最新更新日:2019/07/23
本日:count up42
昨日:118
総数:103336
本年度はESDの視点から教育活動に取り組む学校「へさか学び文化」の発展をめざします  ユネスコスクール加盟校

学校いじめ防止等のための基本方針

画像1 画像1
 平成29年7月、学校という教育の場において、いじめを主たる原因として中学校生徒が自ら命を絶つという、絶対にあってはならないことが起こってしまいました。
 当該事案に係る広島市いじめ防止対策推進審議会の答申には、「二度と本件のようなことが起こらないよう、真に実効性のあるいじめ防止の取組を提言する。」という強い思いが込められており、本校としてもこのことを真摯に受け止め、提言の一つ一つを着実に実行するという強い決意を持って取組を推進しなければなりません。
 いじめは、いじめを受けた児童の教育を受ける権利を著しく侵害し、その心身の健全な成長及び人格の形成に重大な影響を与えるのみならず、その生命又は身体に重大な危険を生じさせるおそれがあるものです。
 それゆえ、いじめの問題への対応は本校における最重要課題の一つであり、個々の教職員が抱え込むのではなく、学校が一丸となって組織的に対応するとともに、家庭、地域や関係機関と学校が積極的に連携し、共にいじめ防止に取り組むことが必要です。
 本校の児童が、いじめでつらい思いをすることがないよう、私たち大人一人一人が、「いじめは絶対に許さない。」との意識を堅持し、それぞれの役割と責任を果たすとともに、児童自身も、安心で豊かな社会や集団を築いていく役割を担っていることを自覚し、共にいじめを生まない「一人一人の児童にとって存在感を実感でき、安心して過ごすことのできる支持的風土」を醸成していく必要があります。

※ 支持的風土・・・・「失敗や間違いが気持ちよく受け入れられる環境」「どの子どもたちにとっても居心地がよい環境」「学びあいのある環境」等

 そこで、本校は、いじめ防止対策推進法第13条に基づき、ここに「広島市立戸坂小学校いじめ防止等のための基本方針」を策定しました。
 この基本方針に基づく取組を効果的に推進していくに当たっては、教職員の果たすべき役割が質的にも量的にも増大し、体制の強化・充実が必要であることを踏まえ、速やかに取り組む事柄と段階的・計画的に取り組む事柄を見極めて、いじめ防止等の対策を総合的かつ継続的に推進していきます。

令和元年6月

広島市立戸坂小学校 校長  三 吉  学



詳しくは,こちらからご覧下さい。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
月間行事予定
7/1 校歌の日 図書返却(低・ひ)
7/2 職場体験12年 のびのび昼休憩 図書返却(中・ひ)
7/3 職場体験2 図書返却(高・ひ)
広島市立戸坂小学校
住所:広島県広島市東区戸坂出江二丁目1-1
TEL:082-229-0250