休みは学期の中途にあるのです。給食がありませんので、今日は12時10分下校でした。
さて、一年生も自分達で帰りの会が進行できるようになってます。日直さんは、とてもはりきってました。


校長講話〜学校朝会

画像1画像2
皆さんおはようございます。
久しぶりに皆さんの元気な顔見てとても安心しました。

皆さんは、史上最年少十代でノーベル平和賞を受賞した「マララ・ユフスザイ」さんを知っていますか。ここに、マララさんの本があります。
「武器より1冊の本をください。〜少女マララ・ユフスザイの祈り」という本です。

マララさんが国連本部で語ったスピーチの中に私の好きな言葉があります。
それは、「一人の子ども 一人の教師 一冊の本 一本のペンがあれば世界を変えられる」という言葉です。これは教育がいかに偉大な力をもつか語っています。そして、教育を受ける権利がいかに尊いものかを語っています。

世界には勉強したいと思う子どもたちがあふれています。皆さんは、自分さえその気になればできる環境にあることをもっと大切にしてほしいと思います。それが自分を大切にするということにつながります。
また、マララさんは、暴力には何の力もないこと」をも訴えています。
自分が気に入らないことがあるとか、自分の思い通りにしたいと思って、暴力をふるっても、それは何の解決にもなりません。暴力ではなく、正しく判断して解決する力をつけるために、教育を受けるのです。

なぜ、勉強しなくてはいけないかとかと思った時に、マララさんの言葉を思い出してください。周りの友達と理解しあって、よりよく生きるために勉強するのです。

最後に皆さんが学校で学ぶのはよりよく生きるためです。そして、生きるとは行動することです。こんなことがしたいと決めたら、まずは行動しましょう。すると次から次からしたいことが出てきて、きっと自分を輝かせることができます。

正門掲示版

画像1
長い夏休みが終わり、今日から授業再開です。
正門の掲示版を一新しています。
この言葉は史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユフスザイさんの言葉です。
教育がいかに偉大な力をもっているかを語っています。
1年生の子どもがこの言葉を暗記して、帰りに暗唱してくれました。

学力テスト検討会2

画像1画像2
各学年それぞれで、きちっと力をつけておかないといけないことが見えてきました。

学力テスト検討会

画像1画像2
6年と5年に実施したそれぞれの学力テストで、正答の取れにくい問題を実際に自分達で解いてみました。
そこから、課題と対策について話し合いをしました。


学校保健委員会

画像1画像2
己斐小の健康・給食・体力について、考察したものを報告しました。
続いて、校医・薬剤師の方から、お話していただきました。

小児科の大谷先生
インフルエンザのワクチンが4種になったこと
子どもの病気として、便秘や急性ウィルス性胃腸炎が多いこと

耳鼻科の角田先生
アレルギー治療薬が完治治療薬が開発されたこと
耳掃除はしない。耳管を傷つけてトラブルの原因になるリスクが大きい。

眼科の平野先生
ゲームは料理タイマーで30分から6 10分で止めるルールを家庭で作る。
小型携帯液晶ゲームは近い距離で使うので視力低下に影響がある。

歯科の石田先生
ダラダラおやつを食べない。
スポーツ飲料は糖分が多いので半分に薄めて使う。
耳垢の掃除はしなくても、お口の掃除は丁寧に。

薬剤師の河田先生
「薬物乱用と危険ドラック」について資料をもとに詳しく講話をいただきました。

学校保健委員会

画像1画像2
本日、13時半より、図書室において、学校保健委員会を開催しました。
学校保健委員会とは学校における健康に関する課題を研究協議し、健康づくりを推進するための組織です。
この会は、学校の職員のほかに、学校医、学校歯科医、学校薬剤師、保護者代表などで、運営することになっています。今日は保護者18名の参加がありました。

職員会議の合間に〜チョットストレッチ

画像1画像2
職員会議のプログラムの合間に、保健主事の指導で、チョットストレッチをしています。みんながしていると、おもしろい光景ですね。

校内研修〜土砂災害から学ぶ

画像1画像2
本校の原紺教頭先生は、昨年度まで梅林小学校の教頭をしていました。
梅林小学校では、昨年の土砂災害で避難場所となり、320名の避難者が来られたそうです。それに伴って、マスコミからの取材は1日500件、校庭にはバス100台の日もあったそうです。
その時の梅林小教職員の対応に学ぼうと研修をしました。事実を時系列で聞き、大変な努力を教職員がされたことを知りました。本当に頭が下がります。
私達は、共感的に思いを受け止め、協働できる教職員になろうと、これからも一層努力していきます。
また、学校再開に向けて、地域や保護者の協力体制についても聞きました。地域連携・保護者連携の必要性を強くもちました。今後とも「地域とつながる己斐小学校」でいきたいと思います。

模擬授業と指導案検討会

画像1画像2
6年生国語科「海のいのち」の模擬授業をしています。立松和平の「いのちシリーズ」を読み、お話を推薦していく学習になりそうです。

模擬授業と指導案検討会

画像1画像2
4年生国語科「ごんぎつね」の模擬授業です。発問にそって、子どもになって答えています。


模擬授業と指導案検討会

画像1画像2
2年生国語科「ニャーゴ」の模擬授業です。場面の様子や人物の気持ちを想像を広げて読んでいく学習です。実際に話し合いをしてみました。


模擬授業と指導案検討会

画像1
5年生国語科「大造じいさんとがん」の模擬授業です。椋鳩十作品の魅力を紹介する学習になると思います。

模擬授業と指導案検討会

画像1画像2
3年生国語科「サーカスのライオン」の模擬授業をしています。子ども達がどんな反応をするか、教員が子ども役になって答えています。


模擬授業と指導案検討会

画像1画像2
1年生国語科「スイミー」の模擬授業をしています。
12月の公開研究会に向けて、授業案を練っているところです。
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
行事
3/7 図書返却〜11日までに
3/9 外遊びの日

学校教育計画

危機対応マニュアル

学校だより

食育通信

公開研究会・講演会ご案内

己斐小図書室より

お便り

広島市立己斐小学校
住所:広島県広島市西区己斐上二丁目1-1
TEL:082-271-4208